2021年4月 8日 (木)

身近で楽しみました

今年の春は本当に本当の意味での身近で楽しんだ日々でした。
あ、まだ春は終わってないけど

3月下旬。我が家のマメザクラも満開!
P1068015_ss

その頃にはブルーベリーの花も咲き始めました。
P1067996_ss
3月中からこんなに咲いてしまうなんて、今年は早いです。

 
この日もご近所桜散歩へ。
新芽も出てきて、その黄緑色がまたとてもきれいです。
P1068023_ss

ヒヨドリは花びらを食べちゃうんですよね。美味しいんでしょうね。
P1068024_ss

満開!とにかく満開
P1068031_01_ss
みなさんご家族でのんびり楽しんでいました。
人出はそこそこあったけど、この辺では密というほどでもなかったです。

 
満開の桜をバックにぶら下がるこの木は・・・
P1068030_ss
イヌシデというようです。
「シデ」という名前の由来は、花穂の垂れ下がる様子が玉串やしめ縄などに使われる
紙垂(しで)に似ていることからだそうです。

この木はたしか公園にもあったはず。
いつも公園で見ていた花々を今年は見ることができなくて残念です
桜でも好きな品種があるんですよねぇ。
オモイガワとかアマノガワとか・・・
今年は見られなかったけど、来年は必ず見られると信じましょう 

黄色いヤマブキもきれいです。
P1068055_ss

こちらはカリン(花梨)の花。こんな可愛い花が咲くんですね
P1068039_ss
我が家のダックスのカリンも花梨の木から名づけたんですよね。
Hiro坊父が盆栽として大切に育てて、玄関前に置いていたから。
でもその頃こんなに可愛い花が咲くとは知らなかったな

この桜の品種は何かな?
P1068063_ss
私の好きなオモイガワに似てるんだけど、そうなのかな?
川沿いの散歩で1本だけあったんですよね。
ソメイヨシノより少し遅れて咲き始めるオモイガワ。
この1本がそうだとしたら、公園に行けなくても出会えたのは嬉しいことです 

川ではスズメさん達が水浴びをしていました。
P1068062_ss
この間はカラスが、この日はスズメがたくさん水浴び
3月中からこんなにあちこちで鳥たちが水浴びするなんて、
やっぱり今年は春の訪れが早かったんですね。

3月下旬はHiro坊にまとまったお休みが取れていたので、
一緒にお花見を楽しむことができました。
P1068046_ss
例年だとまとまったお休みにはどこかへ出かけることが多かったのですが、
今年は地元の、それも本当にご近所の歩き散歩中心。
自分の人生であと何回桜を楽しめるのかわかりませんが、
今年の春もこれはこれで思い出深い春になるかなと思います

あ、すみません
あと何回桜を・・・なんてちょっと寂しいこと言ってしまいましたが、
私の両親が比較的早く他界してしまったもので(父59歳、母64歳)
ついそんなこと考えてしまったりもするんですよねぇ。
私も限りなくそこに近づいているもので
でも父母のためにも私はそれを軽々と超えていくつもりでいます!
そしてシールピのためにも元気で頑張りますよ~ 

お散歩でのソメイヨシノ
P1068067_ss
我が家のマメザクラ
P1068077_ss_20210418135801
3月いっぱいは身近で春を堪能しました。

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

桜散歩でオオアカハラに会えた!

あっという間に新年度に入ってしまいました。
桜の木は新芽が出て、緑が美しくなり始めました。
でもすみません、まだ桜散歩の記事です。
3月中に書き上げるのは無理でした~

----------------------------------------

桜も3月23日頃には満開になりました。
P1057869_ss

桜散歩です。
P1057884_ss
例年だと公園で楽しむのが中心ですが、今年は川沿いの桜です。

川で小魚発見!
P1057859_ss
以前からいるにはいるのですが、いつも春先には水量が少なくなり、
魚の姿も見当たらなくなってしまう・・・その間どこでどうしているのかしら?
でもいつの間にかまた復活してくれるって不思議です。
これはハヤかしら?みんな頑張れ~!

 
桜散歩でのシールピ。
P1057893_ss P1057905_ss
P1057931_ss P1057952_ss

淡い色の花びらいっぱいのなかに濃いピンクのつぼみがアクセント。
P1057930_ss

こちらは白。オオシマザクラかな。これもまた綺麗です。
P1057925_ss

お写真にはあまり協力的でないふたり。
P1057935_ss P1057932_ss
ルピちゃん、なんでそんなに小さくなってるん?
かと思えばふたりして反対向いちゃうし。

P1057943_ss P1057946_ss
相変わらず歩いてきちゃうシトラスと、ぼよんとした目になっちゃうルピカ。

でもやっとまずまずのが撮れました~!
P1057949_ss
表情もいいからアップに。
P1057949_ss_01

 
桜を楽しみながら、野鳥観察も楽しんでいます。
P1057916_ss
最近買った単眼鏡で確認。
双眼鏡のほうが見やすいのはもちろんですが、
お散歩で持ち歩くには軽い単眼鏡もなかなかいいです。

そうして歩いていると、木の中になんらかの鳥がいるのを見つけました。
P1057956_ss
ちょっと大きめだけど何かな?
木の中の陰のところでじっとしています。
P1057961_ss
お腹がオレンジ色っぽくてちょっと綺麗な感じ。
ジョウビタキなどもこんな色合いのお腹だけど、それより大きい。。。
P1057962_ss
静かで声も出してくれないので、その場では何の鳥か特定できませんでした。

帰宅後に調べてみたところ、「オオアカハラ」ではないかと。
アカハラオオアカハラといるのですが、
アカハラは頭の色が茶色っぽいのに対し、オオアカハラは黒っぽい。
ということで、多分オオアカハラだと思われます。

シロハラは公園でもよく見かけますが、アカハラ系は初めてだったので、
この日は一段と嬉しいお散歩になりました。

 
春の花、ムスカリ。 
P1067967_ss

シロバナタンポポ。
P1067986_ss
東では少ないですが、西日本では結構見られるそうですね。

こちらは桜だけど種類は何かな?葉が赤っぽいです。山桜系?
P1067993_ss

土手を歩いたり、遊歩道を歩いたりして桜散歩を楽しみました。
P1067981_01_ss

 
でも歩いただけじゃ物足りなかったシールピは帰宅後ちょこっとお遊び。
P1068002_ss P1068004_ss 
P1068005_ss P1068007_ss

桜散歩日記はもう1回くらい書かせていただこうかな~。

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

お彼岸の頃

春のお彼岸期間に入った頃の桜。満開までにはまだまだな感じ。
P1057793_ss

遊歩道沿いの木が細かい花をたくさんつけていました。
P1057791_ss
これは何でしょうか?

 
お彼岸の入り翌日、お墓参りに行ってきました。
P1057816_01_ss
いつものようにお花とコーヒーやビールを供えてお参り。
けど、実はお供え前にちょっとアクシデントがありまして・・・
P1057807_ss
車から出したとき缶ビールを地面に落としてしまいまして、
穴が開いてビールがシュパーッ
せっかく春らしいデザインのものにしたのに
お供えするときには中身も減ってしまって、ごめんなさい~。

ひととおりのお参りを終えて、シールピもご挨拶?
P1057832_ss

で、お参りしたときにお墓の横に植えられている木をよく見ると、
P1057813_ss
お散歩の遊歩道で見たのと同じような細かい花がついていました。
こちらはややピンクがかっているけど、多分同じ花木。
あらためてこれは何?と気になったので調べてみました。

ヒサカキ」というようです。
神事で捧げられるお榊(サカキ)に似ていて、花言葉も「神を尊ぶ」
榊より小さいので「姫榊」と書くという説や、
榊に非ずということで「非榊(榊に非ず)」と書くという説があるそうです。

木の名前がわかってスッキリ!
それに関連することも含めてまたひとつお勉強になりました

お彼岸の翌日、ちょっと出かけたときにシールピも久々にディスク。
P1057843_ss
P1057849_ss
公園駐車場が閉鎖中でなかなか練習できない今、いい練習ができました。

 
我が家のマメザクラも開花。
P1057850_ss

Hiro坊におんぶしてみたルピカ。
P1057857_ss
おんぶは比較的スムーズにやってくれるようになってきました
でも抱っこは嫌いなんですよねぇ。
フリースタイラーへの道のり・・・は長い

| | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

桜も開花!

3月半ばには早くもソメイヨシノが開花
P1057736_ss

いつもの土手沿いをお散歩。
P1057724_ss

ハナモモは満開!いやもう過ぎてきたかな。
P1057748_ss

飛び石の上に乗ってみた! というか誘導して乗せてみた。
P1057743_01_ss P1057741_ss
うまく誘導しないと何も気にせず川の中を歩いちゃう方々です。
水苦手なルピカが水の中でも歩けるようになったのはいいことだけど、
まだバシャバシャする季節じゃないから

日当たりのいいところは既に結構咲いていました。
P1057734_ss

ルピカはよく歩いている途中でリードをくわえようとします。
P1057763_01_ss
それなら・・・とシトラスのリードをお願いしてみた。
P1057770_01_ss
こんな感じね。
P1057774_ss
ルピカはとても嬉しそうに、シトラスのほうも特に気にする様子もなく、
ふたりで上手に歩いてくれました

 
とても暖かい日で、カラスも水浴び
P1057775_ss

いろいろな花が咲き始めていて、すっかり春です!

黄色が鮮やかなレンギョウ
P1057781_ss

ボケは咲き分けが楽しい!
P1057783_ss

可愛らしいお花スノーフレーク
P1057784_ss

こちらはヒマラヤユキノシタかな?道路の植え込みに咲いていました。
P1057785_ss

同じ植え込みにはアセビがいっぱいに花をつけていました。
P1057787_ss
アセビって有毒成分があるそうですね。
「馬酔木」と書くのも、馬が食べると酔ったような足取りになるからと。
綺麗で庭木としても人気だけど、子供やペットがいる場合は要注意ですね

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

3月に入ってからは・・・

3月中に3月のことが書けるかな

その前に写真がないから書き忘れてたことをひとつ、備忘録として。
2月末、都内の病院へ行ってきました。
経過観察の用件があって毎年この時期に通院していたのですが、
昨年はコロナ禍で不要不急ではないと判断してパス。
でもそろそろ診てもらっておかないとまずいかなと思いまして・・・
結果的に問題なく、また1年後ということになり、ホッとしました。
来年はどんな世の中になっているのでしょうか?

 
では3月に入ってからの日々です。

お散歩でつくしを見つけました。少し遅れて生えてくるスギナも既にいっぱい。
P1057673_ss P1057635_ss
つくしとスギナは同じ地下茎です。
つくしは繁殖のための胞子茎で、スギナは栄養を取り込むための栄養茎。
右の写真を見ると傘が開いてきてるのがわかりますねぇ。

お散歩で呼びかけて見てくれたときのルピカ。
P1057646_ss
すぐにこっちを見てくれないルピカとしては可愛く撮れたほうなのです

その日に出会ったカラス。
P1057649_ss
枯草を一生懸命集めて上手にくわえていました。
巣作りしているんでしょうね。
巣作り時期のカラスは危なかったりするから注意が必要だけど、
頑張っている姿には感心したり応援する気持ちになります。

そしてまた別の日のカラス。
P1057686_ss
ゴミを漁って得たものを木の上に持ち運んでつついていました。
う~ん、これはあまり感心や応援できることじゃないなぁ。
でも好奇心旺盛で器用で賢いことは確かですね。

 
3月上旬、知り合いの結婚式があり、私達もリモート参加。
P1057654_01_ss P1057659_03_ss
コロナ禍で遅れたり大変だったかと思いますが、とても温かな良いお式でした。
あらためておめでとうございます!どうぞ末永くお幸せに

 
お散歩でも街がどんどん彩り豊かになってきていました。 
P1057678_ss
ハナモモは満開で、ミツバチも足に黄色い花粉団子をつけています。
上手に作って上手に花粉を運ぶものですね。

 
翌日、市役所の職員さんが張り紙をしながら遊歩道を回っていました。
P1057680_ss
ソメイヨシノ開花の1週間くらい前。
去年もお花見時期の後に感染増大。今年はどうなるでしょうか。

 
以下の3枚は3月11日に撮りました。

紅いハナモモ
P1057694_ss

黄色いウンナンオウバイ(雲南黄梅黄
P1057685_ss

白いユキヤナギ
P1057692_ss
ユキヤナギを見るとジェラートのことを思い出します。
闘病中だったけど、公園のユキヤナギの前でいい笑顔を見せてくれて。
可愛かったなぁ。頑張ってくれたなぁ。ジェッちゃん

・・・などと思いながら散歩した平和な一日。

東日本大震災からちょうど10年のこの日、その時刻に黙とうして、
いろいろなことを思い出し、考えながら過ごした一日でした。
雪が舞うようなとても寒い日だった10年前と違って、
今年はとても暖かで穏やかな天候の一日でした。

 
さて、次は我が家の加湿器
P1057702_ss P1057703_ss
P1057704_ss 左がもう何年も使用したもの。
右が今年新たに購入したもの。

旧加湿器も十分頑張ってくれているんだけど、
ヒーターを使うと1台だけじゃなかなか湿度が保てないので、2台体制にしてみました。
蒸気モクモク頑張ってくれています。(右)

旧加湿器には水が4リットルくらい入ります。
それでも乾燥続きの冬は1日でほぼ空に。
新加湿器は倍の8リットル入ります。
しかも蓋を開けて上から水を入れられます。
そして湿度設定ができ、設定湿度に達すると休止、下がるとまた加湿開始。
ヒーターを止める夜などは湿度も上がりがちになるので、最近は新加湿器だけをつけて寝ています。

あ、そうそう、旧加湿器後ろの壁紙が剥がれているのはルピカの仕業。
何かかじっても破壊することはなかったのに、なぜかこの壁紙はやられました~

 
久しぶりにかなりの雨が降った日、夕方虹が出ました。
P1057707_ss P1057710_ss
どうやっても電線なしには写せないのが悲しい。。。

 
最後は私の椅子にのっかるシトラス。
P1057719_ss
食卓の椅子だからふかふかじゃないし、別に楽じゃないはずなのに、
ここにのっかって丸まるのが大好き。
私がお茶を淹れにちょっと立って戻ってくると、そこにはもうシトラス
そして私を見上げるんですねぇ。
なかなかに寛いでる様子なので、本当に必要なときはどいてもらうんだけど、
不要不急の場合?は私がその隣で床に座ってシトラスとお話したりします。
それもまたお互い幸せな時間です

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

冬のあれこれ日記(2月-②)

ご近所歩き散歩の日が圧倒的に多い毎日。
花や野鳥を見るのも楽しみのひとつです。

カルガモとダイサギとコサギが一緒にいました。
P1057497_ss
ダイサギとコサギ、一緒にいると大きさの違いもわかりやすいけど、
本当は首を伸ばすともっとわかりやすいんですよねぇ。
P1057499_ss
大きさ以外にも違いがあります。
クチバシの色は、ダイサギが繁殖期は黒でそれ以外の時期は黄色、
コサギは1年じゅう黒。
足の指先は、ダイサギは黒、コサギは黄色。
あとは繁殖期には目の周りの色がそれぞれ変わったり、
飾り羽の様子も違いがあったりで、観察するのは楽しいです。

たまにはツグミさんも撮ってみた。
P1057503_ss
ツツツーっと跳ねながら歩いて立ち止まっては胸を張る・・・
ツグミの説明にもよくそう書いてあるんだけど、なんかその表現が面白い!
でも本当にその通りの動きをするから、見てて楽しくなります。

ツグミといえばドラマの「監察医朝顔」、娘のつぐみちゃん可愛いですね。

こちらはお馴染みのスズメ。
P1057504_ss
いつもこの木(枝垂れ花桃かな?)に大勢でとまっています。
スズメって昔から誰もが知ってるいちばんポピュラーな鳥だけど、
なんか昔より減った気がするのは私だけ?

 
こちらはシロハラ。 
P1057506_ss
シロハラに会えたということは、この日は公園に行ったんだったな。
木の陰をいつもガサガサ音を立てながら歩き回ってるシロハラ。
大概の鳥はその声で存在に気づくのに、足音で気づくという・・・

 
そしてまたご近所散歩。川沿いの梅の木は満開。
P1057509_ss P1057507_ss
そんな写真を撮って、「シーちゃんお待たせ~」と振り向いたら口周りが・・・
P1057510_ss
こらぁ、シーちゃん、何その顔!また土食べたでしょ~
油断も隙もありません。

 
一度だけ都心へ行く機会がありました。
スカイツリーのすぐ横も通ったのでとにかく写真を撮りました。
P1057514_ss P1057516_ss
P1057520_ss P1057522_ss
都会人じゃないもので珍しくて嬉しくてたくさん撮っちゃった。
レインボーに変化するライトアップはとても綺麗でした。
以前は途中途切れて暗い部分もあったのですが、明るくなりましたね

 
こちらご存知ノザキのコンビーフ缶。
P1057527_ss
コンビーフといえば下部をクルクルと巻き取る特徴的なこの缶。
でももうこのタイプは終了したんですよね。
新しいものも台形型は継承されるみたいだけど、クルクル方式は終了。
子供の頃、それが面白くて必ず母に言って開けされてもらってたなぁ。
ちょっと寂しいです

 
突然ですが、たこ焼き器買ってみました。
P1057625_ss
プレート型なので焼けるまで少し時間はかかるけど、
慣れない私達にはそれもちょうどいいし、待ってる間もまた楽しい!
途中からチーズや明太子やお餅も入れてみて、美味しく楽しい時間でした。
これもコロナ禍で家でのんびり過ごす休日が増えたからかな

 
P1057529_ss 右はある日のルピカ。
天井をガン見しています。
天井に映る白い影は、水飲み器に光が当たって映る影。
窓から射しこむ陽の光が反射して天井に映り込みます。
水が揺れると陰もゆらゆら・・・
それがルピカにとってはさらに楽しい~!

この楽しみ、もともとはシトラスから。
シトラスは金属が反射してキラキラ光ったり、
それが天井に映ったりするのが大好きで、
テンション上がっていました。
それが今ではルピカのほうがテンション高くなってしまって、
ルピカはピィピィやかましい!
シトラスはパタパタするものの、静かに楽しんでいたのになぁ。

 
こちらは枝垂れ花桃かな、スズメが群れていたあの木です。
P1057533_ss
スズメが群れていた写真から2週間後、こんなにたくさん咲きました。

川の畔の梅の花が散り始め、花筏になっていました。
P1057547_ss

せっかくだからそれをバックにお写真撮りましょうね~
なんていう私の気持ちはなかなか通じず・・・
P1057542_ss P1057545_ss
シーちゃん、なんでそんなアンニュイな表情なの?

凝りずにルピカのお散歩のときにも挑戦!
P1057548_ss P1057550_ss
P1057552_ss P1057555_ss
あーあー、どうも失礼致しました。
こっち見てくれただけシトラスのほうがよかったような・・・
いや、歩いて来ちゃわず待てできるだけルピカのほうがいいような・・・
とにかく期待した私がおバカでした~

・・・と、こんなふたりですが、それもまた面白いということで、
諦めずにいろいろな写真を撮り続けていきたいと思います

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

冬のあれこれ日記(2月-①)

2月もただただ日が過ぎていった感じです。
それでもシールピと一緒の日々は楽しいです。
なんということないことでも笑えたりするんですねぇ。

このときも、シトラスが面白くて思わず写真撮ってしまいました。
P1057069_ss
Hiro坊の膝の上にあげてもらって寛いでるのはいいんだけど、
なんだか首が背中側に180度回っちゃってるじゃないの~?

と思ったら今度は・・・
P1057070_ss
首が180度回転!更に変な姿になってますけど~?
しかも真ん丸な目の大真面目な顔でこっちを見つめてくる。
シーちゃん、面白すぎる~!

 
2月初め、何日間かアオゲラに会える日が続きました。
P1057333_ss
会えるのは決まって朝早く、Hiro坊が仕事に行く時間帯でした。
「ピョー!」という大きな声が聞こえ、何の鳥だろう?と思っていたところ、
続いて「ドゥルルルル・・・」という木をつつくドラミングの音。
ということは大きなキツツキってことね。
ということはアオゲラ?
P1057344_ss P1057350_ss
やっと姿を見つけ、その大きさからもアオゲラとわかりました。
写真をよく見るとうっすらと頭の赤もわかるし。

朝早くでまだ暗いし、バックが空だからアオゲラ自身が暗くなってるし、
高い枝だからこれが限界という写真だけど、撮れただけでも十分かな。
アオゲラに会えたこと自体が何年ぶりかだし。

 
2月に公園へ行かれた日はどれだけあったかなぁ。

シトラスはディスクだと口の縁を傷めるので、基本はボールで運動です。
P1057401_ss

相変わらずこんなことやってます。そこはディスクでもボールでも一緒。
P1057413_ss

弾いてバタバタするから芝とヨダレまみれになりま~す!
P1057412_ss
でも嬉しそうないい顔してるよね。

もちろんカッコよく決まるときもありますよ~。
P1057416_ss

真夏でもないのにハァハァハァハァ。。。洗濯板みたいね。
P1057426_ss
口の端が赤くなってる。。。
ボールでもこうだから、ディスクだともっと痛めちゃうんですよねぇ。

 

そのあとルピカ。ルピカはディスク練習。
P1057440_ss

飽きっぽいからこまめに休憩。
P1057441_01_ss

休憩中だけど、左の写真は耳の形からして何か他のことに警戒モード。
P1057431_ss P1057435_ss
そんな感じでルピカは外ではあまり寛がない子なんですよねぇ。
いつも警戒モードなのは、ガードドッグとしての性格が濃いのかな。

この1枚は可愛く撮れた
P1057436_ss
なかなかちゃんとこっちを見てくれないルピカにしては上出来!

 
休憩していたら近くにファミリーがやってきました。
お父さんと娘さんがサッカー練習開始。
P1057452_01_ss
こうなるともうルピカは全集中!

そのうち弟さんがラジコンカーで参戦・・・いや乱入か。
P1057453_01_ss
ルピカにとってはますます楽しくて仕方ない状態になりました~。

 
ロウバイが満開になっていい香りが漂っていました。
P1057429_ss

木を見上げたら昨夏の名残が・・・頑張ってるなぁ。
P1057443_ss

 
こちらは普段の歩き散歩にて。
P1057447_ss
大好きなネコさんを見つけたシトラスは暫く固まってました。

2月上旬は車検。
1ナンバーだから、初回だけ2年であとは毎年車検です。
P1057459_ss
車検のために下ろした荷物。夕方にはまた戻します。
このほかにベッド関連のものなどもあり、それらは部屋に入れています。

私達が車のあれこれをしている間、退屈な方々がいます。
P1057460_ss
カーテン被ったまま網戸越しにジッーっと見ているシトラス。
そのうちルピカもやってきた!
P1057466_ss P1057470_ss
網戸に近づきすぎて鼻水だかヨダレだかが網戸についてるよ~。
P1057488_ss
でも作業の間おとなしく待っていてくれました。
まぁもうオトナだからね。

2月はもう少しお写真あるから、ここで一旦締めましょう。

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

冬のあれこれ日記(1月)

1月~2月頃の書きそびれていた日々のことを振り返ろうと思います。
とりあえず時系列で。

まずは1月中。

当たり前だけど、この時期のお散歩は寒い!
P1057232_ss
特にシトラスと行く1回目の頃は地面もバリバリしてたりします。

それでも水鳥さん達は冷たいのなんて平気なんですね。
P1057236_ss

 
大会は今お休み中ですが、1月下旬に一度だけ秋ヶ瀬へ行きました。
スタッフが少ないということでちょっとお手伝いに。
合間にちょっと練習。
P1057256_01_ss
P1057259_01_ss
ほんの少しでもHiro坊と一緒に練習できる機会は貴重です。

 
日々のお散歩では野鳥との出会いが楽しみのひとつ。

たびたび登場するけどコゲラ。 
P1057279_ss

アオサギ
P1057285_ss P1057286_ss
サギって首を縮めているときと伸ばしたときとで雰囲気違いますよねぇ。
正面からの顔ってなかなか面白い。
ちょっとハシビロコウっぽい。色合いも似てるし

 
こちらはジョウビタキの男の子。
P1057293_ss P1057296_ss
前から見たところと後ろからの姿。
グレイの頭、オレンジ色の体。女の子に比べて派手で目立ちます。

 
お散歩後など部屋ではくっついていることもよくあるシールピ。
P1057306_ss

この日はちょっと出かけた帰りにいつもとは別の公園へ。
P1057323_01_ss
実はたまには外食してもいいかなということで、
目の前で揚げてくれる天ぷら屋さんに行ってきたのでした。
美味しくて食べすぎちゃったけど、お散歩してお腹もこなれました 

 
いつもの歩き散歩コース。
この川沿いの土手や、土手から階段を上がった遊歩道を歩きます。
P1057327_ss
大きな川ではないし、この時期は水量も少なくなってしまうけど、
それでも自然を感じられる川となっています。

でもこの黄色いロープ(写真上)付近にはこんな看板が立っていて、
河川管理の管轄が変わります。
P1057331_01_ss
そして川の様相も違ったものに。
P1057326_ss
自然な景観になった側も、昔はこのようなコンクリに囲まれた川でした。

 
自然な川のほうにはいつも何かしらの水鳥がいます。
こちらはコサギ。その名のとおり小さめの白鷺。
P1057360_ss
足先が黄色いのが特徴です。(同じ白鷺でも他のものは足が黒。)
その黄色い足で水底を探るようにゆっくり歩きます。
小魚とか何かいないかなと探ってるのかな?

風があったので頭や胸の飾り毛がよくわかります。
P1057373_ss P1057382_ss
後ろから風に吹かれた姿は面白いわ。

 
1月28日、こちらでもちょこっとだけ雪が降りました。
P1057368_ss
でもほんの数時間、芝生の上がうっすら白くなったくらいで、
アスファルトなどは濡れただけで終わっちゃった感じ。
大雪で大変だった地方もあるのに、こちらはとにかくカラカラ天気でした。

そういえばルピカが来てからまだ雪遊びできるほどに積もったことないなぁ。
シトラスはバジルやジェラートと一緒に雪遊びしたことあるのにな。
来年は一度くらいそんな機会があるかしら?

 
雪は降らなかったけど、寒さはそこそこで霜柱の立つ日は結構ありました。
P1057392_ss
芝を張り替えてまだ馴染んでないところの境目がこんな。。。
P1057394_ss
綺麗に繊細に曲がった霜柱はなかなか芸術的!
けど、その霜柱の上に・・・毛がくっついてる~
まぁシールピがバタバタやってる庭なんてそんなもんでしょう

| | コメント (0)

2021年2月27日 (土)

早春の公園散歩

今また都立公園の駐車場が閉鎖となっています。
緊急事態宣言の解除に向けて最後の引き締めということですね。
我が家も駐車場が使用できないと、やはり公園へも気軽に行かれません。
まぁそういう意味では閉鎖は効果があるということになりますね

 
で、閉鎖になる前日に公園へ行ってきました。
この日はHiro坊もお休みだったので車が使える!
ならばとにかく公園へ行ってこよう!というこに。

まずはシトラス、ルピカの順に運動&練習し、その後みんなでのんびり散歩。
今回はふと思い立って2頭引きリードを使ってみました。
P1057577_ss

2頭引きはずっと昔、バジル&オリーブのときに使っていたんですよねぇ。
シトラス&ルピカではどうかな?と思ってやってみました。
P1057588_ss
あら、案外うまく歩いてくれるじゃないの~
P1057587_ss
呼び戻しなどで方向転換するときはちょっと絡みそうにな感じがするけど、
これが意外とならず、二人で楽しそうに歩いてくれました。

 
園内のあちこちで早春が感じられます。

サンシュユ。この名前は中国の名前。
P1057585_ss
日本の別名はハルコガネバナ(春黄金花)というそうです。s

同じ黄色ですが、こちらはマンサク
P1057609_ss
語源は定かではありませんが、以下のような説があるそうです。
早春に咲くので「まず咲く」からきているという説、
枝に花がいっぱいつくので「万年豊作」からきているという説。。。

ツバキは普通にこの季節でいいのかな。
P1057616_ss P1057617_ss

川のところを通ったら水が無く干上がってしまってる~!
P1057583_ss
これもこの季節には結構あることで、ある意味早春らしいともいえる。
私が日々歩き散歩しているのもこの川の延長線上というかこの川の上流だけど、
そちらはまだ今のところ水が流れています。
干上がらないといいなぁ。水鳥もいなくなっちゃうし

橋のたもとで1枚。
P1057581_01_ss

私とは梅の木の前で1枚。
P1057606_01_ss

梅林には白梅紅梅。今もう満開です。
P1057613_ss P1057621_ss

梅にメジロ。
P1057607_ss

早咲きの桜オオカンザクラ(大寒桜)も咲き始めていました。
P1057592_ss
ちょっと色も濃くて綺麗です。この日は日差しがないのが残念!

こちらも何かしらのサクラ。山桜系かしら?
P1057622_ss

まだお花見シーズンに入る前だし、この日は日差しも少なかったので、
公園は人も少なくのんびりしていました。
もうすぐ本格的なお花見シーズン、今年はどれくらい楽しめるのかしら?
去年の今頃は、まだまだ全く未知のものだったコロナに今より怯えつつ、
それでも1年後もまだこんなことになってるなんて思ってもみなかったな。
来年こそは収束していて、心配の種は花粉症だけになっていますように。

そうそう、花粉症ですが、今年は1週間ほど前から急に来ました!
シールピのトイレ出しでちょっと外に出ただけでもグズグズ
とりあえず薬飲むと症状がほぼ抑えられるので助かっていますが。

| | コメント (0)

2021年2月10日 (水)

秋の新倉富士浅間神社

先週美容院に行ってきました。
この1年は美容院側の負担も考えて、パーマはかけずカットとカラーのみ。
で、今回は思ったより短くなりちびまる子ちゃんみたいな感じ
これまでにもわかめちゃんっぽくなることはよくあったけど、
ちびまる子ちゃんは初めてだわ。
でも皆様にお会いするまでにはそれなりに伸びてるはずだからまぁいいか。
でもということは白髪も伸びてるということだわねぇ・・・まぁいいか

----------------------------------------------

さてさて遡って、昨年秋の河口湖周辺お出かけレポです。
11月、コロナの第3波の警戒が明白になる直前に出かけたときです。
そういう意味では最後のお出かけといってもいいかな。
これ以降は近場の大会以外どこへも行ってないから。

 
前の晩は道の駅都留で休み、朝は早起き!
いちばんで向かったのが新倉富士浅間神社です。
P1046165_ss
ここは河口湖からの帰りなどに中央道で左手に見ていたところなんです。
特に夜には山の方に向かって神社の参道の明かりが点々と見えるので、
以前から気になっていました。

 
駐車場に停めて、まずは頂上のほうを目指します。
あとになって気づいたのですが、駐車場は中腹にあるので、
表参道から順を追って歩きたい場合は、一旦下りてから歩くのがいいかも。
今回は中腹から上り、その後下りてきたのでちょっと前後します

駐車場から出てすぐに本殿の前を通りますが、本殿についてはのちほど。

まずは上を目指して長い階段を上ります。
P1046167_ss
398段あるこの階段の名前は「咲くや姫階段」
P1056288_ss P1046172_01_ss
日本神話に登場する女神「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」は、
富士山の神様とされ、富士山をご神体とする各地の浅間神社で祀られています。
それにちなんで命名されたそうです。
なお階段を使わず、緩やかな小道で上っていくることもできます。

 
上り切ったところにあるのが忠霊塔。富士吉田市の戦没者慰霊塔です。
P1046231_ss P1046256_ss
そして振り返ると富士吉田の街の向こうに富士山!

忠霊塔の後ろには展望デッキがあり、そこからの景色がこちら。
P1046196_ss_20210211162501
五重塔に富士山 素敵です!
春には塔が桜に包まれ、更に絶景となるそうです

その桜の紅葉のなかにエナガの群れが訪れていました。
P1046241_ss
小さくて可愛い私の大好きな野鳥です

帰りはつづら折りになった遊歩道を歩いて下りました。
P1046269_ss P1046265_ss
一旦いちばん下まで下りて、参道からあらためて上ってみることにしました。

 
こちらが表参道入口。脇には富士浅間神社の石柱もあります。
P1056317_ss P1056315_ss

参道を歩きます。紅葉が綺麗!落葉した階段もいい感じ!
P1056318_ss P1056319_ss
歩いていくと鳥居が見えてきます。
P1056320_ss

立派な鳥居です。厳島神社のような6本足のタイプ。
鳥居の向こうには更に参道の階段が続くのが見えます。
P1056298_ss
P1056302_ss 扁額には「三国第一山」とあります。
参道入口の石柱にも同様に書いてありました。

三国第一山というのは富士山のことです。

西暦807年、富士山の大噴火があり、朝廷からの命によって
国土安泰富士山鎮火祭が行われ、その際に平城天皇より
三国第一山の称号や天皇直筆の大鳥居の額などが奉納されたそうです。

 
この鳥居はくぐってから振り返り見るとまたいいんですよ~
P1056292_ss
鳥居の向こうにちょうど富士山が見えるという素晴らしい眺めなのです。

シールピとも鳥居のところで1枚。
P1056305_ss
富士山をバックにしたかったけど、時間的に逆光だったのでこちら側から。

さらに数段上ると狛犬が迎えてくれて境内に出ます。
P1056326_ss

その境内には大きなヒノキの木があり「子育て神木」と呼ばれています。
P1056279_ss P1056281_ss
途中から2本に分岐していて、その部分から幼い杉の木が育っていることから、
子育て神木と呼ばれるようになったそうです。

 
そしてこちらが新倉浅間神社。
正面が本殿。拝殿も一緒かな? 右は神楽殿です。
P1056276_ss
御祭神は木花咲耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)、
大山祗命 (おおやまづみのみこと)、瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと)

本拝殿の下には大きな杉の木の跡。
P1056331_ss P1056327_ss
大正時代の拝殿造営により床下になった樹齢1500年を超えるといわれる
大杉の跡が、昭和59年の神社改修の折に偶然発見されたそうです。

本殿の横にある小さなお社は荒浜神社。
P1056333_ss
機(はた)の神、養蚕の神であり、織物は縦糸と横糸を織るということから
縁結びの神様とされています。

 
御朱印も頂きました。
20201116__01_ss

新倉富士浅間神社は、歴史あるものと、比較的新しいものとが
共存する形で整備され、見ても歩いても楽しめるところでした。
何より富士山を望める様々な景色が素晴らしい!
今回は紅葉の美しい季節でしたが、桜の季節にまた訪れてみたいものです

| | コメント (2)

«シチズンスケートリンク