2020年7月13日 (月)

ジェッちゃん、2年だね

1ヶ月遅れになりますが・・・

6月13日、ジェラートが旅立ってから2年が過ぎました。
Dsc_2530_ss
ジェッちゃん、可愛かったなぁ。笑顔も仕草もすべてが可愛かった

ふと、10年前のその日はどうしていたのかなと思い、
写真で振り返ってみたら・・・

ディスクの仲間の皆様と一緒にBBQしてた~
Cimg1141_01_ss

そうそう、JCが終わってみんなでお疲れ様会したんだったなぁ。
ジェッちゃんが頑張ってくれたおかげで、副賞の海の幸もあって。
Cimg1135_ss 
「はい、アタシ頑張りました!」という笑顔が可愛いねぇ

いちおうその日のことはここに・・・
  http://basil.olive-town.com/2010/06/post-3fd8.html

 
 
そしてその年のJCといえば・・・
アヤのかーさん&アヤちゃんと出逢い、お友達になれた大会。

これこそが、今現在へも繋がる大切なご縁であり、
ジェラートが私達にくれたいちばんのプレゼント!

保護される前のジェラートのことを知っている方に会えてお話できるなんて
思いもしなかったので、本当に嬉しい朝になったのでした

お姉さんのアヤちゃんとジェラート。
Cimg0908_ss
人が大好きなジェラート。
約2年ぶりに会えたアヤのかーさんに対しても最初のうちは
誰に対してもするように「こんにちは~!」と尻尾を振ってご挨拶。

でもそのうち、突然思い出したのね。
Cimg0952_01_ss 
「あっ!あ~!知ってる~!大好きな大好きな~、きゃ~!!!
もうどうしていいかわからないほどの喜びようになっちゃって。
Cimg0953_ss
「ねぇねぇ、アタシの大好きな人なんだよ~
カメラを向けるHiro坊にも弾けるような笑顔で駆け寄っていったね。
辛い状況にあった頃に、優しくしてくれて心の支えだったのね。

長いブランクを経て、場所も環境も全く違うところでの再会、
それでも大好きな人のことを決して忘れてはいなかったというワンコの可愛さ、
健気さをあらためて感じさせてくれたジェラート。
その姿にアヤのかーさんも私も涙が止まらなかったっけ。。。

そしてその喜びをそのまま力にして、最高のゲームをしてくれたジェラート。
あの日のすべてが今も私のなかで全く色褪せずに残ってる
ジェッちゃん、素晴らしい思い出をありがとう
Cimg0988_01_ss

 
アヤちゃんが旅立ち、その5ヶ月後にジェラートが旅立って早や2年、
アヤのかーさんとのおつき合いは今も全く変わらず続いています。
ちょうど10年。その間に思い出いっぱいです。

ジェッちゃん、ありがとうね
ジェッちゃんがくれたこのご縁、私達はずっと大切にしていくからね

 
さっき、ジェラートの闘病中に使っていた点滴グッズ一式を整理しました。
触れられないまま2年が過ぎてしまっていたけれど、
なんだか今日ならできるような気がして・・・
そしてそのぶん楽しかったことを思い出しながら綴ってみました

ジェッちゃん、本当に可愛かったなぁ。会いたいなぁ。。。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

留守宅に招かれざる客が・・・

コロナの心配は終わりませんねぇ。
東京は6月中旬になってやっと都外移動自粛が解除になったのに、
また最近感染者数が増えて、移動自粛のお願いが出てしまいました。
解除後まだどこへも出かけていなかった我が家、
7月末頃にはお出かけしてみようかなと思っていたのですが・・・

ディスク大会も再開していますが、諸々の事情でなかなか参加できずにいます。
シールピは自粛中の運動不足で体力落ちてるし、シトラスは極端に暑さが苦手で
無理すると倒れちゃうし、涼しい会場でもブヨがいるところは私がダメ。
唯一予定していた桧枝岐は中止。でもこれも今年は当然ですよね。

ということで、我が家の活動開始は一体いつになるのやら・・・
少なくとも大会は秋以降になりそうです。

----------------------------------------

さて、3月末から留守状態になっているHiro坊母宅。
それから1ヶ月ほど経った5月初め、転院日に立ち寄ったとき、
思いも寄らないことが起きていると知りました。

家にアライグマらしき動物が出入りしている!

 
その日ポストに入っていたのはご近所さんからのメモ。
「お宅の屋根付近の穴から出入りする動物を見ました。
 2~3回見かけ、目が合ったときもありました」

さらにその方の通報で、交番の巡査さんが確認に来た旨のメモもありました。

実はまだこのメモに目を通さずに家に入ったとき、瞬間的に・・・

なんか臭い!

母もカリンもいないのに、しかもそれとは違う変なにおい
その後メモを読んで事態を把握。
2階を確認すると、天井には今までなかったはずの大きなシミ

  
これは放っておくわけにはいかないということで、
母の転院が無事済んでから、再度Hiro坊母宅に戻り、ご近所さんへ。
詳細を伺ったところ、写真は撮れなかったけど、尻尾がシマシマだった
とのことで、アライグマだろうということになりました。

家の屋根付近の壁の穴も確認。
P1022979_ss
あらまぁ、こんなところが破れて穴あいてたのねぇ

それから役所に相談に行き、そこで駆除業者さんを紹介してもらいました。
GW直前でしたが、ラッキーなこと翌日来てくれるとのこと。

ということで翌日再度母宅へ。
業者さんが外から見たあと屋根裏も見て、状態を確認してくれました。
方針としては、捕獲器を仕掛けて、数日様子をみて、その後に穴を塞ぐ。

 
そしてGW明けに捕獲器を仕掛けてもらいました。
このとき壁の穴についてはまだ完全には塞がず、
もし内部にアライグマがいた場合は外に出ることができるように、
でも一方外からは入って来られないよう対策してくれました。

数日後、その捕獲器を回収。
アライグマは入っていなかったし、業者の方の見立てでも
この一連の作業の間に出入りした形跡はないとのことでした。
ちょっとホッとした~
けど、そのぶんどこか別のお宅へ行って迷惑かけてるのかなぁ・・・
実はご近所さんや業者さんとお話するなかで、ある程度の行動範囲があり、
周辺のあちこちで目撃されているということでした。
でもそれを心配しても仕方ない。我が家はできることをするのみ。
とりあえずこの日は捕獲器の回収までで終了。

 
そして後日、天気のいい日に最後の作業。
屋根裏の清掃・消毒と、壁の穴の補修をしていただきました。
P1023085_ss
破れかかって穴が開いていたところは鉄板で塞がれました。
出来上がったのを見て初めて気がついたのは、右側の屋根下の壁にも鉄板が・・・
ということは、そこも穴が開いていたの?
思ったよりひどい状態だったってことですねぇ

 
でもとにもかくにも一連の作業は終了。
穴は塞いでもらったし、清掃と消毒もしてもらったので、ひと安心!
ご近所さんにも作業終了を報告しました。

 
清々しくホッとした気分で外に出ると、野鳥を発見!
P1023034_ss
全体的に青っぽく、お腹側は赤レンガ色。
イソヒヨドリの雄です。
その名のとおり、もともとは磯や海岸付近にいる野鳥ですが、
最近は街中で見かけることも増えているようです。
私も前に日本平大会のとき、会場付近で見たことがあります。

青い綺麗な鳥に出会えて、「お疲れさま」とご褒美をもらえたような
気分になりました

 
それにしてもやっぱり家って人が住まないとダメなものなんですねぇ。
ただ傷むだけでなく、あやうく別住民に占拠されるところでした

母宅へはその後も定期的に通っています。
郵便物は転送手続きなどもしていますが、ポストには広告なども入るので
その回収や、この季節は雑草の手入れもあるもので。
でもそれだけでなく、これから先考えていかなければならないことが
まだまだいっぱいあるなぁ。。。
まぁそれは追々でいいかな

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

シールピのお誕生日♪

我が家では5月から7月にかけてお誕生日が続きます。
最初がシトラス、続いてルピカ。そしてHiro坊、私、7月初めにカリン。

 
遅くなってしまいましたが・・・

まずはシトラスのお誕生日 5月20日に7歳になりました。
P1023161_ss
いつの間にか7歳にもなったのねぇ。
いつもバタバタうひょうひょしていたイメージだったのに、
気づいてみればすっかり落ち着いた貫禄あるお姉さんになってる
ルピカと比べるから尚更ではあるけど、動きもゆったり感じられるし、
部屋では私たちの近くてまったりと寛ぐのが好きな大人になってる。

とはいっても、嬉しいとき楽しいときの動きは変わらない。
散歩や運動となると大喜びで行く行く~!と引っ張り、ぴょんぴょん跳ねる!

公園での練習はいつも一生懸命だし楽しそう♪
P1023151_01_ss

先に歩きながらも後から行く私を何度も振り返ってくれる。嬉しいねぇ可愛いねぇ
P1023148_ss 

Hiro坊が帰宅したときも、狭い部屋のなかを走り回るし跳ねまくる!
そういうときの真ん丸目の生きいきした笑顔が最高に可愛い~

シトラスにはいつも言っています。
シーちゃん、元気で長生きしてね。これからもその笑顔いっぱい見せてね!
あと大変お手数おかけしますが、これからもルピカのこと、よろしくお願いします!
なんたってシー姉さん大好きっ子だからね

P1022920_cp01_ss
きれいなお花がよく似合う大人になったシトラスです。

 
そして6月7日はルピカのお誕生日 2歳になりました。
P1023144_ss
クローバー畑の中での1枚、いい雰囲気でいい笑顔でしょ~

我が家に来たときはほ~んとに小さくて、なんか虫っぽい感じだったのに、
すっかりボーダーコリーらしくなりました。
お母さんのようになって可愛がってきたシトラスも、
最近はいろいろなことをルピカに任せ、自分は見守っていることも多くなりました。

他のワンコとのご挨拶もそのひとつ。
P1023002_ss_20200621140501 
ルピカはとてもご挨拶上手なのです。
この低姿勢でのご挨拶は皆さんからも「可愛い~」と言っていただけます。

そんなルピカの変な寝姿3連発。
P1023089_ss
「ルピちゃん、変だよ~」と声かけたら・・・
P1023091_ss
目は開けたけどボーッとしてる。耳も片方ないよ~

この寝方も得意なんだよねぇ。その手、変だよ~!
P1023118_ss

こんなふうに爆睡もするけど、様々な音や動きに対する感度も高くて、
いきなり飛び起き、その瞬間から素早く動くける。
自分の興味あること、楽しいことで日々忙しいルピカ。
TVもそのひとつです。
P1012055_ss P1012062_ss
特に好きなのが情報番組。変な子でしょ~
何が楽しいかって、手で指し示す動きが大好きなんですよ。
手指と一緒に顔を振って、たまにうっかりツン!とやってしまったり。
「ルピちゃん、見えないよ。どいてくださいな!」とたまにクレーム入れます

ディスクではまだまだ課題いっぱいだけど、
シトラスとは全く違う能力と魅力があって面白いルピカ。
それを大切にしながら一緒に楽しんでいきたいと思っています。
ただルピちゃん、もう少し人の話を聞いてね。
そして名前呼んだらすぐ飛んできてもらいたいなぁ

 
そんなシールピのお誕生日を今年はふたり一緒にお祝いしました。
というとなんとなく聞こえはいいけど、違います、ごめんなさい
シトラスのときちゃんとお祝いしてあげられず一緒になっちゃったということです。
ごめんね、シーちゃん
でも心をこめてケーキを作りました。
P1023121_ss
シトラス7歳、ルピカ2歳ということで、上にはその数字を、
そしてロウソクに見立てたパプリカは合計9本です。

「待ってね」と言ってちょっと記念撮影
P1023127_ss P1023129_ss
途中「もーぉ、まだかしらねぇ」と顔見合わせてたシールピ。
P1023130_ss
このあと切り分けて、カリンも一緒にみんなでお祝いしました。

あらためて、シーちゃん、ルピちゃん、お誕生日おめでとう~
これからもみんなで楽しい思い出いっぱい作っていこうね

| | コメント (4)

2020年6月 5日 (金)

ひたすら自粛の4~5月

もう6月に入っていますが、またまた遡っての記録です。

4月はじめに緊急事態宣言が出てからは、さらに自粛の日々になりました。
Hiro坊の仕事も4月の予定は白紙になり、テレワークで会議を行うのみ。
我が家全体としても、通院、公園、買い物のみ。
私の通院、シールピの通院、Hiro坊母の転院先病院へ見学&面談。
公園へは時間帯を考え、朝早め、日没近くなどを選んで数回。
買い物へ行くのもどちらかひとり。

あとは本当に家にいましたねぇ。
お陰で私の顔の肝斑が少し改善!出かけるときも必ずマスクだしね。

そんな生活だから写真も撮らないような日々が続き、次の写真は4月下旬。
P1022945_ss
我が家のマメザクラ、最後の1輪。
たった1輪になってからとても頑張って、長いこと咲いていてくれました。

ブルーベリーの花にはハナバチが来てくれています。
P1022949_ss

紫色の小さな花が可愛いベルフラワー(オトメギキョウ)
P1022954_ss
このお花は6年前、バジルが旅立ったときにいただいた寄せ植えのひとつです。
それ以降毎年春先に可愛い花を咲かせてくれています

Stay Home で庭に出るだけの日が多かったかな。
P1022964_01_ss
庭に出たときは、カリンの運動不足解消をルピカにお願いします。
カリンは放っておくと一日中丸くなって寝ています
ドッグベッドを買ってあげたら、あまりに快適すぎたらしく、
ますます動かなくなっちゃったもので

Stay Home な日々はシールピにとっては運動不足。
P1022983_ss P1022986_ss
ガウガウ言いながらの取っ組み合い遊びが日々激しくなる・・・
仕掛けていくのはいつもルピカ。
シトラスは適当に相手してあげながらも、段々本気になったりする。
そうなるとルピカに勝ち目なし!
あまりに激しすぎるときは私が「はい、やめ~!おしまい!」とするけど、
だいたいはシトラスがうまく相手してあげています。
シトラスがふっとやめたときに、後ろから襲い掛かったりする卑怯な妹。
でもそんなことしても一瞬でまた転がされる・・・でも懲りずにまた挑む・・・
そんなことを日々やってましたねぇ

そんな姿を見て、Stay Home とはいうものの、
やっぱりワンコにとっての運動やお散歩は不要不急ではない用事だと痛感

でも更に公園に人が増えているということも問題となり、
4月末には都立公園の駐車場も全閉鎖となり、公園へも行かれなくなりました

 
ということで、できるのはご近所散歩。
P1022989_ss P1022992_ss
シトラスはちょっと暑くてダレ気味だけど、ルピカはとっても嬉しそう!
ふわふわなお友達ともご挨拶。
P1023002_ss

川沿いには花ショウブ。ここには赤紫系ピンクのものが群生しています。
P1023000_ss

最近はキショウブも増えてきました。
P1023044_ss
きれいだけど外来種。増殖しすぎて在来種を脅かさないといいんだけど

 
土手沿いで少しだけボール遊びして、あとは歩き散歩の日々。
それでもまずまず満足して、そのあとはよく寝てくれます
P1023004_ss
ハウスの上がルピカのお気に入りの場所。
それにしても・・・うすっぺた~い!

 
公園駐車場の閉鎖中、少し離れたところにコインパーキングを見つけたので、
2~3回だけ公園へも行ってみました。

「早く投げてくださいな~」とHiro坊を見上げるシトラス。
P1023009_ss
ちょっと待って!シーちゃんのヨダレでヌルヌルなんだよ~

歩き散歩だとボール遊びしても数メートルしか走れないけど、
公園でロングリード使用するともう少し長い距離走れて、いい運動になりました。

ルピカはディスク練習あれこれ。
P1023011_ss
なんだけど、常に周りが気になって仕方ない。。。
このときは前方のサッカー親子に注目!
飽きずにずっと見ています。
思わず動きそうになるときもあるけど、「No!」「待て!」で
その場に留まっていられるようなので、以前よりは進歩したかな

 
公園の花壇にちょっときれいな花があると思ったら・・・え、ジギタリス?
P1023023_ss P1023024_ss
シギタリスに毒があるということは知っていたので、こんなところにあってビックリ!
もちろんすぐ横にちゃんと注意看板が立っていました

 
GWということも全く感じることなく日々が過ぎていきましたねぇ。

その後、緊急事態宣言は順次解除になっていきましたが、1都3県はまだまだ。
なので我が家の生活もまだまだ変わらず。

相変わらずシールピは部屋でバトルを楽しむ日々。
P1023048_ss P1023055_ss

闘うだけじゃ足りないルピカは、掃除機にも挑んでくる。
P1023062_ss P1023064_ss
早く動かないかな~。
P1023067_ss

ふたりして静かだから何してるのかな?と思ったら・・・
P1023070_ss
庭に来たムクドリ(右奥にいるのです)に注目していたのでした。
自由にどこへでも行かれる鳥さん、羨ましいねぇ

 
そんな二人にはお構いなくハウスで爆睡するカリン
P1023086_ss
暑くなってきたから、今までのようにベッドで丸まっていられないらしく、
よくこんな感じにずり落ちてます。
ワンコってよくこんなふうに頭が落ちた体勢でいたりするけど、
それでいいのかしら?楽なの?頭に血が上っちゃわないのかしら?
いや、いくら快適だからって、この場合はベッドからお尻下ろしたら?

 
自粛中で人に会わない日々だったけど、ご近所さんからは嬉しいいただきものを。
P1023047_ss
毎年きれいに咲かせて、私にもお裾分けしてくださいます。
バラは香りもいいですね。ありがとうございます

 
もはや日課のシールピバトル。
シトラスがゆっくりしていたいときでもルピカはお構いなし。  
P1023081_ss P1023080_ss
シトラスが「ウザい!」といって反対側を向いてもしつこい。。。
P1023082_ss P1023079_ss
顔をかじってみたり、それでもダメだと尻尾の毛を引っ張ってみたり・・・

そして我慢の限界に達したシトラス反撃!
P1023075_ss
うひゃひゃ!シー姉さんが動いてくれた~!
最終的には何やっても敵わないのに、大喜びのルピカ。
よかったね、ルピちゃん!
でもわかってる?シー姉さんがいつも手加減してくれてるってこと。

そして、たまにはどう頑張っても相手してもらえないときも・・・
P1023083_ss
諦めてその場に一緒につぶれるルピカ。
大好きなシー姉さんの近くにいたいのね。
可愛いね、ルピちゃん

そしてシーちゃん、緩急つけたお相手ご苦労様でした
P1023078_ss
はぁ、もう大変ですよ~!白髪だって増えちゃってるよ~
早く普通の生活に戻って、ルピちゃん疲れてくれないかなぁ。

 
そんな日々を過ごしているうちに5月も過ぎ去り、
東京も緊急事態宣言は解除となり、段階を追って生活が動き始めました。

私にとって一番嬉しかったのは、公園駐車場が再開したこと
これでまた公園へも行かれる~
ただ、しばらくの間はHiro坊が車で仕事へ行くことにしたので、
私の公園通いは週1回あるかないか・・・

ということで、歩き散歩が続いています。
でもお陰でルピカはお散歩時の引っ張りが減り、上手になってきました。
案外いいこともあったかな

自粛生活を頑張った日々の記録でした。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

控えつつも公園へ行かれた頃

こちらでもやっと緊急事態宣言が解除されました。
でも今はまだ段階を経て徐々に徐々に・・・
日々の生活もまだ自粛中とあまり変わっていません。
あ、でもひとつだけ・・・一度だけど、公園へ行かれた~!

---------------------------------------------

さて、ブログはまた遡りまして・・・

3月末に東京都から不要不急の外出自粛要請が出て以降、
我が家の大会生活もエントリー済みのものもキャンセルし、
完全にお休みに入りました。
やはり東京から他の地方への移動は控えるべきと考えたので。
まぁHiro坊母の入院もあり、自粛要請でなくてもそうなったと思うけど。

それでも緊急事態宣言が出るまでは、人の少なそうな時間帯を選び、
いろいろ注意しながら公園へは行っていました。

 
4月初め、こちらはHiro坊母の病院へ行った際に立ち寄った公園で。
P1012530_ss
ルピちゃん、何を見て立ち上がっちゃってるの~?
そのあとはサッカーしてる男の子とお母さんを凝視。
P1012537_ss P1012536_ss
「何見てるんだかねぇ」みたいな表情で振り返るシトラス姉さん。

 
まだ地元の公園へも行かれた頃。
私の大好きな桜オモイガワが咲き始めました。
P1012592_ss
桜の間から「ルピちゃん」と呼びかけて撮っていたら・・・
P1012597_ss
「ちょっと~!食べちゃダメ~!!」
間一髪でHiro坊がリードを引き、事なきを得ました。
けど危なかった~
いや食べたってルピカにとって害はないけど、みんなが楽しむ公共の場に
せっかく咲いたお花を食べるなんて、けしからんでしょ。あり得んでしょ!
ったくもうルピカったら、何をするかわかりませ~ん!

 
お散歩の途中で切り株に乗せてみた。
といっても「ここ!」と指さしたらて自分で乗ったんだけど。
P1022684_01_ss P1022688_ss
なんだか誇らしげじゃない?
で、シトラスも乗せてみた。シトラスはふわっと飛んで乗れる。
P1022697_ss
密な状態だけど、シールピにとっては嬉しいんだよね。

 
桜をバックにふたりの可愛い写真も撮れました。
P1022630_ss

途中で注目させるためにちょっとボールを転がしてみた。
P1022665_ss
じーっ! まぁこうなるわね。

そして更にもう少し撮ろうとあれこれやって長くなったら・・・
P1022668_ss P1022670_ss
右に左にとぴょんぴょん跳ねるシトラス姉さん。

これ前にも見たことあるよ~。っていうかよく見るかな。
Dscn4555_ss Dscn4557_ss
こちらは2年前の御前崎。ジェッちゃんの左右をぴょんぴょんしてたっけ。
御前崎といえばGWだから約1ヶ月後ってことだね。
コロナ禍の今年は全然違う生活になってしまってるのを痛感します。

 
公園のメイン広場もほんわか春色。
P1022727_ss

桜だけじゃなく他のお花も咲き始めて賑やかです。
P1022709_ss

シトラスとルピカ、練習は別々に。
というのもルピカの練習中、シトラスが大人しくしていられないから
やっぱり後輩の成長は気になるのね。
P1022818_ss P1022832_ss
それにしてもこの対照的なふたり。
ジャンプがカッコイイ~!けど、なぜそこにボールが?なシトラス。
動きは地味ね~。けど最後までよ~く見てキャッチが上手なルピカ。
でもタイプが違うからまた楽しいのです。
P1022770_01_ss P1022773_01_ss
日陰が心地よい季節になってきました。
といってもまだまだ葉っぱが少なくて日陰が少ない。。。葉っぱ頑張れ!

 
こちらは桜2品種。左はアマノガワ、右は楊貴妃。
P1022756_ss P1022914_ss
アマノガワは天に向かって伸び、楊貴妃は色あでやか。ともにぴったりの名前!

 
花壇にはネモフィラの花。
P1022918_ss
有名なのは国営ひたち海浜公園ですね。
コロナ禍の今年も、観光客のいないなか一面綺麗に咲いている映像を見ました。
この代表的な品種は「ネモフィラ・メンジェシー」の「インシグニスブルー」

ブルーの他にも種類があるんですね。
P1022925_ss P1022928_ss
斑入りは「ネモフィラ・マクラータ」別名「ファイブスポット」紫の5点が特徴。
真っ白は「ネモフィラ・メンジェシー」の「インシグニスホワイト」

そのネモフィラの咲く場所での1枚。
P1022920_ss
あ、これ、花畑の中に入り込んじゃってるようだけど、違いますよ~。
シトラスのいる場所だけ、マンホールがあってコンクリ打ちなのです。
チューリップも咲いて色とりどり!

 
タンポポの綿毛が綺麗なまん丸に撮れました。
P1022929_ss
去年は白いニホンタンポポに出逢えたんだけど、今年は見つけられなかった。
貴重なものだから、今年私が会えなかったとしても、なくならないといいな~。

 
何をするにも心地よい季節。
P1022889_ss P1022906_01_ss
「ところで父ちゃん、最近いつもそれしてるけど?」と見上げるシトラス。
来年はマスクなしで心おきなく春を楽しめるといいですね。祈っています。

このあとすぐ、緊急事態宣言が出たんでしたねぇ。

| | コメント (2)

2020年5月23日 (土)

今年の春は・・・

春はお花が咲き始め、街に彩りが戻り、生きいきとした季節。
でも今年はコロナのお陰でちょっと残念な春になってしまいました。
それでも3月末に都知事が感染爆発の重大局面という緊急会見を開くまでは、
いろいろ注意しながらも公園へは通っていました。
とりあえずその頃に撮った写真を中心に・・・

 
お花見の自粛要請の直前、もともと人が少ないいつもの公園。
P1012228_ss
Hiro坊と一緒のお散歩は楽しいね。
P1012239_ss

地面近くで咲き始めたフデリンドウ。黄色はレンギョウ。
P1012221_ss P1012217_ss

品種名はわからないけどツバキだよね?どちらもとても美しい!
P1012249_ss P1012254_ss

スノーフレークはヒガンバナ科。たしかに葉っぱが・・・そしてふじ色が綺麗なスミレ。
P1012295_ss P1012253_ss

色の違いが楽しいボケ。黄色い小花はヒュウガミズキ。
P1012258_ss P1012257_ss

 
この頃はオリンピックもどうなるのかと心配でしたねぇ。
いつも配達で来てくれる郵便屋さんとオリンピックの話をして、
つい買ってしまいました。
P1012350_ss
東京2020オリンピック・パラリンピック記念切手。
中止になったら「幻の」だし、延期になったら「2020」はどうなる?
なんて話をしてて「じゃぁ買います」と。
郵便屋さんも上手だ~!
まぁ私も、父が郵便関係の仕事だったこともあって、
大昔は切手集めしてたんだったな。

そしてこれを買って数日、オリンピックの延期が決まりました。
この時点では、それだけでもホッとしたっけなぁ。

 
そしてまた別の日の公園。
しっかり前を向くスイセンと、下向きに咲くクリスマスローズ。
P1012334_ss P1012348_ss

色鮮やかなベニバナトキワマンサク。オオシマザクラの白と青空をバックに映える~!
P1012321_ss

この日ディスク練習の途中で撮りました。
P1012311_ss
頭にロングリード・・・わざとやったんじゃないですよ。たまたま。
それにしても普通は気にすると思うんだけど・・・
シーちゃん、それ、そのままでいいの?気にならないの?
なんか代々うちの子達って、あまりこういうの気にしないのよねぇ。

この間も話したユキヤナギの前でまた1枚。我ながらしつこいけど。
P1012330_ss
ほぼ満開!そしてルピちゃんもちゃんとモデルさんしてくれた!

 
この翌日だったなぁ、Hiro坊母が倒れたのは。
そして都知事の自粛要請会見が行われたのもこの頃。
なので、このあとは出かける回数が減りました。

 
これはHiro坊母のことが落ち着いた翌日、
シトラスの病院へ行った帰り、ちょっとお散歩してきました。
P1012384_01_ss

シールピのところに子ども達が来てくれて撫でてくれました。
P1012395_ss P1012397_01_ss
お家でもワンコを飼っているというお兄ちゃんはワンコ大好き!
シトラスもルピカも小さい子に接する機会は多くないけど、
ちゃんと嬉しそうに大人しく撫でてもらっていて、私も嬉しかったな~。

この黄色いのはウンナンオウバイ。
P1012416_ss
これだけじゃなく、菜の花、レンギョウ、ヤマブキなど、
桜の季節は黄色い花も綺麗なものが多いですね。

この歩道を歩いてるときにも子供達がきてくれた!
P1012455_01_ss
柵越しに顔を出すルピカ。すっかり子供達大好きだね。

途中ひと休み。
P1012434_01_ss

桜の花の間にコサギを発見!
P1012427_ss 
羽を伸ばしたりつくろったり・・・
P1012425_ss P1012424_ss

こんな子もいました。
P1012445_ss
最近増えているワカケホンセイインコ。
この鳥だけじゃないけど、お花を食べて千切って落としちゃうんですよね。

帰りに桜並木を歩いていると、桜吹雪になりました。
P1012459_ss P1012461_01_ss

 
すっかり春のようだったけど、翌日はこの冬?春?いちばんの雪が降りました。
P1012520_ss
我が家の庭では8センチくらい積もりました。

せっかく咲いたマメザクラにも・・・湿り気の多い雪が重そう。
P1012518_ss

シールピは雪遊び。
P1012489_ss P1012492_ss
去年はほとんど降らなかったから、ルピカはにとってはほぼ初めての雪遊び。
とりあえずシー姉さんを見習って走り、投げた雪玉を咥えようと頑張っていました。
ルピちゃん、上手に遊べたね。楽しかった?
あとは夏の水遊びも、シー姉さんをお手本に楽しんでもらいたいなぁ。

部屋に戻って寛ぐふたり。
P1012523_ss
このときはルピカの体の上にシトラスが顔をのっけてた。
いつもは逆なのに・・・珍しくて可愛いから撮ってみました。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

遡って早春の頃から

ここ暫くコロナやHiro坊母の話題ばかりだったな。
シールピすらほとんど出てこなかったような・・・
このへんでちょっと遡って日々のことを書いてみようかな。
お花の写真もあるし。
今はもう初夏に近づいちゃったけど、早春の候まで遡ります~。

 
2月末。この頃はまだ普通に公園に通っていましたね。

開花間近のハクモクレン。これを見るといつも春を感じます。
P1012053_ss

運動するにもいい季節で、シトラスもルピカも楽しそう♬
P1012051_ss P1012072_ss

それから10日後の3月上旬。

黄色いサンシュユ。早咲きのカンヒザクラ(寒緋桜)は濃いピンク。
P1012108_ssP1012105_ss

絞りのツバキが綺麗! ウメの花はもう満開。
P1012109_ss P1012092_ss

そしてあっという間にハクモクレンは満開!
P1012095_ss

ソメイヨシノより一足早く咲くオオカンザクラ(大寒桜)も満開!
P1012111_ss
メジロやハチの姿も春を感じさせてくれますね。
P1012115_ss P1012113_ss

小花が可愛いユスラウメ。クロッカスも春の代名詞。
P1012133_ss P1012125_ss

ヒメシデコブシは八重で綺麗。早めのシダレ桜もほぼ満開。
P1012142_ss P1012163_ss

ユキヤナギも綺麗になってきて・・・
実はここは2年前にジェラートがいい笑顔で写ってくれた場所。
Dscn4017_ss_20200520161301
ほら、いい笑顔でしょう?
前庭疾患でちょっと傾いてたけど、それでも楽しく公園に行ってた頃。
だからジェッちゃんと大の仲良しだったシトラスも同じ場所で同じように・・・
P1012134_ssP1012157_ss
・・・同じようにはいかなかった~!(写真左)
シーちゃんったら、待てできなくてすぐこっちに近づいて来ちゃうし、
やっと撮れたものも、なんでそんなアンニュイな表情???
いつもいい笑顔してくれるのに、この日はなんだかダメだったんだなー。

なので、そのあとルピカに同じ場所で挑戦してもらいました。
そしたらいい笑顔してくれた~ ルピちゃん、ありがと!
そうね、あなたもまたジェッちゃんと縁が繋がってるんだもんね。

 
すっかり春のようだけど、まだまだ雪が降った日もあって・・・
P1012176_ss P1012172_ss
でも積もらずあっという間に解けました。

そして3月中旬。
満開から10日後のハクモクレン。。。あっという間なんですねぇ。
P1012183_ss

お彼岸の入りの日には父母のお参りに行ってきました。
P1012191_01_ss P1012195_ss
写真左、手前が我が家のお墓ですが、その後方が・・・
実は昨秋の台風で後方の山が崩れてしまったのです。
工事車両の手前には、お墓が被害に遭った方のための仮設献花台も。
最近「何十年に一度の・・・」という表現をよく聞きますが、
ここにも何十年もなかったことが起こってしまったんですね。
まぁそしてコロナに至っては人類史上初のような事態だし。。。
すべての意味での平和な日常が戻り、続くことを祈って止みません。

ハウスの上が好きなふたり。でもその恨めしそうな顔はなんですの?
P1012197_ss
お墓参りでお留守番の時間が長かったからですか~?

その翌日、また私はしつこくもユキヤナギの前で挑戦!
P1012198_ss
シトラス、目つぶっちゃってるけどちゃんと待てしてくれたから載せとく~

3月20日、我が家のマメザクラが開花しました。
P1012207_ss 
一重で下向きで小さく控えめな花だけど、そこがまた可愛いです。

そしてこの後すぐでしたね。
コロナ関連の状況が悪化し、生活がどんどん変わっていったのは。
時期を同じくしてHiro坊母の状況も変わったのは・・・

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

お雛様も新しい生活様式?

コロナによって「新しい生活様式」という言葉が出てきていますが、
こんなところにも・・・

2月上旬、備前大会の帰りに立ち寄った郡上八幡城の内部展示です。
P1011831_ss
捨てられてしまうお雛様に再度活躍の場を・・・という試みで集まった雛人形。
それについてはまた別途レポしようと思いますが・・・

これ、注目するところはお雛様たちの顔。(クリックすると拡大します)
P1011831_01_ss
みんなマスクをしているんです!
そして下に置かれた札には「しっかり手洗い!」

女性たちも皆マスク姿。
P1011833_ss
卓上の札には「予防のためにマスクをつけてね!」「しっかりと手指の消毒を!」

何十人ものすべてのお雛様が全員マスク姿になっていました。
まだ感染爆発する前の2月上旬にこれを見て、感心していたものでした。
あの頃、私達全員がこれくらい危機感を共有し、徹底していたら、
この数ヶ月も違ったものになっていたかもしれないですね。

 
新しい生活という点では、我が家にも変化が・・・

先週からぼちぼち通勤再開したHiro坊も、今は接触を減らすため車通勤。
そしてHiro坊が乗って行ってしまうので、私は車なし生活。
車がないとシールピとの公園通いができない・・・となるところだけど、
今は公園も駐車場が閉鎖中だから、ある意味ちょうどいいというか・・・
ということで、シールピはご近所散歩。
別々で行くので結構時間かかるけど、お陰でお散歩が少し上手になったかな。
ただ運動不足は否めなく、部屋ではいつもより激しくガウガウ闘ってます。

買い物もなるべくどちらかひとり、自分の病院も延期したりして最低限、
美容院も行くの延ばして髪が伸び、白髪いっぱい!
暑いの苦手だけどマスクして、帰宅すると手洗いとうがい、
外に出たときはあちこちで手指の消毒するから、アトピー持ちで湿疹のある
私にとっては手が荒れて痛い~!

なので、新しい生活様式といっても、やっぱりこのままというのは困る。。。
今やっとこれまでの頑張りが数値にも表れてきてるようなので、
もう少し!もう少しの間、頑張りましょう!
制約や努力は必要だとしても、いろいろなことを罪悪感なく楽しめる日が
来るまでもう少し、頑張りましょう!

| | コメント (2)

2020年5月 9日 (土)

ホッとしつつ思うこと

コロナでは呼吸器系の持病のある人は重症化しやすいということで、
先日、喘息の吸入法等についての「ためしてガッテン」を再放送していました。
気づいたHiro坊が喘息持ちの私に「これ見なさい!」と。
あらためて予防のための吸入の大切さを痛感。
今は発作を起こすことのないよう、日々予防の吸入をしています。
------------------------------

Hiro坊母の転院が無事に済み、ちょっとホッとしています。

思うことはいろいろあります。
Hiro坊母には高血圧や不整脈があり、ずっと定期通院して服薬していました。
その関係で何か起きる可能性は考えていましたが、脳の関係で突然とは。。。
今後も意識が戻るかどうかはかなり難しいようです。

こういう形で倒れ、話もできないままというのはやっぱり悲しいです。
だから一度でも一瞬でも意識が戻って、何かしら意思の疎通ができたら・・・

ただ一方で、意識が戻ることがHiro坊母にとっていいことなのかどうか、
意識が戻って、自由がきかない自分の辛い状況を知ることになるより、
穏やかに眠っているこのままのほうがいいのかなと思ったりするわけです。
それに今はコロナで面会できるわけでもないので、意識があるのに面会もできず
寂しい思いをするより、今の状態は母自身にとってはいいのかなと

Hiro坊なんて、「母さん、なんか持ってるねぇ」と。
実は過去、超猛暑の夏に骨折で入院中、大震災のときは目の手術で入院中、
そしてコロナの今回と、世の中が大変なときは入院してるHiro坊母。
たしかにそんなときは入院してたほうが安全だし、私達も心配しないで済む。
だとしても「もってる」って表現・・・
でもそんな感じでいい方向に捉えています。


転院先は長期療養が可能な医療療養病床がある病院です。
建物は明るく綺麗で、廊下や部屋も広々としているし、
すぐ前には小さな森があり緑豊か。鳥のさえずりも聞こえます

残念ながら、今のところHiro坊母がこの環境を楽しむことはできないけれど、
面会に行く私達が明るい気分でいられるというのもまた大切なこと。
前の病院のSWさんもそう言ってここを紹介してくれました。

新しい担当の先生からは
「ご病状からして、こちらで最期までお引き受けするという形になるかと思います」
そんな話になるのは寂しいことではあるけど、ホッとしました。
Hiro坊母自身はここで穏やかに療養できるわけだし、
私達にとっても先のことがほぼ見えて、心配が減ったのです。

 
介護が始まって10年、最近は認知症もかなり進んで様々なことが難しくなり、
Hiro坊母のひとり暮らしも限界にきていました。
かといって、過去に骨折や目の手術後に我が家で一緒に暮らしたとき、
認知症がより進んでしまう感じがあり、我が家で同居することは母にとって
決していい選択肢ではないとわかり断念。
自宅で自然に過ごすのが最良と考え、みんなで頑張ってきました。

最近は介護保険いっぱいまでデイサービスとヘルパーさんのお世話になり、
週末は私達が通ってなんとかやってきました。
でも段々と対応すべきことも増え、私達も大変になってきていました。
昨年の認定で「要介護3」に上がったことから、特養への入所希望申請も出し、
入所も視野にその前段階としてショートステイも取り入れていました。
ここまで頑張ってこられたのも、ケアマネさん、デイサービスの全スタッフさん、
ヘルパーさんのお陰で、皆様には本当に感謝しています
変わっていく母にも臨機応変に対応してくださって。。。

 
それでも見守りの目は常にあるわけではないので、不安がいっぱいでした
食事はできているか、転んだりしないか、夏は熱中症、冬は高血圧での脳溢血、
そして右目まで見えなくなったらどうしようなど体調に関する心配。
加えて、火事を起こさないか、勧誘など騙されたりしないか、ご近所さんにも
心配や迷惑などかけていないか・・・等々、とにかくいつも心配でした。

 
そんなこともあって、ある意味「終の棲家」ともいえるところが決まり、
そこに快く受け入れてもらえたことで、私達も今ホッとしています。

それに今度の病院は我が家から車で1時間足らずと近い!
もちろんもっと近い病院を探すことも出来たかもしれないけれど、
平塚にいるHiro坊姉もたまには行けるよう、ある程度中間地点で考えました。
今までHiro坊母宅や病院まで1時間半かけて通っていたことを思うと、
その途中にあるので、ものすごく近くて楽に感じます

といっても今は面会できないので、病院に行くこともなくて、
逆に母宅には留守中の郵便物など用事もあって通わなければならないかな。
面会可能になったら、母に刺激を与えるためにもHiro坊と私で通いましょう!

| | コメント (2)

2020年5月 4日 (月)

Hiro坊母のその後(転院へ)

Stay Home 週間なGWです。
皆さん同じでしょうが、こんなにどこへも出かけないGWは初めてです。
もっとも我が家は不要不急ではないHiro坊母の用事で2日間出かけましたが。
またこんなときに限って、今年はとても天気に恵まれたGWなんですよね。
でもみんな頑張ってます。この頑張りはきっと結果に表れ、未来に繋がるはじ。
もう少し頑張りましょう!

-----------------------------------

HIro坊母が倒れ、入院してから1ヶ月が経ちました。
そして実は数日前、長期療養のために転院しました。

それまでの間に病院からの電話連絡が数回。
・コロナ疑いがなくなり個室から一般病室へ移動したということ。
・肺炎が落ち着いたので内科病棟から脳外病棟へ移動したということ。
・その他、面談の日程、入院費の支払い、転院に関すること等々。

 
そして病院へ足を運んだのは2回。
1回は入院費の支払いで、そのためだけに往復3時間。面会もなし。

もう1回は入院1週間後の面談。
母の経過について先生からお話があり、続いてソーシャルワーカー(SW)さんと
今後について相談しました。
この時点で脳には少し出血も出ているし、意識不明の状態は変わらず。
ただ肺炎は改善されてきたので、もう少ししたら長期療養が可能な病院に転院する
という方向で話を進めてもらうことになりました。
ソーシャルワーカーさんが、いくつか候補の病院を提示してくれて、
その中で私達の希望に合致する病院があったので、その場で打診を依頼しました。
この日は一般病室で寝ている母に一瞬会うことができました。


その後、SWさんが話を進めてくれた転院先病院へ見学に行きました。
コロナの関係で病室などは見学できませんでしたが、いろいろ説明を受け、
安心してお願いできると感じ、正式に受入れをお願いしました。

 
そして 5/1(金)転院。
一度、入院中の同じフロアで発熱患者が出たということで1週間延期になり、
また母自身も一度嘔吐して様子見状態でしたが、2日前にOKが出ました。
病棟で看護師さん達に見送っていただき、ストレッチャーで介護タクシーに。
介護タクシーはハイエースロングハイルーフ。母と一緒にHiro坊が同乗。
私は我が家のハイエースで転院先病院へ向かいました。

「車の中ではどんな感じだった?」と尋ねた私にHiro坊は
「やっぱりロングハイルーフは広くていいねぇ」とか言ったりして、
いや、そこじゃないでしょう~!
まぁそんな感じであまりて深刻になっていない私達です
無事に転院できたことで、今とてもホッとしていますし。


転院先の病院では担当の先生と面談。
前の病院からの紹介状では、病名「小脳梗塞」と記されていました。
小脳は運動機能をつかさどる大切な働きをしています。
直後から小脳の腫れがあって脳幹を圧迫しているとは聞いていましたが、
あらためて影響が大きいことを感じました。

その後、看護師さんに病棟案内してもらいました。
看護師長さんはとても明るく気さくな方で、病棟に元気が出る感じです

ひととおりの手続きを終え、必要なものを買いに一旦外に出てまた戻り、
母の病室へ。

転院直後に顔を見たときはちょっと険しい顔つきをしていましたが、
病室ではとても穏やかな表情でした。
そしてHiro坊が「お母さん!」と声をかけたら、少し反応が・・・
瞼が動いてほんの少し目が開いたのです!
ただ、開いた左目は病気によって視力がほとんどないほうの目だし、
見ようとしているわけではないような・・・
それでも声に反応するということがわかり、ちょっと嬉しくなりました
本当はもっと面会できて、声をかけたり刺激を与えられたら違うのかな。
残念ながら今はコロナの関係でそれができませんが、
面会できたときにはまた一生懸命声をかけてみようと思います。

 
と、無事転院できたところで一旦終了します。
続きはまた・・・

| | コメント (0)

«Hiro坊母のこと。。。