« 実家の片づけ | トップページ | 中野の棚田 »

2022年9月 8日 (木)

横谷峡散策ほか

実家の片づけもほぼ目途が立ってきた8月下旬、
久しぶりにちょっとお出かけしました。
ずっと我慢してたシールピのためにというのがいちばんの目的

広々とした芝生広場も久しぶり!
P1136404_ss
まずは思い切り楽しんでもらいましょう
P1136369_01_ss
シトラスのボールを使ってのフリー。ディスク以上に派手なお弾き!
でもそれもまた楽しいね

ルピカの練習中の写真が少ないのはシトラスのせいです
大人しく待っていられないシトラスをケアしていて写真を撮る余裕がない。。。
ルピちゃん、ごめんね
でも休憩中の可愛いルピちゃんの様子はちゃんと撮ってるよ~

ボールが欲しくて思い切り手を伸ばすルピカ。
P1136374_ss
何度もトライし、かえって遠くに押しやってしまったりもしたけど、
最後は手にすることができて満足顔
P1136378_ss
ルピちゃんも本当はボールのほうが好きなんだもんね。
それでもいつの間にか、「ディスクするよ」と言うとすぐにボールを離して
ディスクに集中してくれるようになったのは嬉しいことです

 
季節的にトンボがいっぱい。こちらは多分アキアカネのメス
P1136384_ss
オスは真っ赤になりますが、メスや若いオスは黄色っぽいそうです。
トンボがとまっているのはヤマボウシの実です。もうすぐ赤くなるはず。

こちらはクロヒカゲ
P1136421_ss
こげ茶色っぽくて目玉模様が特徴的。
とまっているときはほとんど羽を開きません。
蝶にしては暗いところが好きらしく、日陰に停めた車の周囲を飛び回っては
地面にとまって休んでいました。

上を見上げると電線にツバメが集団でお休み中。
P1136420_ss
ツバメってあまり群れるイメージはなかったのですが、
各々の巣での子育てという単独行動は繁殖期のみのだそうで、
渡りの時期が近くなると、成長した若鳥も含めて集団で過ごすようです。
このときが8月末、もうすぐ渡っていくのですね。みん頑張れ

 
お昼は山賊焼き定食トマトカレー
P1136428_ss P1136429_ss
トマトカレーは初めてでしたが、上にのってるお野菜も含めて美味しかった!

 
 
そのあとは蓼科の「横谷峡」へ行ってみました。
P1136443_ss
渋川沿いに「奥蓼科温泉郷」の旅館や滝が点在しています。
4~5キロの遊歩道がありますが、今回はその一部を散策しました。

この辺りはなかなかすごい地層で、それも興味深いです。
P1136510_ss

散策路を確認して、シールピも一緒に行ってみましょう。
P1136442_ss

まずは乙女滝へ。
P1136444_ss
散策というほどもなく、すぐに・・・

こちらが「乙女滝」
P1136449_ss
落差15メートル。なかなかな迫力ある滝でちょっとビックリ!
いえ、乙女滝という名前から勝手に、水量少なめで緩やかな白糸の滝のような
感じを想像していたものですから、その豪快さが意外だったのです
P1136446_ss
P1136465_ss 実はこの乙女滝、農業用水路である「大河原堰」の一部で、人工の滝です。
蓼科山から流れ出る滝之湯川の水を、急峻な崖で一気に落下させ、
集めた水を渋川からの水と併せて樋(とい)で渡し、下流の地区に流しています。

このように用水路を巡らせて水の豊富な地域から下流の水不足の地域へと送ることによって、
水が安定供給され、米の収穫量が増えたそうで、現在でもこの仕組みは維持管理されています。

「繰越堰」と呼ばれるこの仕組みを開発したのは茅野市の名主・坂本養川で、市内には銅像もあります。
この「大河原堰」は下流の「滝之湯堰」とともに「世界かんがい遺産」に登録されています。

少しすると青空になり、いい感じに陽が射してきました。
P1136455_01_ss P1136460_01_ss
後ろで結構な迫力ですが、シールピとも怖がることもなくお写真撮れました

 
もう少し散策へ。
こちらは横谷峡の一軒宿「横谷温泉旅館」
P1136471_ss
創業99年になる老舗は、この日も宿泊客の車でいっぱいでした。
渓流散策にはこの旅館の敷地を通り抜けて行きます。
P1136472_01_ss P1136476_ss
「失礼します」と言いながら通らせていただき、裏手の渓流路へ。
P1136486_ss

少し歩くと「霧降の滝」
P1136488_ss
乙女滝を見たあとだと穏やかな滝という印象ですが、
こちらは渓流のなかでの自然の滝として趣が感じられます。

散策路の両脇の岩にはあちこち水が浸み出しています。
P1136494_ss
やはり水が豊富なんですね。

この辺で見かけた野草。ツリフネソウだと思います。
P1136502_ss

ここから先も渓流沿いを歩いて散策できるのですが、
今回は一旦戻ってその先へは車で「メルヘン街道」を走って移動。

途中でシカの親子に出会いました。この辺は多いですね。
P1136521_ss

「横谷観音」へと続く道の駐車場にはすぐ横に展望デッキがあります。
P1136523_ss
茅野の街を見下ろせる眺望。
ちょっと時間が遅めだったのと霞んでいるのが残念ですが

ここからまた少し歩きます。
P1136524_ss

途中「大瀧神社」への入口となる鳥居があります。
P1136526_ss
今回はこちらへは立ち寄りませんでしたが、少し頑張って登って行った先では、
黒曜石のご神体が祀られているそうです。

鳥居を横に通り過ぎて先へと歩くと「横谷観音」の安置されているお堂に到着。
今になって気づいたのですが、お堂の写真を撮り忘れてた~
代わりに説明板を載せておきます
P1136527_ss
お堂の中にはすらっとした立ち姿の美しい観音様がいらっしゃいました。

その先の展望場所から見た渓谷。
P1136533_ss
左下にほんのちょこっと滝が見えます。
拡大したのがこちら。
P1136534_ss
横谷峡の滝のひとつ、「王滝」です。
ここからでは小さくしか見えませんが、実際は落差のある大きな滝。
歩けば展望所があるそうなので、次回はルートをしっかり考えて、
王滝をはじめとする横谷峡の他の滝、岩、池などを回ってみたいと思います。

展望所近くにあった野草。クサボタンっていうのかな。
P1136536_ss
普段見かけない野草を見て写真に収め、あとから調べて知るのも楽しいです。

 
午後から数時間の横谷峡散策、ほんの一部でしたが楽しかったです。
蓼科、茅野周辺にはいいところがいっぱいありますね。

今回は久しぶりに少し「散策」することができました。
夏頃までは骨折後の足首にまだ痛みが残っていて、
長く歩いたり足場の悪いところはちょっと避けたい状態でしたが、
もう大丈夫なので、この秋はどんどんお出かけしてきたいです

|

« 実家の片づけ | トップページ | 中野の棚田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実家の片づけ | トップページ | 中野の棚田 »