2022年1月21日 (金)

浜名湖帰りの寄り道

浜名湖の帰り、夜は静岡SAで休みました。

そして朝のお散歩。
小さな芝山があってお散歩には最適。その頂上でお写真。
P1102627_01_ss
結構風が吹いていて、カリンやシトラスの毛はちょっとなびいていますが、
そんなことは微塵も感じられないお方がひとり。
どんな強風でもルピちゃんの耳はピーンとしたままなんだろうね
P1102631_ss
カリンもここまで自分で上ってきて自分で下りました。
14歳半、まだまだ歩いて動いて元気でいてもらおうと思っています。

 
東名よりも富士山に近い新東名。つい写真を撮ってしまいます。
P1102635_ss
静岡側から見る富士山。
P1102636_ss
右の方にちょっと雲が増えてきてる・・・
と思いつつ、その雲の方向である山梨方面に走っていくわけで、
それから5分くらい走ってもう一度見たら・・・
P1102637_ss
もう雲に隠れちゃってる~!
見る場所や角度によって全く違った姿をみせてくれる富士山です。

 
その先、駿河湾沼津SAで休憩。
ちょうどイベント広場ではわんわん大サーカスの時間でした。
P1102650_01_ss P1102660_01_ss
P1102686_01_ss P1102670_01_ss
ワンちゃんたちはみんな可愛いし身軽だしお利口さん!
この逆立ちのお兄さんに乗っかってるジャックちゃんなんて、早くやりたくて
自分の出番が来る前からウロウロ出てきちゃったりして笑いを誘ってました
でも何よりみんなとっても楽しそうでした
根気の要ることではあるけど、楽しく訓練して楽しく本番に臨んでいるんですね。
ルピちゃん、私達も頑張ろうね!

 
高速上だけでも結構楽しみながら帰ってくることができました。
次にちょっとした遠出ができるのはいつになるのかしら?
この直後くらいからまた一気にコロナの状況が厳しくなってきてしまったので、
心配の少ない頃にこうして出かけられてよかったと今あらためて思っています。

| | コメント (1)

2022年1月18日 (火)

久しぶりの浜名湖

今年になって最初の大会は浜名湖大会。

去年は緊急事態宣言が出て行かれなかったので久しぶりです。
P1102579_ss
冬の朝ですねぇ。中央に見えるのは浜名湖ガーデンパークの展望塔。

こちらもここでのいつもの光景。
P1102588_ss
いくつもの鳥の群れが次々と移動していきます。

 
フリー1R、ルピカとはタイミングが合ってこれまでのなかでもいい感じ。
一方シトラスとはミスが多く、ルピカとほぼ同じポイント。

 
2Rディスタンス。これがまた内容は違うけど、全くの同ポイント。

ルピカ、ゲーム前にはちゃんとHiro坊を見上げて集中くれてる。それだけでも進歩。
P1102599_ss P1102601_ss
戻りとディスクの返しは相変わらず課題。
今回は後ろを向いて呼び込み。練習だと結構いいんだけど、
本番になると全く違う動きするんですよねぇ。
ルピちゃん、どういうことなのかなぁ?ちゃんとお話してみたいよ~!

シトラスは毎回「果たして今日はキャッチできるかな?」と臨みます。
P1102602_ss P1102603_ss
この日は4本目でややテンション落ちるも、最後の1本走り込んでジャンプ。4P!
シーちゃん、頑張ったね。この1本は大切だったよ。

そしてとても嬉しいことにシールピともに決勝に残れました。
G1でルピカが決勝に進んだのは初めて。
内容的にはまだまだだけど、これは素直に嬉しかったです。

 
新年の浜名湖はG1クラシック。久々のディスクセレモニー。
P1102609_ss P1102604_ss
コロナ禍でずっとディスクセレモニーも中止となっていましたが、今回から復活。
といってもコロナ対応として、スタッフからの手渡しではなく、用意された決勝ディスクを
手を消毒して自分で受け取るという方式になりました。
でも名前を呼ばれてコート内に並ぶ(ディスタンス取ってます)だけでも気持ち違いますよね。

 

決勝前のルピカ。こんなにピョンと高く飛ぶなんて、テンション高かったのかな。
P1102610_01_ss 
決勝はキャッチミスが多かったので、1Rよりポイントは下がったけど、
全体の流れとしては良かったんじゃないかな。
スキップが決まったときには周囲から拍手をいっぱい頂けました。嬉しかったな。

シトラスとはルピカより落ち着いてできます。テンポも違うし。
P1102613_01_ss
シトラスもキャッチミスが多めだったけどまずまず。
ルピカとの違いはお互い安心してできること。チームとしてのキャリアの違い。
ルピカともいつか安心してできるようになるかなぁ。
って、その頃には私達じぃちゃんばぁちゃんだよ~。今だって既に・・・

 
今回はバタバタもあって参加を迷った部分もありましたが、行ってよかったです。
いちばんは、みかり先生にいろいろアドバイスをいただけたことです。
G1で決勝に出られるとコメントをいただけるのでそれだけで嬉しいのですが、
今回はそれに加え、ルピカについて悩みも含めていろいろお話。
そのうえでルピカことを「とてもいいワンちゃんだと思います」と言ってくれたんです。
連続技はいい感じなので、あとは小技を増やしていくという方向性も見えました。
ということで、ルピカの良い点をさらに伸ばしつつ、新しいことも教えていきましょう。
根気が要るけど焦らず一歩一歩続けていかなくちゃ!
あらためてそう思えて、気持ちよく終わることができました。

 
久しぶりの浜名湖大会、そういえばJC以外で遠征したのはいつ以来かな?
浜名湖は遠征というほどではないけど、コロナ禍になってからは近場のみなので。
P1102621_ss
久しぶりに西の方々にもお会いできて、いろいろな近況も聞けました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。
やっぱりときどきは遠征したいものです。
この先また微妙な状況になってきているだけに、今回行かれてよかったです。

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

雪が降った日

この冬の寒さは厳しいですね。毎日本当に寒い!
夜中から明け方にかけては外の水道が凍って水が出ない日も。。。

1月6日も朝から寒く、昼頃から雪が降り始めましたが、
この日はHiro坊母の葬儀でお世話になったお寺に出向きました。

P1102482_ss
雪の日のお寺は風情がありますね

植えられている木々にも雪が積もってきていました。
P1102484_ss P1102487_ss
P1102489_ss P1102490_ss
ゆず、ボケ、紅梅、ロウバイ・・・どれもお寺に似合う木々ですね。

お寺のあと、Hiro坊母宅の地元区役所にも寄って必要な手続きをして帰宅。
帰り道は結構な降り。道路も白くなってきて、どこまで降るんだか
・・・と心配になりましたが、それからじきに小降りになってホッとしました。

 
帰宅して家に入る前に庭で雪遊び。
ルピカは雪遊びの経験が少ないんですよねぇ。
年に1回ちょっと積もる程度だから、あまり記憶に残っていないのか、
今回も最初はぎこちない反応
P1102503_ss
でもシトラスの動きを見てすぐに慣れたようです。

相変わらず派手な動きのシトラス。
P1102537_ss P1102538_ss
空中でどんな体勢になってもうまく立て直し、危なげなく着地。
猫みたい。
フリーをやるようになってより安全性がたかまりました。

対するルピカの動きは至って地味。
ボールやディスクは基本的に落ちて来るのを待つタイプ。
でもそれって賢くて正しいんですよね。いちばん確実ですから。
P1102550_ss P1102547_ss
ただフリーにおいてはちょっと地味なので、
ちょっとだけトリッキーな動きもできるよう今練習中。
この日はちょっとだけお尻が上がっていい動きできました。

それぞれのボールに注目!
P1102572_ss

ひとしきり遊んだあとは道路を少し雪かき。凍ると困るので。
ご近所さんも出て来てみんなで一緒に。これがまたちょっと楽しいのです

 
翌日は庭の雪かき。放っておくと日陰は何日も残ってしまいます。
この季節、昼過ぎには庭の半分以上が前のお宅の陰になってしまうので。
P1102575_ss
枯山水風の雪かき?

小さいけど・・・
P1102576_ss

このあと出かけて夜帰宅したら、積み上げた雪しか残っていませんでした。
その後はまた晴れて乾燥した日々
寒さは厳しいですが、ワン達にとっては暑いより断然幸せな日々が続いています

| | コメント (0)

2022年1月14日 (金)

ご挨拶が遅れました~

大きなことを書いたらなんだか妙に気持ちが落ち着いてしまって、
次のこと書こうと思うまで時間がかかってしまいました。
あ、全然元気ですよ~。
先週には大会も行ってきたし

 
さて、今年最初のアップということで、まずは・・・

皆さま、昨年はいろいろお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします

P1102477_01_ss 世の中の状況含めて、今年はどんな年になるのでしょうか。
ここ2年ほどの大変なあれこれが、少しでも良い方向に向かいますように。

そして皆様にとっても我が家にとっても、楽しいこといっぱいの素敵な年になりますように

とにかく元気でたくさん笑っていけたらいいなと思っています

写真は新年の公園にて。
年末ちっとも遊んであげられなかったので、元日から行ってきました。

この写真、実は隣に門松が写ってまして・・・
新年の公園で門松と撮るのはほぼ恒例だったのでつい撮ってしまいましたが、
今年の我が家はそれしちゃダメでしたよね
ということで、門松の写ってない写真でご挨拶です。

相変わらずこんな「うっかり」いっぱいの我が家ですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (2)

2021年12月30日 (木)

Hiro坊母とのお別れ

新年最初の記事にするにはちょっと寂しいお話になってしまうので、
昨年の日付に遡って書かせていただきます。

 
12月22日、Hiro坊母が亡くなりました。

その4日前に病院に会いに行き、そのときはとても穏やかで、
これからたくさん会いに行こうと思っていると書いたばかりだったのに、
思ってもみないことでした。

 
その日の朝9時すぎ、母の容態が急変したと病院から連絡がありました。
到着までの時間を聞かれ、答えると「間に合わないかもしれません」とも。
長い一日になると思い、準備をしてワン達を連れて急いで向かいました。

 
やはり間に合いませんでした。
でも肌ツヤツヤでとてもきれいな顔のHiro坊母。
穏やかに旅立ったんだなぁと思えました。

 
その日病院では早めのクリスマスとして、療法士サンタさんと看護師トナカイさんが
患者さんひとりひとりのベッドを回って、笑顔で一緒に記念写真を撮っていました。
サンタ&トナカイのおふたりは旅立ったばかりのHiro坊母の枕元にも来て、
名前を呼んで話しかけてくれました。

私達が会えずにいた間も、こうして温かい看護をしてもらっていたんですね
病棟看護師長さんは明るくパワフルで、いつもこちらが元気をいただけました。
看護師さん達はみな優しく細やかな配慮をしてくださり、心が落ち着きました。

病院を後にするときには、先生と看護師さん数人が見送ってくださいました。
話すこともできない母に心を寄せて看護してくださった皆様に感謝を述べると、
師長さんからは「いつもお手紙をありがとうございました。励まされました」と。
そんなやりとりをするうち、自然と涙声になっていました

 
介護期間中もそうでしたが、母はいつも人に恵まれていたと思います。
ケアマネさん、ヘルパーさん、デイサービスのスタッフさんにも
本当に良くしていただきました。
10年間の介護生活と1年9ヶ月の入院生活、いろいろなことが思い出されました。

 
そこからは葬儀に向けてのあれこれです。
年末の忙しいときでしたが、27~28日と年内の日程で決まりホッとしました。

このご時世なので家族葬。
ただ母の兄弟姉妹で唯一元気な末の叔母にだけは来ていただきました。
ちなみに母は9人兄弟姉妹(すごい!)の真ん中です。

祭壇は母の好きな色を中心に、花いっぱい華やかに飾っていただき、
ご菩提寺の住職さんからは母にぴったりの柔らかな素敵な戒名をいただきました。
P1102415_ss P1102418_ss
棺もデザインされた淡いピンクのものに。
私の母の頃にもこんな素敵なのがあったらよかったのになぁと思ったりして
なんかワンズのお見送り並みに華やかでしょう

Hiro坊姉家族、叔母家族、私達だけの小さな式でしたが、
ゆっくりと温かなお見送りができたと思います。
「母は精一杯生きて幸せだったと思うので、どうか笑顔で送ってあげてください」
Hiro坊の喪主挨拶に、逆にみんな涙してしまいましたが

 
今Hiro坊母には我が家でゆっくりしてもらっています。
リフォーム時に用意した母の部屋で、日々お供えし遺影に向かってお話しています。

遺影は90歳のお誕生日を一緒にお祝いしたときのものにしました。
この翌年の誕生日にはもう倒れてしまっていたので、最後の元気な写真。
もう少し若い頃の写真にしようかとも思ったのですが、結果的にはよかったです。
私達にとってはいちばん最後まで見ていた見慣れた穏やかな母の顔。
好きだった薄紫色の服を着て、お祝いのイチゴケーキを持ち、控えめに笑った
Hiro坊母の写真を見ると、実家で穏やかに座っていた姿を思い出します

 
私達は10年間の介護で、できることは精一杯してきたつもりです。
そこに心残りはなく、今はすっきり心穏やかです。
10年というその期間は、Hiro坊母にとっても私達にとっても、
とても濃くて、大切な時間だったと思います。
92歳まで頑張ってその時間を私達にくれたHiro坊母に感謝です

お母さん、今までありがとうございました
お礼を伝えたいことはいっぱいありますが、私にとってのいちばんは、
Hiro坊を産んで育ててくれたことだと思っています

| | コメント (4)

2021年12月20日 (月)

1年半ぶりの面会!

秋になってコロナの状況が落ち着いてきたことによって、
我が家にとっては嬉しいことがありました。

Hiro坊母との面会が叶ったのです!

なんと1年半ぶり

昨年(2020年)3月末、まさにコロナ禍が始まった頃に倒れて入院。
その後容態が安定し、5月初めに長期療養できる病院へ転院。
でもこの時期の病院は入院や転院の当日を除き面会禁止

6月に入って第一波が落ち着いたところでやっと面会可能に。

まずはHiro坊&Hiro坊姉の2人で面会。
面会人数は2人までに限られていたので、私は遠慮

そして次の面会は6月末。
この頃のHiro坊母は倒れた直後に比べて、ずいぶん良くなっていました。
会話はできないまでも、意思疎通ができていることは十分感じられ、
特にカリンの写真を見せて話したときは、嬉しそうにいっぱい動いてくれて
だから面会を続けていけばもっと変わるかな~と期待していました。

 
ところがこのすぐ後からまた面会禁止に・・・
そしてそこからが長かった~!
もっともあの感染状況では仕方ないですよね。

その後冬頃にはオンライン面会が可能になりましたが、母の状態では難しいので、
面会可能になるの待ちます!と病院側に伝えていました。

その間、病院からは定期的に母の様子を知らせてくれる手紙をいただいていました。
看護師さんからの温かいコメントや写真によって、季節の行事などを
してもらいながら、落ち着いて過ごしている様子がわかりました
とにかくお任せするしかない私達は、せめてもの気持ちとして、
毎回の返信書類とともに、感謝の気持ちの手紙を添えていました。

 
そして先月、1年半ぶりに直接面会が可能になったのです
即予約して会いに行きました。

 
1年半ぶりに会ったHiro坊母は、驚くほど変わっていませんでした
もちろんいい意味でです。
顔色も良く、あまり痩せてもやつれてもいないし、表情もあって、
静脈栄養でもこんなに保っていられるということに感心すると同時に、
ケアしてきて下さった先生や看護師さん、療法士さん達に感謝です

 
この日は母に懐かしく楽しんでもらえるような写真を用意していきました。
Cimg1995_ss_01 Imgp3967_02_ss
P1068997_ss_20211223204101 Cimg2452_ss_01
お散歩のときに一緒に撮った写真、先代犬シルビーやカリンの写真、
母の故郷岩沼市の竹駒神社の写真などなど。
それらを見てもらいながらいろいろお話。
カリンちゃんは我が家でシールピと元気に暮らしていますよ~とも。
右に左に目を動かして一生懸命見てくれていたHiro坊母。

面会時間はほんの10分・・・あっという間でした。
でも会えてよかった!本当によかったです

 
実はその2ヶ月ほど前に一度病院から連絡が入っていました。
母が熱を出し肺炎を起こし、何があってもおかしくない状態ですと

でもそれを乗り越えてくれて、秋のお便りと一緒に、
穏やかな表情の写真が届いたときはホッとしました

 
そしてやっと叶った面会
この1年半の間、Hiro坊母はどんなことを思っていたのかと考えると
切なくなりますが、でもとにかく会えたんだからよかった!
Hiro坊のことを覚えているのかどうかすら心配でしたが、
ちゃんとわかってくれたと思えてことにもホッとしたし

 
ただ面会できるようになったとはいえ、最初は1ヶ月に1回で2人まで。
なので11月は私達、12月はHiro坊姉達。
だから次は1月だなと思っていたら・・・
更に制限が緩和され、回数制限もなくなり、予約も不要になりました

なので、先週末にも会いに行ってきました
その前週にHiro坊姉達が行ったときは表情が冴えなかったとのことでしたが、
この日はすっきりした目をしていました

前回はタイマーをかけてきっちり10分とされていた面会時間も、
今回は約15分と少し緩くなり、また写真を見ながらいろいろお話。
母も前回より咳も出ず穏やかで、いい時間を過ごすことができました

 
この先またコロナの状況がどうなるかわかりませんが、
一旦でも落ち着いてくれて、面会が再開され、
変わらずにいてくれたHiro坊母に会えて本当によかったです。
当然のことながら、私以上にHiro坊は嬉しかったことと思います。

予約も回数制限もなく会えるようになったこの機会に、
なるべくたくさん会いに足を運びたいと思っています

| | コメント (0)

2021年12月 8日 (水)

最近の大会参加

あっという間に12月。早いですね。
10月初めの羽生大会はアップしましたが、その後書いていなかったので、
ここで最近の大会参加についても書いておこうと思います。

 
10月末は秋ヶ瀬大会
秋ヶ瀬での大会に参加したのは久しぶりです。
2年前の台風で水没してから長いこと使用できず、今年1月に久々の大会開催。
ただこのときはフリーがなかったので遊び&お手伝いに行っただけでした。

グラウンドもいい状態に戻っていたし、この日はお天気も良く気持ちいい
P1091288_ss P1091275_01_ss
ルピカは「まだまだだねぇ」という感じだったけど楽しそうだったし、
シトラスは集中して頑張ってくれました

こちらは演技終了直後。
P1091287_01_ss
カボママさん、いつもありがとうございます
ミキティさんとの元気な声援や、ディスクを渡して下さるときの明るい笑顔に
いつもとても励まされています。
ちょっと失敗だったなと思うときでも、笑顔で終われるのは皆さんのお陰!
本当に感謝しています

 
この日は久しぶりにえるりんママさんとサラダちゃんにもお会いできました。
P1091295_ss
カートに乗ったさらぴょん、このときはのんびりしてましたが、
えるりん家のゲーム中などはすごく元気に動き続けていましたよ~。
15歳のさらぴょん。ママさんのケアもあって幸せですね

 
------------------------------------------------ 

次は11月半ばの寒川大会。

会場から見える富士山も頭が白くなりました。
P1091886_ss
芝生に写る影は高速道路です。

 
朝、高速越しに空を見上げたら渡り鳥。
P1091888_ss P1091889_ss P1091890_ss
最初はV字型の群れが2つだったのに、次第に近づき一つになっていく・・・
その様子が面白くてつい見入ってしまいました。お見事!

 
去年の今頃の寒川でルピカはフリーデビューしたんですよねぇ。
P1091891_01_ss P1091929_02_ss
この1年でどれだけ進歩したかな~?
まだなかなか結果となって現れてはこないけど、確実に前に進んでると思っています。
少なくともディスクが前より好きになったし。
それはゲーム前の様子を見てもわかります。(写真左上)
演技途中から使うためのディスク数枚を所定位置に置いたのに、
気づいたらそのうち1枚をルピカが勝手に持って来ちゃってた!
最近何回かやってる笑える可愛いエピソード。

シトラスはゲーム前に早くやりたくてピョンピョン跳びつきます。
P1091897_ss P1091906_ss
終わったあとはスーちゃんの演技を見守ります。
スーちゃんのダイナミックな演技が大好きなんだよね。
同級生でスカッ跳びが得意というお笑いコンビみたいな「スーちゃんシーちゃん」
末永く一緒に楽しんでいけたらいいなと思っています。

演技見ながらも私のほうを振り返るシトラス、
そういうところがまた可愛いのです 

 
こちらは愛桜ちゃん家のニューフェイスちゃん。
P1091914_ss P1091934_ss
やっと地面に降りられるようになったところ。
いろいろ慣らすためにシトラスの背中にも乗せてみたりして・・・
P1091935_ss
テンシンハ家のシン君がお父さんの男の子だから、じきにシトラスより
大きくなっちゃうんでしょうね。それもまた楽しみです。

 
今回この季節ですが、コート脇の花壇にはヒマワリがいっぱい!
P1091918_ss
寒川町では「さむかわ冬のひまわり」として、この時期にヒマワリの咲く
会場がいくつかあるそうです。
ヒマワリの鮮やかな黄色は元気が出ますね。

寒川の最後はまた富士山。
P1091942_ss
朝とは違った姿がいいですね。

 
------------------------------------------------

12月最初の週末は伊豆の国大会

伊豆の国といえばこの景色。
P1102199_ss
城山(じょうやま)は火山の地下のマグマが冷えて固まったものが、
のちの浸食などで地表に現れてできた岩山で、伊豆半島ジオパークのひとつ。

高さは342メートルと低いのですが、ちょっと異様な姿で目をひきます。

この山のふもとに狩野川が流れ、その手前が会場です。
春には河津桜も咲き、土手の上から見下ろすこともできる気持ちのいい会場です。

 
朝いちばんのルピカ。集中してくれてるようかな。
P1102210_01_ss
今ルピカの演技はフィニッシュをどうするか検討中。
とりあえずそこそこの出来でフィニッシュに入ろうかというところで、
ルピカの動きが止まり、そのままタタタタ・・・と脱走

え~!っ、ルピちゃん、どういうこと?
と思ったら、脱走した先には・・・
P1102213_01_ss
ばあばのマナちゃん&ホッくん(ホクレア)がいた~!
なるほど、それじゃ行っちゃうのも仕方ないか・・・
いやでもゲームに集中してたらそんなことも目に入らないんじゃないの~?
仕方ないと思う一方、まだまだだなぁと微妙な気分

 
さて、気を取り直してシトラス。
P1102219_01_ss
でもまたしてもちょっと失敗
マスクの外し忘れでマウストスのときにバタつきました~
いや、私も私ですよね。この写真撮ってるときに気づこうよって感じ。
それでもこの日のシトラスはとても頑張ってくれて、ミスも少なくいい演技。
シーちゃん、頑張ったね

ゲーム終了後はまたまた大好きなスーちゃんの演技観戦。
P1102224_ss
もう立ち上がっちゃうもんね~

2Rディスタンスではシトラスが見失ってHiro坊もディスク拾いに走る
P1102234_01_ss
でもシトラスにとってはHiro坊と一緒に走るのがとっても楽しかったらしい
シーちゃん、失敗してもなんでも楽しそうな姿が何より嬉しいよ!

  
この日はダン家も参加。
ルピカは大好きなクラちゃん(クライム)に会えて大喜び!
P1102231_ss
見つけた瞬間から大喜びだし、遠慮なしに近づいてバタバタ!
クラちゃんもうまく相手してくれます。
クラちゃん、いつもありがとね

 
シールピとも頑張ってくれて、シトラスは表彰。
P1102245_01_ss
表彰には届かないと思っていたのでとても嬉しかったです
ルピカも頑張ってくれて、今回はいろいろ得るものがありました。

伊豆の国大会は今後も開催されるので、次は周辺観光もしてみたいです。
来年の大河ドラマにもゆかりある地ですし、ジオパークとしての伊豆も興味深いので。

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

紅葉の旅⑤ 長円寺の紅葉

紅葉の旅シリーズの最後はお寺の紅葉です

この時期、諏訪では「諏訪紅葉三山めぐり」といって
各々違った彩りの紅葉を楽しめるお寺めぐりができます。

今回はそのうち茅野市の清龍山長円寺に行ってきました。
1649年開山の真言宗のお寺です。

参道の真っ赤なもみじが印象的です。
P1091746_ss P1091755_ss
このときちょうど見頃。
多分この少しあとには散った葉でもみじの絨毯になり、更に美しいんでしょうね。

 
こちらが本堂
P1091792_ss
本堂にも上がらせていただきました。
P1091802_ss P1091805_ss
本堂から見る庭園。広くはありませんがきれいですね。

 
こちらは薬師堂内の瑠璃光薬師如来像
P1091776_ss
鎌倉時代の作で、明治の廃仏毀釈の折、諏訪大社上社より移されたとのこと。
紅葉めぐり期間の週末ということで特別拝観となっていました。

 
鐘つき堂は段を上がったところにあります。
Photo_6554282_dji_682_jpg_1814651_0_2021
上がって間近で見たり鐘をつくこともでき、子供達が楽しんでいました。

 
こちらは境内から。左は鐘つき堂、右は本堂。
P1091813_ss

境内には市指定の天然記念物センダンバノボダイジュも。
P1091800_ss

とても優しい顔のお地蔵様。
Photo_6554326_dji_726_jpg_8739979_0_2021

 
境内を出て、参道から見る紅葉も色とりどりで美しい。
P1091762_ss
参道には石仏が並んでいます。23体の多種多様な石仏。
 
その石仏の参道を挟んだ向かい側には蓮池。
P1091818_ss

そして蓮池を囲むようにたくさんの観音様が並んでいます。
Photo_6554337_dji_737_jpg_6069655_0_2021
こちらも様々な形の観音様で、百体観音と呼ばれなかなか壮観です。

 
決して大きなお寺ではありませんが、歴史を感じ、紅葉に癒され、
ゆったりした時間を過ごすことができました。

 
 
私達は朝一番から楽しんできたので、このあとはシールピにも。

シトラスはボールとディスク。実はボールのほうが好きなんだよね。
P1091833_ss P1091840_01_ss
このときは背中を気持ちよく跳べてたね。

ルピカとは相変わらずコミュニケーションがいちばんの重要事項!
P1091837_01_ss P1091842_ss
ルピカにはとにかく楽しんでもらいながら一歩一歩進んでいってもらいましょう。
一歩一歩でいいんです

 
長々と引っ張りましたが紅葉の旅は以上で終了です。
ほんの2日半のことだったのですが、紅葉を満喫し、いいプチ旅となりました

| | コメント (0)

2021年11月24日 (水)

紅葉の旅④ 紅葉の穴場発見!

日付を遡って、もう少し紅葉旅の続きを書かせていただきます

蓼科湖散策を楽しんだあと、ビーナスラインをドライブ

標高が上がるにつれて荒涼とした風景に・・・
P1091656_ss_01
蓼科湖では紅葉が見頃でしたが、更に上ったところはもう色味がありません。

 
途中の展望所からは通り過ぎてきた白樺湖が見えます。右は蓼科山かな。
P1091665_ss

山の中腹に見えたのは「天空の楽園」と謳う車山スカイパークホテル
P1091669_ss
たしかにロケーションは抜群!
それにホテルが見えるこの景色もなかなかいいです。

 
車山周辺。晩秋というよりもう冬ですね。
P1091670_ss
右上のあたりにポツンと白っぽい丸いものが見えますが、
それがこちら、車山気象レーダー観測所
P1091671_ss
1999年、富士山レーダーが老朽化によって廃止されたことにより、
その代替として設置されたそうです。
標高1900メートルと、日本で最も高いところにある気象レーダーです。

車山高原スキー場にも寄ってみました。
昔スキーで行ったんですよねぇ。
蓼科のビラに泊まって白樺国際、ブランシュたかやま、車山ではナイターで。
もう30年近く前。。。懐かしいです

 
さらにビーナスラインを走って霧ケ峰あたりで休憩。
P1091675_ss
下界に見えるのは茅野の街かな。

 
そこから諏訪方面に向かって下りていく途中にちょっと寄り道。
蓼の海公園は釣りができる人造湖。
そして更にその先のいずみ湖公園へ行ってみると・・・
P1091685_ss
きれい!紅葉がきれい!ものすごくきれい!
P1091691_ss
小さな人造湖ですが本当にきれいです。
こんな奥まったところで、こんなにきれいな紅葉に出逢えるとは
P1091699_ss
シールピも一緒にお散歩。
P1091713_01_ss
いずみ湖は隠れた紅葉スポットとして、また訪れたいところになりました

 
諏訪湖近くまで下りてきて立石公園に寄りました。
高台にあるので、ここから諏訪湖と諏訪の街が見渡せます。
P1091718_ss
この時間帯は諏訪湖は逆光ですね。
P1091719_ss
公園は高台にあって、展望台には日時計もあります。
地元の年配女性とお話したら、昔より訪れる人が増えたとのこと。
ここから諏訪湖を見下ろす景色が、映画「君の名は」に出てくるシーンの
モデルになっているとかで、いわゆる聖地になっているそうです。

 
朝から一日紅葉を楽しみ、ちょっとお腹がすいたので早い軽めの夕食。
Hiro坊はオムレツ、私は親子丼。
P1091733_ss P1091736_ss
こちらは「たまごや工房」
P1091739_ss
卵を使ったお菓子メインのお店です。
食事はイートイン+αくらいですが美味しかったです

更に一押しのマドレーヌや、ロールケーキ、具たっぷりの卵サンドイッチも買い、
そうしたらこの日はオマケとして新鮮卵もつけてくれました
食事もお菓子もみな美味しかったうえにラッキー

 
一日じゅうお天気も良く、朝から晩までいろいろ楽しんだ一日でした。

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

紅葉の旅③ 彫刻公園

道の駅に隣接してあるのが「蓼科高原芸術の森 彫刻公園」
道の駅入り口にもこのような看板があります。
Photo_6554189_dji_589_jpg_2581238_0_2021

彫刻公園はリゾートホテル蓼科の敷地内にあります。
以前は有料でしたが、現ホテルになったときに無料開放となりました。
Photo_6554157_dji_557_jpg_6576071_0_2021
自然の風景のなかに彫刻を展示している野外美術館で、
北村西望氏の作品を中心に多数の作品が点在しています。

 
まずは道の駅から湖畔沿いに歩いていきます。
P1091520_ss

最初に出逢った作品がこちら「虎」
P1091528_ss_20211130232701 P1091524_ss
「あなたはだあれ?」という感じのルピカ。
お仲間だと思ったのか、ご挨拶してみたり、嬉しそうにこっちを見たり。
でもあまり触れてはいけないと思ったのか、遠慮がちにご挨拶していました。

隣にはライオン(獅子)もありましたが、虎さんのほうが親近感あったようです。
P1091532_01_ss

 
その少し先に子供の像があり作品名を見ると・・・おぉ、北村西望!
P1091535_ss P1091536_ss
あの「長崎平和祈念像」で有名な日本を代表する彫刻家じゃないですか!
平和公園で見たときには訴えかけてくるものに圧倒されたっけ。

この彫刻公園には北村西望氏の作品がたくさんあるのですが、
そのことを知らずに歩き始めたので、驚くやら嬉しいやら
先ほどルピカがご挨拶した虎も西村西望氏の作品だったとは・・・
どうもルピカが失礼致しました

北村西望氏の像もありました。
P1091558_ss P1091559_ss
蓼科にどんなゆかりがあるのか、そのあたりはよくわかりませんが、
作品がいっぱいあるので、このあとまたご紹介します。

 
散策の途中にドッグランがあったので遊ばせていただきました。
P1091537_01_ss
怖がりなルピカは先にシトラスが動いてくれると安心してついていきます。
そしてやってみたら楽しかったらしく、ひとりでも何度でも上る。
P1091545_ss P1091540_ss
頂上で「待て」してからの「おいで!」を何度かしてたんだけど、
段々とテンション上がって大胆になっていたようで・・・
P1091542_01_ss
この写真見たら、ルピカ、ここから飛んじゃってますよね
そのときは気づかなかったのですが、ケガしなくてよかった
P1091551_ss P1091552_ss
ここではルピカのほうが楽しんだようで、シトラスが降りてしまったあとも
頂上で笑顔いっぱいでした。なんか凛々しいじゃないの~

 
散策を続けます。
P1091562_ss
池や小川もあってきれいな公園です。
P1091573_01_ss
水がきれいだからバイカモもきれいに揺れていました。
P1091565_ss

芝生広場だけでなく、この噴水の奥の丘のほうも散策。
P1091577_ss

自然の雑木林という感じ。
P1091579_ss

木々の間に作品が点在しています。
P1091581_ss P1091600_ss
左は「若き日の母」とても優しい表情で素敵ですね。
各作品が自然に溶け込んでる感じです。

落ち葉のなかをカサカサと歩くのもまた季節感あって楽しいです。
P1091588_ss

丘の雑木林散策を終えてまた芝生広場近くへ戻ってきました。
P1091613_ss
お散歩のワンコさんに会うたびルピカはご挨拶。

こちらも北村西望氏作品。
P1091608_ss P1091616_ss
左「自由の女神」 右「花吹雪」

そして湖の対岸からも見えるところにも同氏の作品「世界連邦平和像」
P1091620_ss
躍動感ある作品が青空と紅葉をバックに映えます。
P1091626_01_ss
せっかくだから作品をバックにシールピも1枚。

 
湖畔沿いの紅葉がまたきれい!
P1091641_ss P1091650_ss

 
彫刻公園の散策では作品も紅葉も堪能しました。
北村西望氏以外の作品も含めて、あちこち見て回るのは楽しかったです

以前、美ケ原高原美術館や箱根彫刻の森美術館などへも行きましたが、
こうした野外の美術館は楽しいですね。
自然のなか気持ちがいいし、ワンコも一緒に楽しめるのがありがたいです

そういえば昔、美ケ原高原美術館に行ったとき、風力発電の風車に向かって、
バジルがワゥワゥ吠えてたっけ。
風車にテンション上がるバジル。御前崎でもいつも「くるくる」に挑んでました。
いい思い出です

そんなことを思い出しながら、今ちょっと調べてみたら、
美ケ原の風力発電は今はもう撤去されてしまって無いらしい。
数年間しか存在しなかったそうなので、その間に行かれたのはラッキーだったかも。
風車大好きバジルがいたから吸い寄せられるように行ったのかな?

・・・などと遠い日へ思いを馳せてしまいました。

 
彫刻公園のあとも蓼科ドライブで綺麗な紅葉スポットがありました。
それはまた次に。。。

| | コメント (0)

«紅葉の旅② 道の駅蓼科湖