2020年3月19日 (木)

プチ旅 大洗磯前神社~海岸で

コロナの猛威が収まらず、日々ニュースが気になりますね。
自分の生活の仕方もやはりいろいろ気にしてしまいますが、
控えるべきところは控え、出来ることはしっかりやったうで、
必要以上に怖がらず、落ち着いて生活したいと思っています

公園通いはあまり心配せず、普段どおりにできるのでありがたいかな。
そして公園もすっかり春ですね。
早い・・・早すぎる春・・・春は嫌いじゃないけど、
ワン生活にはもう少し寒い日々が続くほうがありがたかったなぁ

--------------------------------

またまた1ヶ月ほど遡りますが・・・
羽生大会後2日間お休みがあったので、茨城プチ旅をしてきました。

大会後、茨城方面に走りつつ途中でお風呂と食事。
夜は北関東道笠間PAで休みました。

朝になってからPA内を散歩したら大きな石のオブジェを発見!
P1000596_01_ss
「大地のたまご」
この石は北関東道の建設工事中に出てきた花崗岩で、稲田みかげ石と呼ばれています。
この形のまま地下に埋まっていたもので、直径約2.7メートル。
花崗岩がこれほど大きな球形で発見されることは非常に珍しいそうです。
笠間市は日本有数の白みかげ石の産地で、110年の歴史がある地。
このPAにもあちこちに白みかげ石がデザインされていました。

散歩のあとはここで朝食。
P1000590_ss
私が食べたのはひもかわ柚子茸うどん
麺はひもかわ、きのこいっぱい、柚子風味、あんかけうどん・・・ともう私の好きなもののオンパレード。
美味しかったし温まった~

お店には笠間焼の器などもあり、少し見てから出発しました。

 
まず向かったのが、大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)
太平洋に近い高台にあります。

『文徳実録』によると、856年この地に二人の神様が御降臨されたことから
神社が創建されたそうです。

駐車場から歩いて行くと左側にあるのが隋神門
P1011170_ss
神域に邪悪なものが入って来るのを防ぐ御門です。

そして隋神門を入った先には拝殿があります。
P1000617_ss
こちらの神社は戦乱の世に一度消失してしまいましたが、
江戸時代に入り、由緒ある神社の荒廃を嘆いた水戸藩2代藩主徳川光圀公
再建を命じ、現在の神社の形となったそうです。
拝殿手前には梅の花が咲き始めていました。

拝殿裏に回ると本殿が見えたらしいのですが、私達は気づかず見逃しました
茅葺だという本殿、次の機会には是非拝見したいと思います。

 
参拝後、隋神門を出ると、真の前にこんな光景が広がります。
P1000614_ss

鳥居の向こうに海!
ここから先がまたこの神社の一見すべきところです。

この鳥居をぐって階段を下りていくと、更に大きな鳥居があります。
その大鳥居くぐって振り返って撮ったのがこちら。
P1000629_ss
大洗磯前神社と書かれた二の鳥居。白くて大きくて美しい
一直線の階段もカッコイイ!・・・けど昇るのはちょっと大変

 
鳥居を見るのに振り返ってしまったけど、
再度振り返って細い路地を通って海岸へ下りていくと・・・
P1000780_ss
太平洋の荒磯の岩の上に立つ鳥居!
これこそが神様が降り立ったといわれる神聖な場所、神磯の鳥居です。

海岸沿いを歩いて反対側からも。
P1000670_ss

鳥居にとまっていた海鳥が飛び立ちました。
P1000637_ss
神聖な場所として人間は足を踏み入れられない場所にも軽々と行かれる鳥達・・・
鳥ってある意味特別ですね。たまに羨ましくなります

神磯の鳥居は日の出の時間がまた美しいということで、
もしも翌日朝早く起きられたらもう一度来てみようとなりました。

 
そのあとは大洗海岸へ。
P1000871_ss P1000875_ss
ルピカにとっては初めての海、はじめての砂浜。
どうなるかわからないので、ルピカはまだリード離せません
P1000883_ss P1000878_ss
でも広々としたところに来て、なんかルピカはしゃいでる?

そしてリードを離して「待て」からの「おいで~!」
P1000887_ss
ルピちゃん、よく出来ました~

今度はシールピふたり待たせてからの「おいで~!」
P1000891_01_ss P1000919_ss
P1000929_ss P1000964_ss
ふたりとも楽しそう~
シトラスの走りは迫力あってカッコイイ!
でもルピカのすばしっこい走りには敵わないみたい。ルピカ本当に速い!

たくさん走ったあと、「ちょっとふたり並んでくださいな~」
P1000895_ss
待てのはずが、相変わらず一歩踏み出してしまうシトラス。
ダメなお姉さんとデキル妹って感じ?
P1000901_ss P1000899_ss
それにしても風強かったね~
シトラスの毛をみるとよくわかる。思わず目をつぶってしまうほどだったし。
けど、ルピカを見てもあまり強風という感じはしない?
短毛&立ち耳恐るべし!たださすがに尻尾の先がちょっとなびいてました。

シーちゃん、ルピちゃん、思い切り走れて楽しかったね

風が強くて、砂浜にはあっという間に風紋ができます。
P1000893_ss

シールピも運動できたので、このあとは水戸へ向かいました。
それはまた次に・・・

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

瑞穂町の「つるし飾り」展示会

世の中が新型コロナ一色の日々になってしまっています。
お子さんがいらっしゃるご家庭などは本当に大変かと思います。
介護関連施設も受入れ休止等なってしまうのかと心配していましたが、
対応策に関するお手紙が届いたうえ、通常通りの受入れをして下さっており、
私達としては大変ありがたく思っています。
今のHiro坊母の生活はデイサービスとヘルパーさんあってこそであり、
それが崩れたら、短期間であっても私達だけでカバーするのは大変なことです。
もっとも母自身は世の中の事情もあまり気にせず不安なく過ごしていて、
それはある意味幸せなことで、私達も助かっていますが・・・

マスクも相変わらず手に入りませんねぇ。
我が家はHiro坊が以前仕事柄必要だったし、私は花粉症なので、
ある程度常備していたのと、運良く買えたぶんがありますが、
この状態がいつまで続くのか考えると、やはり不安になります。

私も人ごみに行くときはマスクしていくのですが、
シールピとの公園は屋外だし人との接触も少ないから、ここはマスク温存!
と思い、マスクしないで行ったら・・・
花粉症が大変だった~!
帰宅後もずっと鼻水が続いて鼻が痛くなり、頭も痛くなってしまいました
やはり花粉症にマスクは必須。
マスク不足が解消されることを・・・というより、コロナの猛威が一日も早く収束することを祈るばかりです。

--------------------------------------------

そんなこんなで各地のイベントも自粛・中止が相次いでいますが、
直前に開かれていた展示会に行って来たので、ご紹介しようと思います。

瑞穂町の「つるし飾り」展示会。
同じく多摩地区に住む友人と一緒に行って来ました。
P1012014_ss
つるし飾りとは、ひな祭りの際に着物などの布で作った小物を糸で吊るす風習で、
伊豆稲取の「雛のつるし飾り」、福岡柳川「さげもん」、山形酒田「傘福」
歴史的な背景や由来、資料等のある「日本三大つるし飾り」と呼ばれています。

瑞穂町のつるし飾りは15年ほど前から。
今回の会場「耕心館」のボランティアさん達が、多くの人の来場を願って制作を始めたそうで、その後、伊豆稲取で講習を受け、現在は毎年ひな祭りの時期に合わせて、丹精込めた作品の展示会が行われています。

 
こちらがその会場「耕心館」の門。
P1012048_ss
「ひな祭り」や「つるし飾り」ののぼりが出ています。

そしてこちらが本館。
P1012018_ss 
建物は裕福な農家で、その後醤油醸造業、養蚕業を営んだ細渕家の邸宅で、
江戸時代の建造。その後増改築され、フレンチレストランだった時期も
あるそうで、天井のシャンデリアなどはとてもお洒落です。
P1012029_ss
こんな趣のある建物が、現在は町の文化施設となっているんですね。

耕心館の入口では早速可愛い小物たちがお出迎えしてくれました。
P1012030_ssP1012031_ss
今年の干支ねずみのお飾り。姿形も表情もとても可愛いです。

館内にはたくさんの飾りが吊るされています。
おくるみに包まれた赤ちゃん。優しい表情が可愛いですね。
P1012021_ss

こちらはタツノオトシゴかな。
P1012022_ss

奥の部屋にはつるし飾りとともに、友好交流のあるタイ王国国花
ゴールデンシャワーの造花が見事です
P1012023_ss

こちらは最初にまず下段の急須がとても良く出来てるなぁと感心!
P1012027_ss
それからよく見たら上段は茶摘みの風景なんですね。
右はカワセミ?・・・ですよね。
いや実はこの右側に「瑞穂町の鳥ひばり」という札があったのですが、
どう見てもカワセミでしょう。色も姿形もとまる場所もカワセミ

 
耕心館に隣接する瑞穂町郷土資料館「けやき館」でも展示がありました。
奥の建物がけやき館なのですが、私はこの像が気になりまして・・・
P1012034_ss
ニホンオオカミの像です。
横の説明書きには、「ニホンオオカミと聞くと怖いと思われがちですが、
農作物を荒らす動物を退治してくれるということで農民の守り神として
信仰の対象にもなっていました」とあります。
現在では絶滅してしまっていますが、江戸時代にこの地にいたとされる
ニホンオオカミの標本が所蔵されているそうです。

-----------------------
ちょっと脱線するけど、我が家にも遠吠えする子がいましたねぇ。
Dscn6718_ss
ジェラート・・・ゲーム前をはじめよく遠吠えしたっけねぇ。
このときは連続の長~い遠吠えに隣のシトラスもびっくりだったっけ
遠吠えのときの正面からの顔はちょっと不細工。でもそれもなんかいいよねぇ。
Dscn6719_ss
我が家ではいちばんオオカミっぽくない雰囲気のジェラート。
ジェッちゃん、可愛かったなぁ。本当に可愛かった
こんなところで登場してもらうとは思わなかったけど、これからもまた
ときどき引っ張り出すからね~。よろしくジェッちゃん
------------------------

さてさて戻って、けやき館に展示されていたつるし飾りです。
P1012040_ss P1012042_ss
見ざる言わざる聞かざるの三猿(上左)や羊や虎などの干支(上右)
P1012043_ss P1012045_ss
左はある年に瑞穂町に生まれた赤ちゃんの数だけ作られたそうで、
地元の方々の温かさが感じられますね。
右のお地蔵様もそれを見守るかのように優しい表情ですし

 
けやき館では郷土資料館ということで、この地周辺の所蔵であった古い時代の
雛人形の展示や、瑞穂町の自然や歴史を学べるようになっています。
はじめて知ったのですが、狭山丘陵のふもとに位置する瑞穂町は
東京でいちばんの狭山茶の産地なんですね。
お茶大好きな我が家としては、一度この地のお茶も飲んでみたいと思います。

 
見学を終えたあとは、ちょっとランチ
耕心館の1階の喫茶「ストーリア」では軽食もできます。
P1012047_ss
和風ハンバーグランチとコーヒーでランチしました。

喫茶コーナーも含め、耕心館は内部もとてもお洒落な造りになっています。
写真は撮りそびれてしまいましたが、梁のめぐらされた天井、
西洋風の階段、窓から見える庭園など、気持ちもゆったりする空間です。
この日はつるし飾り見学の奥様方でいっぱいでした。

 
帰りは行きと同様、シャトルバスで箱根ヶ崎駅へ。
駅前で素敵なマンホールを見つけました。
P1012049_ss 
狭山丘陵に生息する「オオタカ」が瑞穂町の木「」にとまる姿と、
町の花であり特産品である狭山茶の「茶の花」がデザインされています。
最近は各地に素敵なマンホールが増えましたよね。
出かけた先で見つけると思わず嬉しくなって写真を撮っています

 
つるし飾りは、私もそのような文化があることは知っていましたが、
実際に見たのは初めてで、とてもよかったです。
思った以上に数多くの小さな可愛い作品がみなとても丁寧に作られ、
作り手さん達の思いが伝わってくるものでした

実は今回の展示も新型コロナの影響で縮小展示となっていました。
人がこもりやすい奥の展示室は中には入れず、入口から見回すだけでしたし、
2階の展示は全て中止、中央の素敵な階段を上がることもできませんでした。
そしてこの翌日を以って、展示会は完全中止となりました。
屋内で人が集まるということからしたら、今は当然ともいえますもんね。

縮小展示であれ、見学できた私達は本当に幸いだったと思います。
実は誘ってくれた友人に会うのは約10年ぶり。
もし今回中止だったら私達も会うのを自粛してしまっていたでしょう。
10年ぶりでもそれを全く感じることなく話が弾み、楽しい時間を過ごし、
瑞穂町にも興味を持てて、とてもいい一日になりました。
それだけに見学できた私はちゃんとレポしようと思い、アップ頑張りました~

| | コメント (2)

2020年2月29日 (土)

はじめての羽生大会

今回で3回目の羽生大会ですが、我が家ははじめて参加しました。
P1000555_ss 
羽生水郷公園。
水族館があったり、ここでしか見られないムジナモという水生植物が自生するなど、
その名のとおり水に関連する自然公園という感じでしょうか。
ただ今回は会場周辺しか歩いてないので、いつか機会があったら・・・ですね。

 
いつも朝一番はフリー。
P1000558_01_ss
風が強くてキャッチ率が・・・

この日はさっちゃん&ステラさんとの2チーム。
P1000565_01_ss 
シトラスはステラさんのフリー演技が大好き。
お互いディスタンスはちょっと苦手でスカッ跳び炸裂したりするけど、
そこがまた楽しくて、いつも一緒に笑っています

 
ルピカはプラクティス。
P1000568_01_ss P1000571_ss
大会会場では他の子のゲームが見えると頭はそれでいっぱい!
「ルピカ、こっちに注目!」と言ってもちっとも見てくれない
ゲーム中は私達とのやりとりを楽しむように見上げるけど、
ゲームが終わったあとはまた見ない、聞かない状態になったりする。
これがいちばんの悩みで、いろいろなことがここに繋がってる気がする。
P1000573_ss
今回はゲーム直後は伏せて待たせて一緒に退場。
でもロングリードなんてなくたってちゃんと一緒に来てほしい!
P1000563_01_ss
いつもHiro坊の顔を見ながら嬉しそうに帰ってくるシトラス。
ジェラートもいつもそうだった。そんな姿が大好きだった。
もちろんそれぞれ個性があってやること違うのは十分わかってるけど、
一緒に何かをやってる限り、一緒に楽しみ、いつも一緒にいてほしい・・・
これだけは基本であり、譲れない私の望み。
いつかルピカともそんなふうになれるのかなぁ。
今現在ルピカには歴代の子達には感じたことない悩みや不安がいっぱいです。
でもまぁ焦らないようにしよう。。。と自分に言い聞かせています。

あ、いかん、なぜか今回はつい悩みを書いてしまった。
ダメダメ、あまり悩まず明るくいきましょう!

 
そんなルピカのゲーム後、近くをブタさんがお散歩していました。
P1000574_ss P1000576_ss
自分より大きなブタさんにルピカちょっとビビリ気味。
ちゃんとワンコではないということがわかるのね。
ブヒブヒって言ってるからかな?匂いとかかな?
でもとても綺麗でものおじもしないブタさん、なかなか可愛かったです。
右はカートでお昼寝中のまだお子様ブタさん。また一段と可愛かった

 
風が強かったですねぇ。
P1000578_ss P1000589_01_ss
優勝はもちろんさっちゃん&ステラさん。
といっても抱っこされてるのはイーリスさん。14歳半を超える大ベテランンさん
シーちゃんもイーリスさんみたいに長生きするんだよ~。

 
はじめての羽生大会、お天気も良くのんびり楽しみました。
なかなか気持ちいい会場なので、次回もまた参加したいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

大会レポ 久々栄町&お馴染み寒川 

この連休は初日だけ寒川大会に参加してきたのですが、
帰宅したらシトラスがちょっと元気なく、熱を測ってみたら39.4度。
シトラスは1歳~2歳にかけてよく40度超えの熱を出し、検査もしたけど原因はわからず。
ただ段々と熱を出しても比較的元気で、翌日には下がってケロッとしてるようになり、
発熱してもそれほど心配しなくなっていました。
ただ今回はそれより低いにもかかわらずかなり辛そうだったので、翌日病院へ。
今回もいろいろ検査したけど特に悪いところはなく、炎症数値が高いだけ。
そしてその晩に少し熱も下がってきました。
今日もまだいまひとつ元気はないけど、とりあえず大丈夫かな。
あとはまた繰り返したりしないことを祈りましょう。

-----------------------------------------------------

さて、かなり遅くなりましたが、プチ旅後の大会レポもちょっとアップ。

まずは1月中旬、久々の栄町大会です。2年ぶり?
P1000439_ss
お天気も良くて気持ちいい~!
けどほぼいつも風が強いのが栄町水と緑の公園。

風の強い日のフリーはちょっと辛いけど、ふたりとも頑張ってくれた。
P1000442_01_ss
ディスタンスもスクエアで1キャッチ。
P1000474_ss

この日はフリーが1チームだけで寂しかったです。
P1000494_01_ss_20200226013601

 
ルピカはこの日はS2にエントリーしてみました。
練習ではいろいろな意味でかなり良くなってきてたので。。。

スタートは落ち着いててOK!
P1000445_01_ss
一生懸命戻ってくる・・・これもOK!
P1000448_01_ss

でもそこから先が問題でして・・・
P1000446_ss
まず第一に、一発でもっと近くまで戻って来なさい!
そしてディスクを下でガチガチするのをやめなさい!

更に他チームのゲームを見てるときなどは人の話を聞いてな~い!
P1000454_01_ss
こらルピカ、人の話を聞きなさい!名前呼ばれたらこっちを見なさい!
ただ「おすわり!」と言うと座ったりするから、全く聞こえてないわけではないらしい。
はぁ~、先は長い。。。

それでもこの日はチーム数少なかったので一応決勝へ。
P1000491_01_ss P1000486_ss
そして決勝はお弾きするし返さないしで0P終了。
はぁ、本当に先は長い。。。

 
この日はアトラクションとして「ウェイト」がありました。
P1000476_01_ss
我が家はルピカを出してみました。
「可愛いダメなお姉さん」のシトラスよりは待てができるのです。
最初はいい感じだったんだけど、大好きなクライムさんが動いたのを見つけて
一緒に動いちゃった!まぁそんなもんでしょう。

最後まで残っていたうちのふたり。
P1000481_ss
ベテランズ仲間のリュウ君とBUNGY!さん。
お昼寝に近い感じだけど、微笑ましい光景でした。
BUNGY!が大会に遊びに来たのはこのときが最後、2月初めに虹の橋を渡りました。
BUNGY!お疲れさま。最後まで大会で楽しめて幸せでしたね。

 
栄町大会ということで、久々にラッテ父母さんにもお会いできました。
P1000458_01_ss_20200226014401
アーチ君とのベテランズ。
お会いしたのはいつ以来だったかな?
昨秋の朝霧は私がチャドクガ被害でお休みしちゃったからね。
久しぶりに帰りの食事もご一緒できたし、嬉しかったです。
またお会いできるのを楽しみにしています

-----------------------------------------------

栄町大会の翌週は寒川大会。
この日はお天気が良くなかったんですよねぇ。

フリーのときはお揃いのフリーウェアを着たけど、
P1000516_01_ss

ディスタンスのときはアルファアイコン着用。
P1000508_ss P1000514_ss
これだけお腹カバーされてるわけだから汚れ具合は全く違います。
ときどきしか着ないけど、シトラスも気にすることなく走れます。
毛の長い子にとって雨の日にはありがたい逸品ですね。

まぁこういうとき毛の短いルピカは楽チンですねぇ。
この日はロングリード付きでプラクティスに出ました。
P1000502_01_ss
汚れないわけじゃないけど、簡単に綺麗になる!
いちおうジェラートのお下がりの赤いアルファアイコンもあるから、
そのうち着せてあげましょっかね

 
フリーの表彰。チャンプがシトラスをかまってくれました。
P1000529_01_ss
栄町では1チームだったけど、やっぱり一緒のチームがいると楽しいです
ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました!

 
会場のお隣のエリアに可愛い子がいました。
P1000518_ss P1000522_ss
長毛のネコさん! スケボーの上で大人しく乘っています。
ワンコと一緒に暮らしている子なので、他のワンコが近づいても全然平気。
我が家ではシトラスがネコさん大好き!でもいざ目の前に来てくれるとどうしていいかわからないようで、いまひとつ近づけない
一方ルピカは犬とは違うということを認識しつつも勇敢に近づいていました。
そんなシールピの様子にも全く動じることなかったネコさん。カッコイイ!
そしてとても綺麗で可愛い子でした。

 
そんなことも楽しんでた寒川大会、楽しかったです。
楽しかったけど・・・寒くて泥汚れして手が荒れた~

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

浜名湖帰りの寄り道 大井川鐡道プチ旅 その2

大井川鐡道の第2弾、遅くなりました~。
途中まで書いてあったのですが、その後日々ちょっと忙しく、
更に週末も羽生大会行って帰りに茨城プチ旅、備前大会後も郡上寄り道旅と、
ひとつの旅レポ書きあがらないうちに次のプチ旅を楽しんでしまったりして・・・
今書きたいこといっぱいです。さぁ頑張らなくちゃ!

------------------------------------------------

ではとにかく大井川鐡道の旅の続きです。

その先へとさらに暫く走った頃、また次のSLを見る機会がありました。
崎平という駅の少し先、橋のたもとで撮った写真です。
P1000281_ss
汽笛が聞こえ、橋の横を並行してかかる鉄橋にSLが姿を現しました。
P1000287_ss
C10型8号機
1930年(昭和5年)に製造された車両で、各地を走ったのち、
1997年(平成9年)に大井川鐡道として営業運転開始したそうです。
大井川鐡道ではいちばん古い車両。
そうですよね、昭和5年ったら私の母の生まれ年ですもんね。
もう90年過ぎてるのに現役で頑張っているのですからすごいですね。

この前面に付けられたピンク色のものをよく見てみると・・・
「頑張れ受験生!」「合格」と書かれ、真ん中のピンクの部分は桜の花です。
この時期ならではの温かい心遣いですね

------------- 
ここで一瞬話がそれますが、栄町大会のときにラッテ父さんに旅の話をして、
SLや先に出てきた緑色の普通電車の写真を見ていただいたところ、
一目見て即座にどちらの車両名も的確に言い当ててくれました。
そして緑色の車両については、南海電鉄からやってきたもので、
高野山の急こう配なども走っていたということも教えてくれました。
さすがラッテ父さん
鉄道大好きで詳しいのは知ってたけど、本当にすごいです!
またいろいろお話聞かせてくださいませ。
-------------

このあと寄ってみたのが千頭駅
大井川鐡道はこの千頭駅までが本線、その先は井川線と呼ばれます。
P1000355_ss 
井川線は本線とレール幅は同じですが、カーブが続くので車両は小さめです。

ここ千頭駅に立ち寄ったのは、転車台を見てみたかったから。
転車台は車両を載せて回転させて向きを変える機械です。
知ってはいたけど、見たのは初めてです。
P1000349_ss
転車台には人力で回転させるものと、電気や蒸気圧で回転させるものがあり、
この転車台は人力で回転させるタイプ。2~3人で動かせるそうです。
P1000351_ss
明治30年(1897年)製造の英国製で、東北線や新潟県で活躍の後、
昭和55年(1980年)ここに移設されたそうです。
日本に現存するものとしては最古級で、2001年に登録有形文化財に、
2009年に機械遺産に認定されています。

大井川鐡道ではこの千頭駅と反対側の始発である金谷駅にも転車台があり、
日に3回ほど稼働しているそうです。
次は実際に転車台が稼働することろを見てみたいものです。

 
更に進むと川沿いにトンネル。
P1000362_ss
小さな車両が通れるトンネルだからか、見た目にも小さく感じました。

そのすぐ先には両国吊橋
P1000366_ss
吊り橋からは川根両国駅の車庫も見えます。
P1000363_ss P1000368_ss
ここは春は桜が綺麗だそうです。

 
更に進むと段々と山道になってきます。
その急勾配を走るのがアプト式列車
車両についた坂道専用の歯車と、線路の真ん中に敷設された歯形レールを噛み合わせて
坂道を上り下りする仕組みで、スイスの観光鉄道などが有名です。
P1000376_ss

こちらはアプトいちしろ駅
P1000374_ss 

お隣の長島ダム駅。 可愛い駅舎です。
P1000369_ss

その長島ダム
P1000405_ss 

列車はダムの周囲の高いところを走っています。
P1000380_ss

この周囲には芝生広場もあったのでひと休み。
P1000396_ss
この写真、なんか崖の端っこに座ってるように見えますよねぇ。
この後ろは坂道で、実は後ろでHiro坊がシールピのリードを持ってます。
すぐにこっちに歩いて来ちゃう可愛いダメなお姉さんがいるもので

 
寄り道しながらだから、なかなか目的地までたどり着かない我が家旅。
少し日が傾く頃にやっとたどり着きました。

山の緑と川の青さ、そこに赤い鉄橋が映えますね。
P1000409_ss 
そして半島のように突き出した部分にあるのが奥大井湖上駅です。
P1000406_ss
駅の裏手上にはレイクコテージという休憩所があり、
最近カフェもオープンしたそうです。

といっても私達も今回はそこへ降り立ったわけではなく、
離れたところからこの景色を楽しんだだけ。
しかも日が傾きかけた時間だったので、日が高いうちならこの景色も
もっと鮮やかな美しいものが見られたはずです。
それでも今回はこの景色を実際に見られただけで大満足!
また次回への楽しみを残しておくのもいいんじゃないかな~

P1000414_ss
同じ湖上駅写真ですが、帰りに反対側から見るとまた違った感じに。

そして先ほどの長島ダムも帰りがけに反対側から見るとまた違う景色。
P1000420_ss

井川線は終点井川駅までまだ4つ駅がありますが、今回は奥大井湖上駅まで。
大井川鐡道沿いには温泉地も多いし、次はまたゆっくりと、
今回立ち寄れなかったところも楽しみながら訪ねてみたいと思います。

前から行ってみたいと思いつつ、なかなか行かれなかった大井川鐡道の旅。
大会帰りとは思えないほどの、楽しいプチ旅になりました

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

浜名湖帰りの寄り道 大井川鐡道プチ旅 その1

10日ほど前、急に左肩が痛くなり、3日目にあまりに痛いので整形へ。
やっぱりというべきか・・・五十肩との診断。
注射してもらったらかなり痛みは治まって、今はほぼ普通に生活できてるけど、
このまま治まってくれるわけじゃないはずだから、もう少し病院通うようかな。
これだけじゃなくあちこち不具合が出てきてる私。ほんと、年を感じます

------------------------------------------------ 

浜名湖大会に参加した翌日、帰りがけにプチ旅をしてきました。

大会終了後の晩は掛川PAで
翌朝すぐ隣の島田金谷ICで下りて、旅の始まり~!

今回は大井川鐡道の旅です。

大井川鐡道は大井川に沿って静岡県を南アルプス方面に北上する鉄道。
最近TVの旅番組などでも目にする機会が増えて、一度行ってみたいと思っていました。
いつでもワンコと一緒の我が家なので、実際に鉄道に乗って旅することは難しいけど、
沿線を車で旅するのもまたとても楽しいものです

見どころはいっぱいあるのですが、今回はとにかく水の上に浮かぶようにある「奥大井湖上駅」を目指すことにしました。

とはいえ我が家の旅は行き当たりばったり。

途中、看板が目について立ち寄ったのは「SLの見える丘公園」
道路際のちょっとしたスペースで公園というほどではないのですが、
景色を見ていたらちょうど汽笛が・・・
「おぉ、ちょうど今列車が通るんだ~!」

ということで待っていると、緑色の車両が来ました。
P1000178_ss
「抜里」という畑の中の駅に停車したのち、大井川第一橋梁へ。
P1000181_ss
少し遠いけど、川、橋、山、列車が見える景色はなかなかいい感じ

ここで、そうだ、大井川鐡道といえばSL!
SLが走るところを見てみたい!と時刻表を調べたら30分ほどで来るらしい。

待ってる間に目の前の木にメジロさんが来てくれた!
P1000191_ss

そしてしばらくするとポーッと汽笛が聞こえ、やってきました、SL!
P1000201_ss
茶畑の中をのんびり走り、橋へと向かいます。
P1000204_ss
橋の上を走るSLは黒い煙をもくもく!
気になったので蒸気機関車の煙について調べてみました。
本来は完全燃焼時の無色か水蒸気の白煙ですが、
上り坂などで石炭の量を増やして出力を上げると不完全燃焼になり黒煙が上がります。
ただ観光を兼ねたSLの場合はその限りではなく、
重油を咥えることで敢えて黒煙を出すこともあるそうです。
きっとこの黒煙はサービスで上げてくれてるんでしょうね

 
SLを見送ったあと、そのすぐ先の道の駅川根温泉に寄りました。
その名のとおり温泉施設があって、このときも人がいっぱい。
私達はお風呂には入らなかったけど、川根茶を買いました。
日本茶大好きな我が家、今は日々美味しくいただいています。
あとで気づいたんだけど、ここでは全然お写真撮ってなかった~

 
そこから少し走ったところに吊り橋がありました。
P1000214_ss 
塩郷の吊り橋
P1000216_ss
橋のたもとにはこんな碑があったけど、何かのサスペンスと関連あるの?
まぁそれは置いておいて、せっかくなので渡ってみることにしました。

大井川鐡道の線路と大井川の上を渡って向こう岸を目指します。
P1000215_ss P1000224_01_ss
長さ220メートル、高さ11メートル。
歩く部分は細い板2枚ぶん。ところどころ4枚になっていて、この部分でのみすれ違うことができます。
下から見ただけでもかなりレベル高い吊り橋だなーという感じ。
そして実際渡ると、当然だけど揺れる~!
他の人も一緒に渡るとさらに揺れて、さらに怖~い!
先に行ったHiro坊は振り向いて笑ってたけど、
高所恐怖症な私は手すりをスリスリしながら、途中で妙にハイになって笑わずにはいられなくなりながらもなんとか渡り切りました。

渡った先で少し散策。
渡ったすぐのところにはこんな鐘があります。
P1000236_ss
私達の後から来た若い女性達が鐘を鳴らしているのが聞こえました。

少し歩いてみると小さな祠があり、不動明王様が祀られていました。
P1000244_ss P1000239_ss
昔飢饉のときに田畑を荒らす白蛇を鎮めるためだったそうです。
なかなか力強い顔をしていますね。
この場所でふと見上げると・・・
P1000241_ss
なんかいいですね、木々に囲まれたこの感じ。森林浴!

途中でこんな野鳥にも出会いました。
P1000249_ss
木の陰で暗く見えにくいけど、羽の黒、白、青の部分から多分カケスかと。
カケスは見たことなかったから嬉しかったな~。
もっと近くではっきり見えて写真撮れたらもっと嬉しかったけど

さて、渡ったものは引き返さないと・・・
P1000253_ss
Hiro坊は渡るのも結構余裕らしく、歩くの早い。
途中で川面を見ると自分達の影が映っていることに気づき・・・
P1000256_ss
余裕のHiro坊は両手放しでポーズとってるけど、私は片手でカメラ、もう片手は手すりを離せませ~ん
ちょっと怖かったけど、こんなふうに楽しみながら無事渡って戻ってきました。

相変わらず行き当たりばったりで寄り道ばかりの我が家旅。
とりあえず先に進みましょう!

途中でこんな暖簾も発見!
P1000264_ss
「日本で最も美しい村連合」のマーク。
旅で訪れる地にこのマークを見つけるととても嬉しくなります。
ユネスコエコパークとしても承認されている自然豊かな町。
ここ川根本町もそうなんですね。

 
このあと先を目指してもう少し進みますが、
ここまでで一旦アップしようかな。

| | コメント (2)

2020年1月23日 (木)

新年の浜名湖大会

新年の最初は浜名湖大会。
大会は3日間でしたが、我が家は日曜日だけ参加。
最初は雨予報だった日曜日に雨が降らなかったのはラッキーです。

 
浜名湖の朝。
P1000144_ss
そういえばそう、浜名湖では朝に晩に鳥の群れが移動する光景が見られます。
いつも遠くを飛んでるからなんの鳥のなのかはわからないなぁ。
なんだろう?野鳥好きとしては気になる。。。

 
この日のフリーは8チームと今シーズン一番のエントリー数!嬉しいことです  
P1000149_01_ss

以下3枚はらむちょこさんより。ありがとうございます

マウストス!(この1枚は少し拡大させていただきました。)
Cig_img004_01_ss

バックボルトはトスの位置が合わずキャッチできなかったね。
Cig_img009_01_ss_20200125154401

ミスも多かったけど頑張ったね。シーちゃん、ありがとう!
Cig_img014_ss 

2Rディスタンスもスクエア含む3キャッチと頑張った!
P1000154_ss P1000156_01_ss
終わったあともHiro坊の背中にのって「アタシ頑張ったよ~!」
シーちゃん楽しそうに走ってくれたし、最後はいい笑顔だし、嬉しいよ~
実力チームも多く決勝には全然届かなかったけど、
久しぶりにチーム数いっぱいで参考になる演技もたくさん見られたし、
フリーが盛り上がって楽しかったです。
ご一緒してくださったた皆様、ありがとうございました

 
時間もあったのでちょっとみんなで写真撮りました。
P1000167_ss
以前も撮ったことあるけど、これはモグラでいいのかしら?
それとも架空の何か?どちらにしても黄色い爪がなかなかすごいわ。
P1000175_ss 
すぐに動いちゃうダメなシー姉さんと、
いつもマジメすぎて笑顔作りが苦手な妹ルピ、
そして見えないから注目させるのが難しいカリン・・・
なかなかまとまらない3人だけど、まぁそれも我が家らしいか。

 
浜名湖大会、久しぶりに西の方々など多くの皆様にお会いできたし、
1日だけだったけど楽しい大会になりました。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

夜の浅草歩き

今年は暖冬ですね。日差しのある時間帯なんて本当に暖かいです。
P1000115_ss
1週間前に咲き始めたロウバイの花も、あっという間に満開近いほどに。

…と思っていたら、今日は寒いです。
今ちょっと雪も降っています。
でも全然積もる様子はなく、もうすぐ上がるという予報。
やっぱり暖冬といっていいんでしょうね。

-----------------------------------------

1週間ほど前、またちょっと都心まで出かけました。
P1000040_ss
日本橋の獅子像。
足元には東京都の紋章を抱えているんですね。
橋の両端に4体いて、東京を守る役割をしているそうです。

日本橋というと麒麟像が有名ですが、それは橋の中央部。
今回は車に乗ったまま交差点から片側を撮っただけで、
橋は渡らなかったので、麒麟像はまたいつか撮りたいと思います

 
この日はちょっと買い物をして、そのあと浅草へ。
といってもその頃にはもう夜。
でも夜もまたライトアップされていて、なかなかいいものですね。

有名な雷門
P1000049_01_ss
とても有名だけど、私は記憶も定かでないほど昔に1度行っただけ。
P1000051_ss
大きな提灯の裏側は違う文言が書かれているのね。

仲見世通りを歩いて浅草寺へ。
この時間にはほとんどのお店がもう閉まっていました。
でも浅草名物揚げ饅頭は食べることができました!
歩いていった一番先のお店だから、「浅草九重」さんかな。
小倉と黒胡麻、どちらも美味しかったです。
外がサクッとしているところが揚げ饅頭の美味しさですよね。
昔食べたのは「金龍山浅草餅本舗」三のだったと思います。
こちらも美味しかったから、お土産に買って帰った記憶があります。
暗かったし、お写真撮らずに食べちゃいました~!

 
仲見世を通りすぎ宝蔵門前の広場へ。五重塔も見えて美しいです。
P1000053_01_ss 
門から入り、振り返って見た宝蔵門
P1000061_01_ss

そして五重塔
P1000058_ss
西暦942年に建てられたそうですが、1945年の空襲で焼失し、
1973年に再建されたものだそうです。
場所も元の場所から少し移動し、旧の場所には石碑があるそうです。
この日は気づかなかったので、次回はその場所も確認しようと思います。

そしてこちらが浅草寺本堂
P1000068_ss
夜の時間でもお参りの行列ができていました。
P1000060_01_ss
もちろん私達もお参りさせていただきました。

 
その後駐車場に戻る前に、雷門の交差点向かい側にある浅草観光文化センターに立ち寄りました。
もうセンターは閉まっていたのですが、最上階の展望テラスはその時間でも無料で開放していたので、上がってみました。
ちなみに、観光文化センターの建物は隈研吾氏がデザインを手掛けているそうです。
建築のことはよくわからないけど、木をたくさん使った斬新な建物なので、
もしかしたらこれも?と思ったらやっぱりそうでした。たくさんありますね。
あ、建物の写真は撮っていませんでした

さてその展望台にて、東にはスカイツリー
P1000072_ss

そして北を向くと、今歩いてきた雷門~仲見世~浅草寺。
P1000078_ss
なんだかとても素敵な景色じゃないですか~
都民でありながら東京をよく知っているわけではない私ですが、
大都市のイメージとは違う東京の歴史を感じられる名所に触れて、
そんなところも多くの方々に知ってもらいたいなと感じました。
その意味では・・・
オリンピックでここを走ってもらいたかった~。
マラソンのコース変更の諸事情は理解し納得もしていますが、
今回浅草を歩いてみて、ただ純粋にそんな気持ちになりました

 
Hiro坊の仕事が変わった今、長期間のお休みは取りにくくなったけど、
日帰りや1~2泊程度なら出かけられる時間は結構あるので、
東京の名所をはじめ、近場であちこち出かけてみるのもいいのかなと思っています。

| | コメント (2)

2020年1月 3日 (金)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

皆様、旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
P1056527_ss
2020年ですね。
東京オリンピックはもちろんのこと、いろいろなことで盛り上がる1年になりそうですね。

ということで我が家も盛り上がっていきたいと思います!
我が家なりにゆる~い感じで、常に楽しむ気持ちは忘れずに

そしてそのためにも家族全員いつも元気で過ごせますように。
それがいちばんの願いです。

ブログは昨年もなかなかタイムリーに更新できなくて、
それは私自身も本意ではないので、ちょっと頑張りたいところだな~

そんな感じですが、シトラス、ルピカ、カリン、Hiro坊ともども、
本年もどうぞよろしくお願い致します。

おまけの1枚。
1578023602199_ss
鏡餅風シールピ
今年もみんな仲良くいようね~

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

都心へお出かけ

先日久しぶりに都心へお出かけしてきました。
あ、今年は11月にもいわゆる女子会?があって代官山へ出かけてるけど、
とにかく私が都心へ出かけるなんて、年に2~3回。
いちおう東京都民ですが、都心へは必要ない限り行かないもので

 
今回は我が家が年末恒例にしているお買い物があって出かけました。

丸の内のオフィス街。
P1000001_ss
「あれ、去年この時期こんなに寂しかったっけ?」と思っていたら、
なんとなく人が集まり始め、皆さんスマホを出して・・・

17時。左側の木々がにあかりが灯り、続いて右の列も華やかになりました。
P1000002_ss P1000004_ss
左側の木々がにあかりが灯り、続いて右の列も華やかになりました

 
そして歩いていたら・・・
P1000010_ss
リーチマイケル主将~!
そっか、代表パレードはこの通りだったのね。
P1000011_ss
この感じもCMで見たわ~。
W杯期間中はこの隣にラグビー神社があったそうです。

そんなこのビルもこのときはクリスマスイベント。
P1000014_ss
スターウォーズ公開とのコラボのオブジェは綺麗でした。

歩き回ったのでちょっとひと休み。
P1000021_ss
入ってみたいお店はいっぱいあったんだけど、
大好きな食器を使っているお店ということでここでケーキ&コーヒー。
イチゴがいっぱいのショートケーキ、美味しかったわ~

 
「大好きな食器」と書いたけど、実はこの日のお買い物もその食器。
我が家はロイヤルコペンハーゲンの食器が大好きなのです。
白地に紺の図柄はシンプルで、決してパッと目をひくようなものではないけれど、
どんな料理を盛っても料理の邪魔をすることなく引き立ててくれる感じ。

結婚する年に買ったイヤープレートが最初の1枚。
以来少しずついろいろなタイプの食器を買い足し、日々使っています。
イヤープレート自体は使うわけではないけれど、毎年欠かさず買い、
最近では年末に一緒に買いに行くのが定番になっています。
今回は定番のものに加えて、特別版も買ってしまいました。
P1000035_ss
東京駅がデザインされたヘリテージプレート2020特別版。
東京駅はRCのイヤープレート初年度版が製作された同じ1908年に着工が始まりました。
東京駅とRCという、ともに伝統と革新を繰り返してきたというその歩みが
このヘリテージプレートに重ねられているそうです。

そんなプレートを持って東京駅へ。
P1000023_ss
プレートはほぼこの角度からの光景ですね。
P1000026_ss
駅舎反対側もまた綺麗。
P1000031_ss
東京オリンピックまでもカウントダウン。

帰宅後の晩ご飯。
P1000033_ss
この日はクリスマスイブ。
ワイン飲んでチキンやクリスマスカラーのお料理でささやかなクリスマス
あ、しまった!
チキンもスヌーピーじゃなくロイコペのお皿にのっければよかった~

でもとにかく我が家なりにいろいろ楽しんだクリスマスでした

| | コメント (0)

«女子会