« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月27日 (土)

早春の公園散歩

今また都立公園の駐車場が閉鎖となっています。
緊急事態宣言の解除に向けて最後の引き締めということですね。
我が家も駐車場が使用できないと、やはり公園へも気軽に行かれません。
まぁそういう意味では閉鎖は効果があるということになりますね

 
で、閉鎖になる前日に公園へ行ってきました。
この日はHiro坊もお休みだったので車が使える!
ならばとにかく公園へ行ってこよう!というこに。

まずはシトラス、ルピカの順に運動&練習し、その後みんなでのんびり散歩。
今回はふと思い立って2頭引きリードを使ってみました。
P1057577_ss

2頭引きはずっと昔、バジル&オリーブのときに使っていたんですよねぇ。
シトラス&ルピカではどうかな?と思ってやってみました。
P1057588_ss
あら、案外うまく歩いてくれるじゃないの~
P1057587_ss
呼び戻しなどで方向転換するときはちょっと絡みそうにな感じがするけど、
これが意外とならず、二人で楽しそうに歩いてくれました。

 
園内のあちこちで早春が感じられます。

サンシュユ。この名前は中国の名前。
P1057585_ss
日本の別名はハルコガネバナ(春黄金花)というそうです。s

同じ黄色ですが、こちらはマンサク
P1057609_ss
語源は定かではありませんが、以下のような説があるそうです。
早春に咲くので「まず咲く」からきているという説、
枝に花がいっぱいつくので「万年豊作」からきているという説。。。

ツバキは普通にこの季節でいいのかな。
P1057616_ss P1057617_ss

川のところを通ったら水が無く干上がってしまってる~!
P1057583_ss
これもこの季節には結構あることで、ある意味早春らしいともいえる。
私が日々歩き散歩しているのもこの川の延長線上というかこの川の上流だけど、
そちらはまだ今のところ水が流れています。
干上がらないといいなぁ。水鳥もいなくなっちゃうし

橋のたもとで1枚。
P1057581_01_ss

私とは梅の木の前で1枚。
P1057606_01_ss

梅林には白梅紅梅。今もう満開です。
P1057613_ss P1057621_ss

梅にメジロ。
P1057607_ss

早咲きの桜オオカンザクラ(大寒桜)も咲き始めていました。
P1057592_ss
ちょっと色も濃くて綺麗です。この日は日差しがないのが残念!

こちらも何かしらのサクラ。山桜系かしら?
P1057622_ss

まだお花見シーズンに入る前だし、この日は日差しも少なかったので、
公園は人も少なくのんびりしていました。
もうすぐ本格的なお花見シーズン、今年はどれくらい楽しめるのかしら?
去年の今頃は、まだまだ全く未知のものだったコロナに今より怯えつつ、
それでも1年後もまだこんなことになってるなんて思ってもみなかったな。
来年こそは収束していて、心配の種は花粉症だけになっていますように。

そうそう、花粉症ですが、今年は1週間ほど前から急に来ました!
シールピのトイレ出しでちょっと外に出ただけでもグズグズ
とりあえず薬飲むと症状がほぼ抑えられるので助かっていますが。

| | コメント (0)

2021年2月10日 (水)

秋の新倉富士浅間神社

先週美容院に行ってきました。
この1年は美容院側の負担も考えて、パーマはかけずカットとカラーのみ。
で、今回は思ったより短くなりちびまる子ちゃんみたいな感じ
これまでにもわかめちゃんっぽくなることはよくあったけど、
ちびまる子ちゃんは初めてだわ。
でも皆様にお会いするまでにはそれなりに伸びてるはずだからまぁいいか。
でもということは白髪も伸びてるということだわねぇ・・・まぁいいか

----------------------------------------------

さてさて遡って、昨年秋の河口湖周辺お出かけレポです。
11月、コロナの第3波の警戒が明白になる直前に出かけたときです。
そういう意味では最後のお出かけといってもいいかな。
これ以降は近場の大会以外どこへも行ってないから。

 
前の晩は道の駅都留で休み、朝は早起き!
いちばんで向かったのが新倉富士浅間神社です。
P1046165_ss
ここは河口湖からの帰りなどに中央道で左手に見ていたところなんです。
特に夜には山の方に向かって神社の参道の明かりが点々と見えるので、
以前から気になっていました。

 
駐車場に停めて、まずは頂上のほうを目指します。
あとになって気づいたのですが、駐車場は中腹にあるので、
表参道から順を追って歩きたい場合は、一旦下りてから歩くのがいいかも。
今回は中腹から上り、その後下りてきたのでちょっと前後します

駐車場から出てすぐに本殿の前を通りますが、本殿についてはのちほど。

まずは上を目指して長い階段を上ります。
P1046167_ss
398段あるこの階段の名前は「咲くや姫階段」
P1056288_ss P1046172_01_ss
日本神話に登場する女神「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」は、
富士山の神様とされ、富士山をご神体とする各地の浅間神社で祀られています。
それにちなんで命名されたそうです。
なお階段を使わず、緩やかな小道で上っていくることもできます。

 
上り切ったところにあるのが忠霊塔。富士吉田市の戦没者慰霊塔です。
P1046231_ss P1046256_ss
そして振り返ると富士吉田の街の向こうに富士山!

忠霊塔の後ろには展望デッキがあり、そこからの景色がこちら。
P1046196_ss_20210211162501
五重塔に富士山 素敵です!
春には塔が桜に包まれ、更に絶景となるそうです

その桜の紅葉のなかにエナガの群れが訪れていました。
P1046241_ss
小さくて可愛い私の大好きな野鳥です

帰りはつづら折りになった遊歩道を歩いて下りました。
P1046269_ss P1046265_ss
一旦いちばん下まで下りて、参道からあらためて上ってみることにしました。

 
こちらが表参道入口。脇には富士浅間神社の石柱もあります。
P1056317_ss P1056315_ss

参道を歩きます。紅葉が綺麗!落葉した階段もいい感じ!
P1056318_ss P1056319_ss
歩いていくと鳥居が見えてきます。
P1056320_ss

立派な鳥居です。厳島神社のような6本足のタイプ。
鳥居の向こうには更に参道の階段が続くのが見えます。
P1056298_ss
P1056302_ss 扁額には「三国第一山」とあります。
参道入口の石柱にも同様に書いてありました。

三国第一山というのは富士山のことです。

西暦807年、富士山の大噴火があり、朝廷からの命によって
国土安泰富士山鎮火祭が行われ、その際に平城天皇より
三国第一山の称号や天皇直筆の大鳥居の額などが奉納されたそうです。

 
この鳥居はくぐってから振り返り見るとまたいいんですよ~
P1056292_ss
鳥居の向こうにちょうど富士山が見えるという素晴らしい眺めなのです。

シールピとも鳥居のところで1枚。
P1056305_ss
富士山をバックにしたかったけど、時間的に逆光だったのでこちら側から。

さらに数段上ると狛犬が迎えてくれて境内に出ます。
P1056326_ss

その境内には大きなヒノキの木があり「子育て神木」と呼ばれています。
P1056279_ss P1056281_ss
途中から2本に分岐していて、その部分から幼い杉の木が育っていることから、
子育て神木と呼ばれるようになったそうです。

 
そしてこちらが新倉浅間神社。
正面が本殿。拝殿も一緒かな? 右は神楽殿です。
P1056276_ss
御祭神は木花咲耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)、
大山祗命 (おおやまづみのみこと)、瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと)

本拝殿の下には大きな杉の木の跡。
P1056331_ss P1056327_ss
大正時代の拝殿造営により床下になった樹齢1500年を超えるといわれる
大杉の跡が、昭和59年の神社改修の折に偶然発見されたそうです。

本殿の横にある小さなお社は荒浜神社。
P1056333_ss
機(はた)の神、養蚕の神であり、織物は縦糸と横糸を織るということから
縁結びの神様とされています。

 
御朱印も頂きました。
20201116__01_ss

新倉富士浅間神社は、歴史あるものと、比較的新しいものとが
共存する形で整備され、見ても歩いても楽しめるところでした。
何より富士山を望める様々な景色が素晴らしい!
今回は紅葉の美しい季節でしたが、桜の季節にまた訪れてみたいものです

| | コメント (2)

2021年2月 2日 (火)

シチズンスケートリンク

最近のニュースのなかで、ちょっと寂しいものがありました。
高田馬場のシチズンスケートリンクが、1月末を以って営業終了したそうです。

私にとっては学生時代に毎週末通ったリンク。
実は私、フィギュアスケート部だったりなんかして。。。
高度な技なんてできるはずもない同好会レベルの部だったけど、
コーチの先生について、スピンやスパイラルらしきことにも挑戦して。
一生懸命だったけど上手くいかなくてもあまり悩んだりすることもなく、
いつもみんなで和気あいあい、とても楽しかったなぁ

貸し切りなんてできるはずもないので、一般のお客さんと一緒だったし、
他の学校のフィギュアやホッケー部ともよく一緒になったっけ。

その後はスキーに行くことはあってもスケートをする機会はほとんどなくて、
今ではフィギュアスケートは超一流の素晴らしい演技をTVで楽しむだけに
なっちゃったけど、あの頃があったから今がより楽しめているのかな

最近はフィギュアスケートとディスクのフリースタイルを重ねてしまう
ところもあったりして・・・
あの頃には思ったこともなかった生活になってます
ずいぶん長い時間が経ったものです。

経営難と老朽化による閉鎖だそうなので、残念ですが仕方ないですね。
ここで練習していた学生さん達は次の練習場所が確保できているのかしら?
そんなことも気になりつつ、はるか昔を懐かしく思い出したニュースでした。

 
で、あの頃思ったこともなかった生活とは・・・
P1057312_ss P1057275_ss
こんなおかしな可愛い子達と暮らしてるということです。
毛布くるくる巻いてあげたら、そのままずっと丸まってたシトラス。
ルピカは寝るときの手の形がおかしいのよねぇ

 
このあとはちょっと遡って書こうと思っています
秋にお出かけできた頃のことで、書きそびれていたことをもう少し。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »