« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

キジバトのヒナ発見!

少し前になりますが、我が家でキジバトが子育てをし巣立っていきました。
P1113819_ss
巣を作ったのは玄関から庭へ向かう通路にあるチャボヒバの木。
以来、控えめに見守り無事に巣立っていってくれました。

4月11日

通路に置いてあるプランターを見て、ベルフラワーが青々としてきたなと思っていたら、
なんだかカチカチという微かな音が聞こえてきました。
後ろのチャボヒバの木の中から音がする・・・?
なんか虫でもいるのかなぁと思いつつ、木の中を覗き込んだら・・・
P1113824_ss
背の低い私の目線から最初に見えたのはこんな感じ
うひゃ~なになに? なんかの毛?やっぱり毛虫~?

でももう一度背伸びしてよく見たら鳥だとわかりました。
P1113820_ss
しかもよく見ると2羽
この子は何?
Hiro坊に見てもらったら「ハトだね」
昔Hiro坊姉が伝書鳩を飼っていたそうで、ハトにはそこそこ詳しいんです。
ハトはよく2つ卵を産むそうです。

伝書鳩にするのはカワラバト(一般的にはドバトと呼ばれているかな)ですが、
今回のこの子達はキジバトです。

 
こちらが通路にあるチャボヒバ(写真下左)
私達が通りやすいように家側は枝を落としているので、ハトも出入りしやすいはず。
2本あるうちの庭側の木の上部に巣があります。
P1113835_ss P1113826_ss
巣は枝を敷き詰めてはいるものの、わりと大雑把な感じ。
でも枝や葉に守られながら意外と広い空間があって快適そうです。
そんな目で見たことなかったけど、巣を作るのも納得できたりして

お父さんお母さんは電線にとまって様子をうかがいながら巣にやってきます。
P1113822_ss

巣の近くまで下りて来ても、さらに慎重に様子をうかがい、
枝を1本1本上がりながら確認し、巣に近づきます。 
P1113836_ss P1113838_ss
このあと巣へ入っていきました。

 
それから日々子育てを邪魔しないよう、控えめに観察。

発見から2日後の4月13日
2羽ともこっちを向いている写真が撮れました。
P1113843_ss
あらためて見ると、こんな黄色いポワポワした毛が生えてるのね。
まだ変化は少ないようだけど、ちょっと顔がしっかりしたかな
あまり様子をうかがっていると、カチカチとくちばしを鳴らします。
いちおう威嚇しているらしい。
こんな小さいのに本能的に既にそういう術を知っているんですねぇ。

 
こちらは4月14日のお母さん(多分。お父さんかもしれないけど
P1113847_ss
この日はヒナ達の写真は撮らなかったようです。
見た目的にあまり変化が感じられなかったから、遠慮したんだったかな
このお母さんの写真も玄関のドアを細く開けて遠くからそっと撮ったものだし。

この日はこのあと雨になりました

 
そして翌4月15日も雨
一日中かなり降っていました。
この日は私は足の通院があり、また久しぶりの大会準備もしたりで、
雨のなか写真を撮るほどの余裕がありませんでした。

ただ雨のなかヒナ達は大丈夫なのかなと心配で、通るときにちょっと観察。
チャボヒバの葉が結構密で雨を凌いでくれるんですね。
ちゃんとこういう場所を見つけて巣を作り子育てをする・・・
野生の生き物ってすごいですねぇ

 
そして4月16~17日と川場大会に参加、夜の帰宅だったので写真なし。

ということで、成長中のヒナの写真ですが、次は18日のものになります。
13日から5日間あいてしまったので、かなりの成長が見られますよ~

それはまた次に

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

川場 ちょこっと散策♪

川場大会では会場近くをちょっと散策しました

といっても本当に会場からすぐのところだけです。
私の足のこともあるもので

大会レポのなかで私の足について書くのを忘れていましたが、
前日の通院で経過もまずまずとのことで、シーネが外れました
まだ湿布して包帯巻なので、普段のスニカーなどは履けずクロックス。
それでも自分のクロックスを履けるようになったのは大進歩!
それまではHiro坊の大きなクロックスしか履けなかったので

とはいえまだまだ痛みもあり、捻ってはいけない状態だったので、
ゆっくりしたビョコピョコ歩きで注意しながら過ごしました。

 
今回の散策は会場の道路を挟んだすぐ向かい側エリア。

以前お風呂利用させていただいたホテル田園プラザ(旧SLホテル)があり、
その反対側には川場村中央公園の芝生広場が広がっています。
P1113867_ss_20220427182001
芝生広場を歩いて行った先にいくつかの史跡がありますが、
それはのちほど・・・

で、更にその先に行くと「ふれあい橋」あります。
P1113868_ss

紅いハナモモと黄色い菜の花がきれい!
P1113870_ss
右端に見えるのは川場フィッシングプラザ
気持ちのよい、いい環境ですね。
P1113875_ss
ルアー・フライができる釣り場は気になっちゃうんですよねぇ。

川(薄根川)をたどった奥には隣の橋、その奥には堰堤。
水量豊富です。この季節だから雪解け水もあるのかな。
P1113884_ss
ちなみにこの隣の橋の道路は「奥利根ゆけむり街道というそうです。

ふれあい橋の反対側を見ると田んぼアートの跡が見えました。
P1113874_ss
「疫病退散」本当にみんながそれを願っています。

橋を半分ほど渡ったところで振り返ると先ほどのハナモモが綺麗です。
P1113877_01_ssP1113880_ss

橋から戻って史跡のある一角へ。

こちらは「薬医門」
P1113929_ss
沼田城の解体の折に、豪農で名主だった桑原吉右衛門が譲り受け、
一部修復して川場の地に移したそうです。
P1113928_ss
説明板には門の構造としての特徴も紹介されています。

 
そしてこちらはその「桑原吉右衛門の館」
P1113933_ss
由緒ある豪農であり、代々地域貢献されたとのことで館も立派です。
P1113931_ss
こちらも説明板を。まさに地元の名士さんだったんですね。

そして今その館はお食事処にもなっています。その名も「名主の館」
P1113932_ss
地元の野菜やお米「雪ほたか」などふる里のお膳が人気のようです。
ちょうど営業開始の準備をしているところでした。
炊き立てごはん大好きな私としては時間があったら食べてみたかったなぁ。

 
あと説明板はありませんが水車小屋もありました。水場にないので動いていませんが。
P1113923_ss P1113925_ss
ルピカが楽しそうな笑顔したのでもう1枚載せました。親バカ失礼~

 
そして最初に歩いた芝生広場を戻ります。
P1113888_ss
そこにあるのが「川場村歴史民俗資料館」
P1113865_ss
風情があるなぁと思ったら、旧川場小学校の校舎だそうです。
どうりで二宮尊徳さんの像があるわけですねぇ。
私もずっと昔、転校で通った仙台の小学校にはあったような気ばします

 
このエリアは桜も多くとても綺麗でした
P1113893_ss
ちょうど満開を過ぎて散り際。
P1113892_ss
風もあってまさに桜吹雪の状態になることも。
大会会場にもたくさんの花びらが舞っていました。

桜が満開の頃は散歩を楽しめた私ですが、
ちょうど満開から散り際を楽しむ頃に骨折してしまったため、
いちばん好きなその風景を地元では全く見ることができませんでした
なので川場で遅い桜をこんなに楽しめてとても幸せな気持ちになりました。
来られてよかった~

 
最後に役場近くで撮った川場村のマンホール
P1113894_ss
中心円の中は川場村のシンボルマークで武尊山森林
そしてその周囲に村の木「ヒメコマツ」村の花「シャクナゲ」
描いているそうです。
カラー版も近くにあったらしいので、次回探してみようかな。
私各地のマンホール見るの結構好きなんです

 
以上ほんのちょこっとですが、川場村を散策してみました。
まぁ今回の私にはこれが精一杯だったかな
でも大会の合間にも近くに楽しめる場所があるなんて、
あらためて川場大会、いい会場で大好きです。
参加できて本当によかったです 今から来年も楽しみです

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

川場大会 久々の2日間参加♪

先週末は年に1回の川場大会でした。
P1113919_ss
綺麗な芝のコートの向こうに体育館、桜が咲いて遠くには雪山
川場といったらこの風景。
ここに来ると過ぎてしまった桜の季節をもう一度楽しめます。

 
土曜日はフリー。
今回はちょっとボロボロでしたねぇ。
P1113856_01_ss
マスク外し忘れてスタートしたためマウストスができず、そこから崩れ始めた。。。
私もこの写真撮ってる時点で気づけなかったなんて、痛恨の極み!
Hiro坊&シーちゃん、ごめんね

お水を飲むシトラスの周りには桜の花びらがいっぱい。
P1113863_ss
きんちゃんが桜の花びらを集めて、「花咲か金ちゃん」していました

 
今回ルピカはお休み。
左前脚の狼爪をやってしまって走ると出血するので。
P1113917_ss P1113918_ss
なので空き時間にお散歩とちょっとした訓練。

 
ゲームもお手伝いもない時間帯に近くを散策。
P1113867_ss
それについては次の記事でまとめて書こうと思います。

 
朝から風はありましたが、2Rの頃にはさらに強くなりました。
P1113895_ss

もっともシトラスの場合は風に関係なく微妙なキャッチ率ですが
P1113899_ss
途中ちょっとテンション落ちたけど、また最後追ってくれたからOK!

 
今回は日曜日も参加することにしました。
晩ごはんはお食事処「あづま」 とんかつとお蕎麦のお店です。
何度か行っていて、以前J隊のみんなと行ったこともあります。
久しぶりに行ったけど、相変わらず厚切りで柔らかくて美味しかった!
ちょっと変わった雰囲気あるけど落ち着けて、我が家は気に入ってます。

 

日曜日もまたいいお天気風も穏やか。

この日は当日エントリーでシトラスのベテランズ。
今回がベテランズデビューです
来月にはもう9歳。いつの間にかベテランズ年齢になったんですよ~。
P1113906_01_ss
大福、花音、シトラス・・・出番前にみんなでのんびり。

ゲームはシトラス&Hiro坊&私の3人で。
以下、動画から切り出したので画像は荒いけど載せてみます。
Mov_0141_moment_01_ss
シーちゃん、ロング、ショートが順にいくから難しいよ~
でもキャッチできなくてもいいし、好きに跳んで、笑ってもらいましょう!

と思っていたら、意外な展開に・・・?
Mov_0141_moment_02_ss Mov_0141_moment_03_ss
やたらキャッチするシトラス。戻り足も速い
Mov_0141_moment_04_ss
最後の1投もちゃんとブレーキかけてよく見てキャッチ

シーちゃん、おいで~!頑張ったね。楽しかったよ。ありがとう
Mov_0141_moment_06_ss
それにしても上手かったしカッコよかったねぇ。もうびっくりだよ~!
そしてとっても楽しかった!シーちゃん、ありがとう
また3人で一緒に出ようね。ペア大会とかもいいかもね。

終わったあとも出口で和気あいあいなのがベテランズ。
P1113908_01_ss
手前はメルローさん、奥にはタルラさん。
タルラさんは車いすで走って1キャッチ!大きな拍手に包まれました。

我が家にとって4年ぶりのベテランズ。
ベテランズのほのぼの温かな雰囲気が大好きなので、
久しぶりにその仲間に入ることができて嬉しかったし懐かしかった
それに久しぶりに名前の入ったベテランズTシャツを買える!

思い切り楽しんだら結果もついてきました。
14歳の花音と一緒なのも嬉しい!
P1113940_01_ss
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました

 
川場大会、2日間思い切り楽しみました。
骨折中の私の足も、かばいつつ、無事に乗り切ることもできました
お世話になったすべての皆様、ありがとうございました。

| | コメント (2)

2022年4月12日 (火)

ちょっとコケまして・・・

春の日々の話はまだあるのですが、ここらへんで書いておこうかな。

先日私ちょっと足を痛めまして・・・
P1113800_ss

4月1日のことです。
エイプリルフールの冗談かと思うような話ですが・・・

車に行こうと玄関を出て階段を下り、通路を庭へ向かう・・・はずが、
玄関前の2段だけの階段を踏み外し、派手に転びました

足元が見えないほどの荷物を一度に持って行こうとしたのがいけなかった
両手が塞がってたから、手を出すこともできずただ転ぶしかなく、
左足首を捻りながら、通路に敷いたスノコ板に踝を思い切り打ちつけました

 
かなり痛かったけど、最初はただの捻挫だろうと思ったし、
用事があったので、湿布だけしてそのまま出かけました。

でも用事で歩く間もますます痛くなる・・・腫れてくるから当然だけど。
しかも痛さが捻挫のそれだけではない感じ?
ピシッと響くような痛みが走る!
やっぱりこれは病院へ行ったほうがいいかなぁ

そのまま用事でさらに出かける予定でしたが、
やっぱりその前に病院へ行きました。
というより、それほど痛くて普通じゃないと思ったわけですが

この日はHiro坊が休みで一緒だったのは不幸中の幸いでした
そしてこの時点での出先のすぐ近くにかかりつけ整形外科があったのも幸い!

 
最初の問診では捻挫と思った様子の先生、その後X線写真を見て、
「あーこれねぇ、折れちゃったんですねぇ」

あー、やっぱりそうか~
横から見たら踝の外側の骨に一本ピシッと隙間が入っちゃってました

で、シーネで固定して包帯巻きとなりました。

 
足首の捻挫は何度も経験あるけど、やっぱりそれとは違う痛さで、
2~3日は足を着くたびに痛みが走り、恐る恐る歩いていましたが、
今は痛みもわずかになり、歩くのもずいぶん楽になりました。

でも楽になるとつい油断して、少し捻り気味の動きをしてしまったり
するので、まだまだ注意しないといけませんね

 
という次第で、この2週間ほど家で大人しくしています。
シールピのお散歩もHiro坊にお任せです。
でも毎日は無理なので、シールピにとっては運動不足かな。
ごめんね、シーちゃん、ルピちゃん
P1113805_ss
私の様子から、なんか足がダメな感じなのかな?
と察してくれたらしい優しいシトラス。

そうそう、包帯巻きの足が痒くなるのはよくあることで、
そういうときは孫の手の出番。
P1113801_ss
でもこの孫の手、手の部分が手の形してないんですよね。
これはシトラスの仕業。
まだ数ヶ月の頃、かじってガジガジ状態にしてしまったものを、
Hiro坊がきれいに削って直しました。
丸っこくなって孫の手としてはあまりスッキリとは掻けないけど、
それはそれで肌には優しくていいともいえるし、
包帯巻き状態に突っ込んで使うには細くてよかったりします。
シーちゃん、案外いい仕事してくれてたのね ありがと

| | コメント (2)

2022年4月 5日 (火)

桜散歩♪

3月末にはソメイヨシノもほぼ満開

のんびりお散歩するためにも、シールピには先に運動してもらいました。
P1113600_ss P1113587_ss
そこそこ風はあったものの、ちょっと動くと暑いほどの陽気。
早くもシールピの舌が長くなっちゃってます

広場にいるといつものように飛行機。この日はまた一段と近かったかな。
P1113473_ss
ルピカはとても怖がりですが、この環境に慣れているので、
飛行機を怖がることはありません。
スケボーは怖くて、スケボー広場には近づけません。
どちらも小さい頃から見て知ってるのにねぇ 

 
公園のなかは春色。
P1113616_01_ss

左はボケ。淡い色合いが綺麗ですね。
P1113604_ss P1113611_ss
右はツバキ。白や真紅もあったけどこの絞りが一番きれいでした。

左はヒュウガミズキ。先日お寺で見かけたトサミズキより連なる花の数が少ないです。
P1113602_ss P1113629_ss
右はベニバナトキワマンサク。鮮やかです。

地面にはフデリンドウ。やっと咲き始めました。
P1113669_ss
公園では知らずに踏んでしまわないようロープで囲って保護しています。

 
タンポポの咲く吹き溜まりには早くも散った花びらがいっぱい。
P1113626_ss
桜は本当に短いですよねぇ。

こんなふうにヒヨドリなど鳥に食べ散らされてしまうこともあるし・・・
P1113470_ss
だからこそその期間を逃さず楽しみたいものです。

 
シールピも運動したあとだから、一緒にそこそこのんびり歩いてくれました
P1113729_01_ss P1113646_01_ss
右側のルピカ、お座りしようと中途半端な体勢?

 
野鳥観察も楽しいです
シジュウカラ。この2羽はつがいかな?
P1113736_ss

いつ見てもエナガは可愛すぎる~
P1113438_ss

 
この日は晴れたり曇ったり・・・
P1113624_ss
オオシマザクラかな?白くて青空に映えてました。

そういえば桜ってよく幹からいきなり花が咲いたりしますよね。
P1113740_ss
これは「胴吹き桜」と呼ばれ、年を重ねた桜に見られる現象だそうです。
こういうのたくさん見かけるけど、もうお年寄りの桜ということなんですね。
桜の寿命は50~60年前後といわれ、あまり長くないので、
胴吹き桜の見られる木々のこの先がちょっと心配になります
でもそうして世代交代していく・・・
人間も生き物も植物もみな同じで必然なんでしょうね。

 
さて、シールピにも年に1度くらいは真剣にモデルさんしてもらいましょう
P1113675_ss P1113698_ss
P1113693_ss P1113709_ss
たくさん撮ったなかでまずまずのものを載せてみました。
キョロキョロしてばかりのルピカと、すぐ私達の方に来てしまうシトラス。
我が家史いちばん写真撮影が難儀なふたり
だからこそいい写真が撮れたときは嬉しいんですよねぇ。
今回は微妙だけどまずまずかな
シーちゃん、ルピちゃん、モデルお疲れさま&ありがと~

桜の季節と紅葉の季節はのんびり散歩が楽しいですね

| | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

春のお散歩

また少し遡って、3月中のお散歩です。

レンギョウ。葉っぱも出てきました。
P1113354_ss

早咲きのオオカンザクラ(大寒桜)はいち早くほぼ満開。
P1113357_ss
カンヒザクラ(寒緋桜)も満開。
P1113363_ss

一方さすがに梅は最後の頑張り状態。お疲れさまでした。
P1113376_ss

こちらはフデリンドウ。まだ顔を出したところ。開花はもう少し後ですね。
P1113362_ss

ユキヤナギ。
P1113393_ss

ユスラウメ。小花がとても可愛いです。
P1113413_ss

ハクモクレンも満開!モクレンの花はふっくらしています。
P1113415_ss

こちらはコブシ。
P1113464_ss
ハクモクレンとコブシの花はちょっと似ていますが、
モクレンは大きめの花びらが開き切らずふっくらとした形なのに対して、
コブシは細めの花びらが開き切ります。

そしてこちらはヒメシデコブシ。ピンクで綺麗です。
P1113418_ss

こちらはウグイスカグラ(鶯神楽)というそうです。初めて見たかも。
P1113439_ss
名前の由来には諸説あるようで、
ウグイスが鳴き始める頃に咲き、ウグイスが隠れるから「鶯隠れ」からとか、
ウグイスが神楽を舞うようだからとか・・・
いずれにしても名前もお花も可愛いですね。

 
歩いているとこんな木が・・・
P1113406_ss P1113404_ss
去年あたりから東京でもこの右上のような張り紙は見かけていました。
ナラ系の木に虫がついて「ナラ枯れ」が広がっていると。
その対策として木にシートが巻かれているのは初めて見ました。
そしてシートをよく見ると・・・
P1113405_ss
おぉ一発でわかるこのネーミング!
ゴ〇〇〇とかコバ〇とかだけじゃなくこんな製品もあるんですね。
さすがです!
是非ナラ系樹木を守ってあげてください!

 
オオカンザクラの枝が低い位置にあったので1枚。
P1113390_ss
別の場所で見上げての1枚。
P1113452_ss
ルピカも撮るんだけど、なかなかいい表情のが撮れなくて・・・

結局広場で遊んだときのものです。
P1113474_ss P1113481_ss
シトラスはいつもこうやってじーっと見上げてくれるのですが、
ルピカはいつも忙しく動いてるしすぐ目を外してしまうので難しい。。。
可愛い表情いっぱいするんですけどねぇ。
惜しい感じだよ~、ルピちゃん! もう少し協力してくださいな~。

 
最後に早咲きの枝垂れ桜の通りで。
P1113495_ss P1113494_ss
みんなが見上げながらのんびりと歩いていました。
寒すぎず暑すぎず、季節的にいちばんいいときですね。

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »