« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »

2022年9月

2022年9月20日 (火)

秋シーズン最初の大会

9月にはいって大会へも1回行ったので簡単に・・・

9月第2週は寒川大会でした。
この前後はかなり涼しい日が続くようになっていたので
ちょっと油断していたら、この日は暑かった~
P1146968_ss
アベリアの花にはナミアゲハ。

 
シトラスはフリー、ルピカはシニアクラスにエントリー。
P1136958_01_ss P1146976_01_ss
シトラスは頑張ってくれたけど、後半は暑さでちょっと電池切れ?
ルピカはもう少し早く返してくれたらなぁ。せっかくキャッチ上手いのに

上手くいかなかったときでも、皆さんのお心遣いに心が軽くなります
P1146990_01_ss
いつも声援を送ってくださる皆様、本当にありがとうございます

人数少ないからの表彰ではあるけど、記念だから載せちゃいます
P1146994_01_ss P1146998_01_ss 
そういえばルピカは優勝って過去あったかしら?
何のエントリーにしても、もしかしたら今回はじめてかも。
まだまだとはいえ、それは素直に喜びたいと思います
ルピちゃん、これを一歩として更にクラスアップできるよう頑張っていこうね!

シトラスも年齢的にますます表彰は厳しくなってきているので、ここは素直に喜び、
まだまだ楽しみながら頑張っていきたいと思います

  
昼間は見えなかった富士山が夕方にはなんとか見えました。
P1147002_ss


この晩は中秋の名月
P1147009_ss
帰りがけに寄ったショッピングセンターのビルからは、
うっすら見えるエレベーター塔と月明り。
P1147013_ss
別の方向にはどこかの花火も見えました。

 
昼間は真夏のようでしたが、この写真を撮っている頃は風もあって、
半袖では少し寒いほどでした。
夏から秋へと感じた一日でした。

| | コメント (2)

2022年9月18日 (日)

茅野から蓼科から軽井沢へ

実家の荷物確認&片付けをほぼ終え、業者さんによる処分作業までの間に
またちょこっとお出かけ。
こうして1~2日のお出かけも気楽で楽しいです
ただ範囲は限られるので、同じようなところが多くなりますが

 
いうことで、結局とりあえず中央道に乗り涼しい長野県へ。
今回は朝ちょこっと茅野市の金沢公園に寄ってみました。
P1136698_ss
富士見町や原村に近いのでそのどちらかの公園だとばかり思っていたら、
このあたりは境界が入り組んでいるようで茅野市でした
P1136702_ss

高台から見下ろす景色は気持ちいい!
P1136708_01_ss
シールピと一緒だとどこを歩いても何をしても楽しい!
シールピもそう思ってくれてるかな?

夏から秋へ・・・
P1136704_ss P1136715_ss
P1136722_ss P1136717_ss
季節を感じながらここで朝食。
前日夕方にはこの近くに来ていたので、そのとき「ツルヤ」で買ったパン。
お焼きのパンが美味しかったです。

 
それからちょっと移動してシールピ練習。
P1136768_ss P1136763_01_ss
P1136749_ss P1136755_ss
何かを気にしてるルピカ。(写真左)
地面に虫がいるのか、それともお腹あたりを虫に刺されたと思ったのか・・・
実際シトラスに比べてお腹の毛が薄いから刺されやすいし
でも虫などすごく小さいものでもよく気付くルピカ。
その動体視力には感心します。
我が家ではバジルがいちばんだったけど、それ以上かも

 
原村では一面の蕎麦畑がきれいでした。
P1136732_ss

P1136737_ssさらに走っていると道路際に御柱発見

今年は御柱祭の年。
数えで7年に一度(実際には6年に一度)、寅年と申年に行われ、今年も春に行われました。
コロナ禍のため、お祭りの山場である「木落とし」「川渡し」は見送られ、上社では「里曳き」も氏子が曳かず車で運搬となりましたが、最後に「建御柱」で無事に柱が建ち終了したそうです。

古い御柱は「御柱休め」という儀式を行って普通の木に戻り、各々新たなところへ払い下げられ、お札やお守りになったり、観光用に設置されたりするそうです。

右の御柱は「上社本宮四之御柱」としてお役目を終えたのですね。
お疲れさまでした

 
そして御柱街道沿いにある八ヶ岳中央農業実践大学校にも御柱が。
P1136788_ss
芝生広場にV字のメドデコ付きの御柱がありました。
といってもこちらは本物ではなく、本物の半分ほどの大きさ。
原村地区の若者達が曳行の練習のために造ったものだそうです。
説明板には「受け継がれた技術で丁寧に作られています」
V字のメドデコ付きの御柱ってこんなふうになっているんですね。

で、上の写真も手前の大きなカボチャが目立ちすぎでしたが・・・
P1136777_ss
もうそんな季節も近づいているんですね。
顔シール付きも含めた大小様々なカボチャが並んでいました。

こちらに来たときにはいつも農産物直売所でお野菜を買って帰ります。
この日は桃(なつっこ)、完熟トマト、白とうもろこし(サニーショコラ)など。
とうもろこしは生でも美味しかったけど、
火を通したらもっと甘味が出て美味しかった
お野菜いっぱい買えると、それだけで幸せな気分になります

 
昼食は木立のなかのお蕎麦屋さんへ。
P1136827_ss
洋館のような佇まいのお店、手打ちそば「香草庵」
P1136828_ss P1136821_ss
八ヶ岳山麓産の玄そば(収穫されたままの殻つきの蕎麦の実)を脱皮し、
毎日その日の分だけを石臼挽き自家製粉しているお店。

天せいろをいただきました。
P1136793_ss
コシのあるお蕎麦はもちろん、天ぷらがとっても美味しかった!
薄衣でカラッとあがったお野菜と海老
天ぷらは最近はじめたそうですが、本当に美味しかったです。

こちらは草花いっぱのお庭を楽しむこともできます。
P1136791_ss P1136797_ss
P1136798_ss P1136810_ss
P1136819_ss P1136796_ss
P1136815_ss P1136806_ss
猫さんは首輪していたのでここの子かしら?
お花の名前はあとで調べましょう

食後の散策で、お庭にはワンと一緒に食べられる席もあることを知りました。
P1136802_ss

駐車場が木立のなかで木陰いっぱいなのもありがたいです。
P1136829_01_ss
車待機のシールピも涼しくいられて安心でした

 
このあとは蓼科のメルヘン街道を走って麦草峠越え。
P1136837_ss

八千穂レイクでは釣り人の様子をちょっと見て。。。
P1136841_ss

その先に行ったら、中部横断道八千穂高原ICがあって、
今は佐久南ICまで無料ということなので乗ってみました。
P1136847_ss
中部横断道ということは静岡方面から山梨~長野と全部続くというこかな。

 
佐久南で下りたあとは軽井沢方面へ。
軽井沢を走るのも久しぶり。
昔はよく野反湖へキャンプに行って、帰りに軽井沢に寄っていたっけ。

その頃にはなかった星野エリアのハルニレテラス近くを走っていて、
さらにずっと昔のことを思い出しまして・・・
ちょっと寄ってみたくなったのがこちらです。
P1136866_ss
実は私は学生時代にフィギュアスケート部に入ってまして、
(といってもサークルの域を出ないなんちゃってに近いものでしたが
毎年冬の合宿でこの「塩壺温泉ホテル」に来ていました。
その後はこのあたりを走ってもあまり思い出すこともなかったのですが、
なぜか今回、たしかここだったはず・・と思い出し、見てみたくなりました。

入口から奥の方に入っていって・・・
P1136853_ss
そうそう、ホテルはたしかこんな感じ。
そして駐車場を見たときに確信!
P1136862_02_ss
そうです!ここです!
この奥側の駐車場が私達の部の練習リンク。
一面に氷を張って練習用のリンクを作ってくださっていたんです!
ありがたいことです。今あらためて感謝の気持ちが湧いてきます
私達が合宿していた頃からウン十年、すっかり古い感じになりましたが、
大切な思い出の場所です

毎週末練習していた高田馬場シチズンスケートリンクがなくなってしまった今、
塩壺温泉ホテルが当時のまま残ってくれているのがとても嬉しかった!
今回寄ってみて本当によかったです。

 
そこから近い中軽井沢駅
P1136871_ss
向かって左が駅舎。右側は図書館やギャラリー。
P1136870_ss P1136872_ss
とても綺麗でお洒落な駅ですね。
最近BSの番組「新・鉄道絶景の旅」なども見て楽しんでいる我が家。
お出かけは車移動ばかりで、必ずしも駅の近くを通るわけではないのですが、
こうして駅舎を見るのも楽しいですね。

今回軽井沢は夜になって通り過ぎた程度だったので、またあらためて訪れたいです。

一日だけですが、いろいろ楽しめたいいお出かけになりました

| | コメント (0)

2022年9月12日 (月)

中野の棚田

長野県の横谷峡散策の翌日は、山梨県南アルプス方面へ。
南アルプス市はその名のとおり南アルプスの山々からそのふもとにかけての地で、
桃やサクランボなど果物が有名です。
そのある地区に棚田があるということで行ってみました。

「中野の棚田」
P1136542_ss
とても気持ちのいい眺めです

傾斜地がずっと棚田になっています。
P1136584_ss
棚田ってとても綺麗で私は大好きです。
P1136571_ss
ただ植えて収穫して維持管理していくのは通常の田んぼ以上に大変かと・・・

そう思いながら歩き見ていたら、ちょうど作業している方に出逢いました。
 「こんにちは。棚田を見に来ました。素敵なところですね。」
 「どうぞどうぞ、ゆっくり見ていって!
  ここのことはどうして知ったの?」
 「地図で見て棚田があると知って・・・棚田が好きなので」

棚田を見に来たことをとても歓迎してくださり、いろいろお話してくださいました。

 
この中野地区も若者の地域外の流出に伴って高齢化が進み、
棚田の維持が難しくなり、耕作放棄地が増えるなどの問題を抱えていること、
でもそこで諦めず、新たに前向きな取り組みを始めたと。。。

平成27年に「ふるさとを錦で飾り隊in中野」を発足し、
「元気で明るいふるさと・中野を子供や孫たちに」を目指して、
この素晴らしい景観を永く後世に残すことを目的に活動しているそうです。

そのひとつとして、休耕田に稲以外のものを植える取り組みがあります。
こちらは蕎麦畑。この時期は白い花。もうすぐ収穫ですね。
P1136565_ss

ハーブ畑
P1136587_ss

花壇も。ちょうどコスモスが綺麗な季節です。
P1136553_ss

ひまわり畑。時期的にちょっと終わりが近づいていました。
P1136615_ss
春の種まきを地元の有志で行った様子が立て看板で紹介されていました。
皆さんの気持ちが伝わります

上の方から見た景色。下から見るのとまた違います。
P1136557_ss
本当はここは富士山ビュースポット
棚田の奥の山(やや右側)の向こうに富士山が見えるはずなんです。
この日は雲が取れず一度も見えなかった。残念!

こちらは中腹の展望所
P1136581_ss
ここからの景色は本当に素敵です。
P1136579_ss
棚田の向こうには甲府の街が広がり、その先左側の山の終わった辺りは石和温泉。
そんなことも先ほど出逢った方が教えてくださいました

棚になった奥の一角は有名ワイナリーのブドウ畑。
P1136594_ss
荒地になっているより有効利用してもらえてありがたいと話されていました。
それも地域の活性化のひとつの形ですね。

 
稲穂も頭を垂れてきていました。
P1136613_ss
まだまだ綺麗な緑ですが、このあと美しい金色の棚田になるんですね。

棚田は稲が伸びる前の水が張られた状態もまた美しいものです。
長野県の姨捨が「田毎の月」として有名なのもこの時期の状態。
次回は田植え後の水の張られた状態の棚田を見に訪れたいと思います 

なお、この地区を盛り立てている「ふるさとを錦で飾り隊in中野」 は
南アルプス市の景観形成活動団体登録第1号となったそうです。

中野の棚田、その穏やかで美しい景観はもちろん、
この地の皆さんの取り組みも知り、これから応援していきたい地となりました。

 

中野地区をあとにし車で移動。
途中ちょっと場所を見つけてシールピの運動。
P1136621_ss P1136628_ss
ルピカはちょっと走ったところで、前日痛めた右足の狼爪から出血
でもいい感じにもう少しで完全に取れそうだな~

と思ってたら、次にケージから出したら狼爪がなくなってた!
で、スノコの下を確認したら落ちてました~
P1136629_ss
よしよし!中途半端な状態でくっついてるよりスパッと取れるに限る!
それにしてもルピちゃん、最後は自分で取っちゃったとか??
昔オリーブが中途半端な状態の爪を、敢えて自分で取っちゃったことがあって、
すごいなぁと私は尊敬の念すら覚えたものだけど、
もしかしてルピちゃんもその域に達した?
でもとにかくそのお陰で、この後あっという間に傷は良くなりました

 
その後、「道の駅富士川」にちょっと立ち寄りました。
P1136624_ss
笛吹川と釜無川が合流し富士川になる広々としたところにあります。
2014年オープンとのことで、我が家は初めてでした。
地元の新鮮野菜などがいっぱいあり、私もお野菜を買いました。

レストランには「みみほうとう」という郷土料理があります。
「みみ」というのは農具の箕(み)に似ているからだそうです。
他にも「みみストローネ」・・・なかなかのネーミングですね
せっかくなのでほうとうを食べてみたかったのですが、この日は30℃超え。
さすがに暑くてパスしました。
寒い時期に行ったら絶対食べます

 
そのあとは河口湖へ出て、そこからは中央道で帰路に着きました。
河口湖に着いた頃には雨が降った跡が残っていましたが、
私達はその後もほとんど雨に逢わずに帰宅できました。
いいお天気のなかで棚田も楽しめたし、いいお出かけでした

| | コメント (2)

2022年9月 8日 (木)

横谷峡散策ほか

実家の片づけもほぼ目途が立ってきた8月下旬、
久しぶりにちょっとお出かけしました。
ずっと我慢してたシールピのためにというのがいちばんの目的

広々とした芝生広場も久しぶり!
P1136404_ss
まずは思い切り楽しんでもらいましょう
P1136369_01_ss
シトラスのボールを使ってのフリー。ディスク以上に派手なお弾き!
でもそれもまた楽しいね

ルピカの練習中の写真が少ないのはシトラスのせいです
大人しく待っていられないシトラスをケアしていて写真を撮る余裕がない。。。
ルピちゃん、ごめんね
でも休憩中の可愛いルピちゃんの様子はちゃんと撮ってるよ~

ボールが欲しくて思い切り手を伸ばすルピカ。
P1136374_ss
何度もトライし、かえって遠くに押しやってしまったりもしたけど、
最後は手にすることができて満足顔
P1136378_ss
ルピちゃんも本当はボールのほうが好きなんだもんね。
それでもいつの間にか、「ディスクするよ」と言うとすぐにボールを離して
ディスクに集中してくれるようになったのは嬉しいことです

 
季節的にトンボがいっぱい。こちらは多分アキアカネのメス
P1136384_ss
オスは真っ赤になりますが、メスや若いオスは黄色っぽいそうです。
トンボがとまっているのはヤマボウシの実です。もうすぐ赤くなるはず。

こちらはクロヒカゲ
P1136421_ss
こげ茶色っぽくて目玉模様が特徴的。
とまっているときはほとんど羽を開きません。
蝶にしては暗いところが好きらしく、日陰に停めた車の周囲を飛び回っては
地面にとまって休んでいました。

上を見上げると電線にツバメが集団でお休み中。
P1136420_ss
ツバメってあまり群れるイメージはなかったのですが、
各々の巣での子育てという単独行動は繁殖期のみのだそうで、
渡りの時期が近くなると、成長した若鳥も含めて集団で過ごすようです。
このときが8月末、もうすぐ渡っていくのですね。みん頑張れ

 
お昼は山賊焼き定食トマトカレー
P1136428_ss P1136429_ss
トマトカレーは初めてでしたが、上にのってるお野菜も含めて美味しかった!

 
 
そのあとは蓼科の「横谷峡」へ行ってみました。
P1136443_ss
渋川沿いに「奥蓼科温泉郷」の旅館や滝が点在しています。
4~5キロの遊歩道がありますが、今回はその一部を散策しました。

この辺りはなかなかすごい地層で、それも興味深いです。
P1136510_ss

散策路を確認して、シールピも一緒に行ってみましょう。
P1136442_ss

まずは乙女滝へ。
P1136444_ss
散策というほどもなく、すぐに・・・

こちらが「乙女滝」
P1136449_ss
落差15メートル。なかなかな迫力ある滝でちょっとビックリ!
いえ、乙女滝という名前から勝手に、水量少なめで緩やかな白糸の滝のような
感じを想像していたものですから、その豪快さが意外だったのです
P1136446_ss
P1136465_ss 実はこの乙女滝、農業用水路である「大河原堰」の一部で、人工の滝です。
蓼科山から流れ出る滝之湯川の水を、急峻な崖で一気に落下させ、
集めた水を渋川からの水と併せて樋(とい)で渡し、下流の地区に流しています。

このように用水路を巡らせて水の豊富な地域から下流の水不足の地域へと送ることによって、
水が安定供給され、米の収穫量が増えたそうで、現在でもこの仕組みは維持管理されています。

「繰越堰」と呼ばれるこの仕組みを開発したのは茅野市の名主・坂本養川で、市内には銅像もあります。
この「大河原堰」は下流の「滝之湯堰」とともに「世界かんがい遺産」に登録されています。

少しすると青空になり、いい感じに陽が射してきました。
P1136455_01_ss P1136460_01_ss
後ろで結構な迫力ですが、シールピとも怖がることもなくお写真撮れました

 
もう少し散策へ。
こちらは横谷峡の一軒宿「横谷温泉旅館」
P1136471_ss
創業99年になる老舗は、この日も宿泊客の車でいっぱいでした。
渓流散策にはこの旅館の敷地を通り抜けて行きます。
P1136472_01_ss P1136476_ss
「失礼します」と言いながら通らせていただき、裏手の渓流路へ。
P1136486_ss

少し歩くと「霧降の滝」
P1136488_ss
乙女滝を見たあとだと穏やかな滝という印象ですが、
こちらは渓流のなかでの自然の滝として趣が感じられます。

散策路の両脇の岩にはあちこち水が浸み出しています。
P1136494_ss
やはり水が豊富なんですね。

この辺で見かけた野草。ツリフネソウだと思います。
P1136502_ss

ここから先も渓流沿いを歩いて散策できるのですが、
今回は一旦戻ってその先へは車で「メルヘン街道」を走って移動。

途中でシカの親子に出会いました。この辺は多いですね。
P1136521_ss

「横谷観音」へと続く道の駐車場にはすぐ横に展望デッキがあります。
P1136523_ss
茅野の街を見下ろせる眺望。
ちょっと時間が遅めだったのと霞んでいるのが残念ですが

ここからまた少し歩きます。
P1136524_ss

途中「大瀧神社」への入口となる鳥居があります。
P1136526_ss
今回はこちらへは立ち寄りませんでしたが、少し頑張って登って行った先では、
黒曜石のご神体が祀られているそうです。

鳥居を横に通り過ぎて先へと歩くと「横谷観音」の安置されているお堂に到着。
今になって気づいたのですが、お堂の写真を撮り忘れてた~
代わりに説明板を載せておきます
P1136527_ss
お堂の中にはすらっとした立ち姿の美しい観音様がいらっしゃいました。

その先の展望場所から見た渓谷。
P1136533_ss
左下にほんのちょこっと滝が見えます。
拡大したのがこちら。
P1136534_ss
横谷峡の滝のひとつ、「王滝」です。
ここからでは小さくしか見えませんが、実際は落差のある大きな滝。
歩けば展望所があるそうなので、次回はルートをしっかり考えて、
王滝をはじめとする横谷峡の他の滝、岩、池などを回ってみたいと思います。

展望所近くにあった野草。クサボタンっていうのかな。
P1136536_ss
普段見かけない野草を見て写真に収め、あとから調べて知るのも楽しいです。

 
午後から数時間の横谷峡散策、ほんの一部でしたが楽しかったです。
蓼科、茅野周辺にはいいところがいっぱいありますね。

今回は久しぶりに少し「散策」することができました。
夏頃までは骨折後の足首にまだ痛みが残っていて、
長く歩いたり足場の悪いところはちょっと避けたい状態でしたが、
もう大丈夫なので、この秋はどんどんお出かけしてきたいです

| | コメント (0)

« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »