« 最近の大会参加 | トップページ | Hiro坊母とのお別れ »

2021年12月20日 (月)

1年半ぶりの面会!

秋になってコロナの状況が落ち着いてきたことによって、
我が家にとっては嬉しいことがありました。

Hiro坊母との面会が叶ったのです!

なんと1年半ぶり

昨年(2020年)3月末、まさにコロナ禍が始まった頃に倒れて入院。
その後容態が安定し、5月初めに長期療養できる病院へ転院。
でもこの時期の病院は入院や転院の当日を除き面会禁止

6月に入って第一波が落ち着いたところでやっと面会可能に。

まずはHiro坊&Hiro坊姉の2人で面会。
面会人数は2人までに限られていたので、私は遠慮

そして次の面会は6月末。
この頃のHiro坊母は倒れた直後に比べて、ずいぶん良くなっていました。
会話はできないまでも、意思疎通ができていることは十分感じられ、
特にカリンの写真を見せて話したときは、嬉しそうにいっぱい動いてくれて
だから面会を続けていけばもっと変わるかな~と期待していました。

 
ところがこのすぐ後からまた面会禁止に・・・
そしてそこからが長かった~!
もっともあの感染状況では仕方ないですよね。

その後冬頃にはオンライン面会が可能になりましたが、母の状態では難しいので、
面会可能になるの待ちます!と病院側に伝えていました。

その間、病院からは定期的に母の様子を知らせてくれる手紙をいただいていました。
看護師さんからの温かいコメントや写真によって、季節の行事などを
してもらいながら、落ち着いて過ごしている様子がわかりました
とにかくお任せするしかない私達は、せめてもの気持ちとして、
毎回の返信書類とともに、感謝の気持ちの手紙を添えていました。

 
そして先月、1年半ぶりに直接面会が可能になったのです
即予約して会いに行きました。

 
1年半ぶりに会ったHiro坊母は、驚くほど変わっていませんでした
もちろんいい意味でです。
顔色も良く、あまり痩せてもやつれてもいないし、表情もあって、
静脈栄養でもこんなに保っていられるということに感心すると同時に、
ケアしてきて下さった先生や看護師さん、療法士さん達に感謝です

 
この日は母に懐かしく楽しんでもらえるような写真を用意していきました。
Cimg1995_ss_01 Imgp3967_02_ss
P1068997_ss_20211223204101 Cimg2452_ss_01
お散歩のときに一緒に撮った写真、先代犬シルビーやカリンの写真、
母の故郷岩沼市の竹駒神社の写真などなど。
それらを見てもらいながらいろいろお話。
カリンちゃんは我が家でシールピと元気に暮らしていますよ~とも。
右に左に目を動かして一生懸命見てくれていたHiro坊母。

面会時間はほんの10分・・・あっという間でした。
でも会えてよかった!本当によかったです

 
実はその2ヶ月ほど前に一度病院から連絡が入っていました。
母が熱を出し肺炎を起こし、何があってもおかしくない状態ですと

でもそれを乗り越えてくれて、秋のお便りと一緒に、
穏やかな表情の写真が届いたときはホッとしました

 
そしてやっと叶った面会
この1年半の間、Hiro坊母はどんなことを思っていたのかと考えると
切なくなりますが、でもとにかく会えたんだからよかった!
Hiro坊のことを覚えているのかどうかすら心配でしたが、
ちゃんとわかってくれたと思えてことにもホッとしたし

 
ただ面会できるようになったとはいえ、最初は1ヶ月に1回で2人まで。
なので11月は私達、12月はHiro坊姉達。
だから次は1月だなと思っていたら・・・
更に制限が緩和され、回数制限もなくなり、予約も不要になりました

なので、先週末にも会いに行ってきました
その前週にHiro坊姉達が行ったときは表情が冴えなかったとのことでしたが、
この日はすっきりした目をしていました

前回はタイマーをかけてきっちり10分とされていた面会時間も、
今回は約15分と少し緩くなり、また写真を見ながらいろいろお話。
母も前回より咳も出ず穏やかで、いい時間を過ごすことができました

 
この先またコロナの状況がどうなるかわかりませんが、
一旦でも落ち着いてくれて、面会が再開され、
変わらずにいてくれたHiro坊母に会えて本当によかったです。
当然のことながら、私以上にHiro坊は嬉しかったことと思います。

予約も回数制限もなく会えるようになったこの機会に、
なるべくたくさん会いに足を運びたいと思っています

|

« 最近の大会参加 | トップページ | Hiro坊母とのお別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の大会参加 | トップページ | Hiro坊母とのお別れ »