« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月31日 (月)

体調不良だったふたり

なんだかこまごまとしたことがあって日々が過ぎてしまっています。

少し前のことになりますが、シールピにとっては大切なことなので、
記録として書いておこうと思います。

 
先月、シトラスとルピカが相次いで体調を崩してしまいました。

1月19日、シトラス発熱!

朝のゴハン準備をしているのにシトラスがキッチン入口に覗きにこないから、
おかしいな、もしかして・・・と思いつつ、とりあえずごはんタイム。
食べるのにちょっと時間かかったけど完食。

でも熱を測ってみると・・・41°

やっぱりかぁ。まさに熱がある時のシーちゃんだもんね
それでもゴハン完食するなんて、すごいわシーちゃん。
まぁ発熱に慣れてるからこそともいえるから、すごいと言っていいのか微妙だけど

でもさすがに41°の熱なのでぐったり
P1102705_ss
保冷剤にタオル巻いて脇の下を少し冷やしながら、
全身は寒くないよう毛布をかけて暫く寝てもらいました。

そしてお昼頃、毛布をかぶったまま起きてきました。
P1102707_ss
朝よりは目がしっかりしたかな?
それに少しだけどお水を飲んでくれたのはいい兆候
元気なときはガブ飲みするけど、調子悪いとお水も飲まなくなるので。
熱を測ってみると少し下がって40°
よかったよかった、下がってきた!
P1102708_ss
でもまだ動きは鈍くて、お水飲むとそのまま毛布にくるまって

そして夕方、やっと元気復活!
熱も39°まで下がりました。もうほぼ平熱だね。
もちろんごはん準備していたらキッチン入口にも覗きに来ましたよ~

 
シトラスの発熱は珍しいことではありません。
病院の先生方の間では「シーちゃんの謎の発熱」として情報共有されています。
1~4歳くらいまでは結構な頻度で起こしていましたが、
その後段々と落ち着いて、年に1回程度になりました。
最初はとても心配しましたが、いろいろ検査しても病気は見つからず、
半日から1日の間には熱も下がるとわかってきました。
それからは冷やすところは冷やし、温めるところは温めながら様子をみています。
今回もほぼそのとおり治まってくれてホッとしました

熱に関して、シトラスの場合はわかっているのですぐに病院に行ったりはしませんが、
そうでない場合は病院に行くことをお勧めします。

 
 
その2日後、1月21日、今度はルピカが嘔吐と下痢

ルピカの場合も、朝ゴハンの準備をしていてなんか変だなと気づきました。
もともとシトラスのように何度もキッチンに覗きにきたりはしないのですが、
ゴハンができたとわかると普段なら自分のハウスに戻るルピカ。
ところがこの朝はクッション上で動かない。。。

それでもゴハンを出したらとりあえず食べた。
けど食べるの遅いし、ミルクを残した。。。やっぱりおかしいわ

・・・と思っていたら、数分で食べたぶんを吐いてしまった。
しかも血が混じってる

その後トイレに出すと、ウンチも数回するうち血便になってしまいました。

1ヶ月前、Hiro坊母の葬儀の頃にも同様の症状で通院していたので、
今回もすぐに病院へ。
食べたものは吐いてしまって空っぽのはずだし、水分も飲まないので、
抗生剤などの薬も含めて点滴してもらいました。

通院時はそれなりに元気でしたが、帰宅すると・・・
P1102711_ss
どろ~んとした目をして横になる。
シトラスに掛けていた毛布も、この日はルピカに

「ルピちゃん、大丈夫?早く良くなるといいね」
P1102712_ss
声をかけたら一応こっちを見てくれたけど、やっぱりどろ~ん、

そしてそのまま毛布にもぐってしまった
P1102713_ss
本当に調子悪かったんでしょうね。

その後は薬も効いてきたのか、夜には元気になってきて、
柔らかくした晩ごはんも食べ、ミルクも飲んでくれました

前回治り切ってなかったのかもしれないということもあって、
今回はお薬も少し長めで10日ほど継続。
便の状態が戻るには2~3日かかりましたが、
翌日にはパタパタ動き回るほど元気になったのでホッとしました

シトラスの熱の場合は状態がわかっているので見守っていられますが、
ルピカの胃腸の不調はまだちょっと心配が残ります。
今回のことが一過性のものであって、何か隠れた病気があったりしませんように。

 
その後ふたりとも元気です
この調子で冬を楽しく元気に過ごしていきたいものです。

| | コメント (0)

2022年1月21日 (金)

浜名湖帰りの寄り道

浜名湖の帰り、夜は静岡SAで休みました。

そして朝のお散歩。
小さな芝山があってお散歩には最適。その頂上でお写真。
P1102627_01_ss
結構風が吹いていて、カリンやシトラスの毛はちょっとなびいていますが、
そんなことは微塵も感じられないお方がひとり。
どんな強風でもルピちゃんの耳はピーンとしたままなんだろうね
P1102631_ss
カリンもここまで自分で上ってきて自分で下りました。
14歳半、まだまだ歩いて動いて元気でいてもらおうと思っています。

 
東名よりも富士山に近い新東名。つい写真を撮ってしまいます。
P1102635_ss
静岡側から見る富士山。
P1102636_ss
右の方にちょっと雲が増えてきてる・・・
と思いつつ、その雲の方向である山梨方面に走っていくわけで、
それから5分くらい走ってもう一度見たら・・・
P1102637_ss
もう雲に隠れちゃってる~!
見る場所や角度によって全く違った姿をみせてくれる富士山です。

 
その先、駿河湾沼津SAで休憩。
ちょうどイベント広場ではわんわん大サーカスの時間でした。
P1102650_01_ss P1102660_01_ss
P1102686_01_ss P1102670_01_ss
ワンちゃんたちはみんな可愛いし身軽だしお利口さん!
この逆立ちのお兄さんに乗っかってるジャックちゃんなんて、早くやりたくて
自分の出番が来る前からウロウロ出てきちゃったりして笑いを誘ってました
でも何よりみんなとっても楽しそうでした
根気の要ることではあるけど、楽しく訓練して楽しく本番に臨んでいるんですね。
ルピちゃん、私達も頑張ろうね!

 
高速上だけでも結構楽しみながら帰ってくることができました。
次にちょっとした遠出ができるのはいつになるのかしら?
この直後くらいからまた一気にコロナの状況が厳しくなってきてしまったので、
心配の少ない頃にこうして出かけられてよかったと今あらためて思っています。

| | コメント (2)

2022年1月18日 (火)

久しぶりの浜名湖

今年になって最初の大会は浜名湖大会。

去年は緊急事態宣言が出て行かれなかったので久しぶりです。
P1102579_ss
冬の朝ですねぇ。中央に見えるのは浜名湖ガーデンパークの展望塔。

こちらもここでのいつもの光景。
P1102588_ss
いくつもの鳥の群れが次々と移動していきます。

 
フリー1R、ルピカとはタイミングが合ってこれまでのなかでもいい感じ。
一方シトラスとはミスが多く、ルピカとほぼ同じポイント。

 
2Rディスタンス。これがまた内容は違うけど、全くの同ポイント。

ルピカ、ゲーム前にはちゃんとHiro坊を見上げて集中くれてる。それだけでも進歩。
P1102599_ss P1102601_ss
戻りとディスクの返しは相変わらず課題。
今回は後ろを向いて呼び込み。練習だと結構いいんだけど、
本番になると全く違う動きするんですよねぇ。
ルピちゃん、どういうことなのかなぁ?ちゃんとお話してみたいよ~!

シトラスは毎回「果たして今日はキャッチできるかな?」と臨みます。
P1102602_ss P1102603_ss
この日は4本目でややテンション落ちるも、最後の1本走り込んでジャンプ。4P!
シーちゃん、頑張ったね。この1本は大切だったよ。

そしてとても嬉しいことにシールピともに決勝に残れました。
G1でルピカが決勝に進んだのは初めて。
内容的にはまだまだだけど、これは素直に嬉しかったです。

 
新年の浜名湖はG1クラシック。久々のディスクセレモニー。
P1102609_ss P1102604_ss
コロナ禍でずっとディスクセレモニーも中止となっていましたが、今回から復活。
といってもコロナ対応として、スタッフからの手渡しではなく、用意された決勝ディスクを
手を消毒して自分で受け取るという方式になりました。
でも名前を呼ばれてコート内に並ぶ(ディスタンス取ってます)だけでも気持ち違いますよね。

 

決勝前のルピカ。こんなにピョンと高く飛ぶなんて、テンション高かったのかな。
P1102610_01_ss 
決勝はキャッチミスが多かったので、1Rよりポイントは下がったけど、
全体の流れとしては良かったんじゃないかな。
スキップが決まったときには周囲から拍手をいっぱい頂けました。嬉しかったな。

シトラスとはルピカより落ち着いてできます。テンポも違うし。
P1102613_01_ss
シトラスもキャッチミスが多めだったけどまずまず。
ルピカとの違いはお互い安心してできること。チームとしてのキャリアの違い。
ルピカともいつか安心してできるようになるかなぁ。
って、その頃には私達じぃちゃんばぁちゃんだよ~。今だって既に・・・

 
今回はバタバタもあって参加を迷った部分もありましたが、行ってよかったです。
いちばんは、みかり先生にいろいろアドバイスをいただけたことです。
G1で決勝に出られるとコメントをいただけるのでそれだけで嬉しいのですが、
今回はそれに加え、ルピカについて悩みも含めていろいろお話。
そのうえでルピカことを「とてもいいワンちゃんだと思います」と言ってくれたんです。
連続技はいい感じなので、あとは小技を増やしていくという方向性も見えました。
ということで、ルピカの良い点をさらに伸ばしつつ、新しいことも教えていきましょう。
根気が要るけど焦らず一歩一歩続けていかなくちゃ!
あらためてそう思えて、気持ちよく終わることができました。

 
久しぶりの浜名湖大会、そういえばJC以外で遠征したのはいつ以来かな?
浜名湖は遠征というほどではないけど、コロナ禍になってからは近場のみなので。
P1102621_ss
久しぶりに西の方々にもお会いできて、いろいろな近況も聞けました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。
やっぱりときどきは遠征したいものです。
この先また微妙な状況になってきているだけに、今回行かれてよかったです。

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

雪が降った日

この冬の寒さは厳しいですね。毎日本当に寒い!
夜中から明け方にかけては外の水道が凍って水が出ない日も。。。

1月6日も朝から寒く、昼頃から雪が降り始めましたが、
この日はHiro坊母の葬儀でお世話になったお寺に出向きました。

P1102482_ss
雪の日のお寺は風情がありますね

植えられている木々にも雪が積もってきていました。
P1102484_ss P1102487_ss
P1102489_ss P1102490_ss
ゆず、ボケ、紅梅、ロウバイ・・・どれもお寺に似合う木々ですね。

お寺のあと、Hiro坊母宅の地元区役所にも寄って必要な手続きをして帰宅。
帰り道は結構な降り。道路も白くなってきて、どこまで降るんだか
・・・と心配になりましたが、それからじきに小降りになってホッとしました。

 
帰宅して家に入る前に庭で雪遊び。
ルピカは雪遊びの経験が少ないんですよねぇ。
年に1回ちょっと積もる程度だから、あまり記憶に残っていないのか、
今回も最初はぎこちない反応
P1102503_ss
でもシトラスの動きを見てすぐに慣れたようです。

相変わらず派手な動きのシトラス。
P1102537_ss P1102538_ss
空中でどんな体勢になってもうまく立て直し、危なげなく着地。
猫みたい。
フリーをやるようになってより安全性がたかまりました。

対するルピカの動きは至って地味。
ボールやディスクは基本的に落ちて来るのを待つタイプ。
でもそれって賢くて正しいんですよね。いちばん確実ですから。
P1102550_ss P1102547_ss
ただフリーにおいてはちょっと地味なので、
ちょっとだけトリッキーな動きもできるよう今練習中。
この日はちょっとだけお尻が上がっていい動きできました。

それぞれのボールに注目!
P1102572_ss

ひとしきり遊んだあとは道路を少し雪かき。凍ると困るので。
ご近所さんも出て来てみんなで一緒に。これがまたちょっと楽しいのです

 
翌日は庭の雪かき。放っておくと日陰は何日も残ってしまいます。
この季節、昼過ぎには庭の半分以上が前のお宅の陰になってしまうので。
P1102575_ss
枯山水風の雪かき?

小さいけど・・・
P1102576_ss

このあと出かけて夜帰宅したら、積み上げた雪しか残っていませんでした。
その後はまた晴れて乾燥した日々
寒さは厳しいですが、ワン達にとっては暑いより断然幸せな日々が続いています

| | コメント (0)

2022年1月14日 (金)

ご挨拶が遅れました~

大きなことを書いたらなんだか妙に気持ちが落ち着いてしまって、
次のこと書こうと思うまで時間がかかってしまいました。
あ、全然元気ですよ~。
先週には大会も行ってきたし

 
さて、今年最初のアップということで、まずは・・・

皆さま、昨年はいろいろお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします

P1102477_01_ss 世の中の状況含めて、今年はどんな年になるのでしょうか。
ここ2年ほどの大変なあれこれが、少しでも良い方向に向かいますように。

そして皆様にとっても我が家にとっても、楽しいこといっぱいの素敵な年になりますように

とにかく元気でたくさん笑っていけたらいいなと思っています

写真は新年の公園にて。
年末ちっとも遊んであげられなかったので、元日から行ってきました。

この写真、実は隣に門松が写ってまして・・・
新年の公園で門松と撮るのはほぼ恒例だったのでつい撮ってしまいましたが、
今年の我が家はそれしちゃダメでしたよね
ということで、門松の写ってない写真でご挨拶です。

相変わらずこんな「うっかり」いっぱいの我が家ですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (2)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »