お出かけ・アウトドア

2021年11月19日 (金)

紅葉の旅③ 彫刻公園

道の駅に隣接してあるのが「蓼科高原芸術の森 彫刻公園」
道の駅入り口にもこのような看板があります。
Photo_6554189_dji_589_jpg_2581238_0_2021

彫刻公園はリゾートホテル蓼科の敷地内にあります。
以前は有料でしたが、現ホテルになったときに無料開放となりました。
Photo_6554157_dji_557_jpg_6576071_0_2021
自然の風景のなかに彫刻を展示している野外美術館で、
北村西望氏の作品を中心に多数の作品が点在しています。

 
まずは道の駅から湖畔沿いに歩いていきます。
P1091520_ss

最初に出逢った作品がこちら「虎」
P1091528_ss_20211130232701 P1091524_ss
「あなたはだあれ?」という感じのルピカ。
お仲間だと思ったのか、ご挨拶してみたり、嬉しそうにこっちを見たり。
でもあまり触れてはいけないと思ったのか、遠慮がちにご挨拶していました。

隣にはライオン(獅子)もありましたが、虎さんのほうが親近感あったようです。
P1091532_01_ss

 
その少し先に子供の像があり作品名を見ると・・・おぉ、北村西望!
P1091535_ss P1091536_ss
あの「長崎平和祈念像」で有名な日本を代表する彫刻家じゃないですか!
平和公園で見たときには訴えかけてくるものに圧倒されたっけ。

この彫刻公園には北村西望氏の作品がたくさんあるのですが、
そのことを知らずに歩き始めたので、驚くやら嬉しいやら
先ほどルピカがご挨拶した虎も西村西望氏の作品だったとは・・・
どうもルピカが失礼致しました

北村西望氏の像もありました。
P1091558_ss P1091559_ss
蓼科にどんなゆかりがあるのか、そのあたりはよくわかりませんが、
作品がいっぱいあるので、このあとまたご紹介します。

 
散策の途中にドッグランがあったので遊ばせていただきました。
P1091537_01_ss
怖がりなルピカは先にシトラスが動いてくれると安心してついていきます。
そしてやってみたら楽しかったらしく、ひとりでも何度でも上る。
P1091545_ss P1091540_ss
頂上で「待て」してからの「おいで!」を何度かしてたんだけど、
段々とテンション上がって大胆になっていたようで・・・
P1091542_01_ss
この写真見たら、ルピカ、ここから飛んじゃってますよね
そのときは気づかなかったのですが、ケガしなくてよかった
P1091551_ss P1091552_ss
ここではルピカのほうが楽しんだようで、シトラスが降りてしまったあとも
頂上で笑顔いっぱいでした。なんか凛々しいじゃないの~

 
散策を続けます。
P1091562_ss
池や小川もあってきれいな公園です。
P1091573_01_ss
水がきれいだからバイカモもきれいに揺れていました。
P1091565_ss

芝生広場だけでなく、この噴水の奥の丘のほうも散策。
P1091577_ss

自然の雑木林という感じ。
P1091579_ss

木々の間に作品が点在しています。
P1091581_ss P1091600_ss
左は「若き日の母」とても優しい表情で素敵ですね。
各作品が自然に溶け込んでる感じです。

落ち葉のなかをカサカサと歩くのもまた季節感あって楽しいです。
P1091588_ss

丘の雑木林散策を終えてまた芝生広場近くへ戻ってきました。
P1091613_ss
お散歩のワンコさんに会うたびルピカはご挨拶。

こちらも北村西望氏作品。
P1091608_ss P1091616_ss
左「自由の女神」 右「花吹雪」

そして湖の対岸からも見えるところにも同氏の作品「世界連邦平和像」
P1091620_ss
躍動感ある作品が青空と紅葉をバックに映えます。
P1091626_01_ss
せっかくだから作品をバックにシールピも1枚。

 
湖畔沿いの紅葉がまたきれい!
P1091641_ss P1091650_ss

 
彫刻公園の散策では作品も紅葉も堪能しました。
北村西望氏以外の作品も含めて、あちこち見て回るのは楽しかったです

以前、美ケ原高原美術館や箱根彫刻の森美術館などへも行きましたが、
こうした野外の美術館は楽しいですね。
自然のなか気持ちがいいし、ワンコも一緒に楽しめるのがありがたいです

そういえば昔、美ケ原高原美術館に行ったとき、風力発電の風車に向かって、
バジルがワゥワゥ吠えてたっけ。
風車にテンション上がるバジル。御前崎でもいつも「くるくる」に挑んでました。
いい思い出です

そんなことを思い出しながら、今ちょっと調べてみたら、
美ケ原の風力発電は今はもう撤去されてしまって無いらしい。
数年間しか存在しなかったそうなので、その間に行かれたのはラッキーだったかも。
風車大好きバジルがいたから吸い寄せられるように行ったのかな?

・・・などと遠い日へ思いを馳せてしまいました。

 
彫刻公園のあとも蓼科ドライブで綺麗な紅葉スポットがありました。
それはまた次に。。。

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

紅葉の旅② 道の駅蓼科湖

紅葉の旅の続きです。
写真をたくさん撮っちゃったので、整理するだけで時間かかってしまって

道の駅ビーナスライン蓼科湖で車泊。
Photo_6554184_dji_584_jpg_671123_0_20211
昨年7月にオープンしたばかりのまだ新しい道の駅です。

 
夜の間は全貌がよくわかりませんでしたが、
朝になってみると期待どおりの美しい光景が広がっていました
いえ、期待以上です!
P1091504_ss

木立の中をお散歩。
P1091497_ss P1091500_ss_20211123012501
Photo_6554086_dji_486_jpg_6485730_0_2021 Photo_6554090_dji_490_jpg_6527251_0_2021
Photo_6554085_dji_485_jpg_6400141_0_2021

前の晩にライトアップされていたのはあの対岸です。
Photo_6554093_dji_493_jpg_4866608_0_2021
思ったとおり色とりどりで本当にきれい!

湖にはやっぱり大きな白鳥さんですね 2羽のくちばしでハート型ができてる
P1091511_ss P1091514_ss

どこを見ても綺麗でやたら写真を撮ってしまいました。
P1091516_ss

道の駅の敷地内を散策しただけでもこんなに紅葉を楽しめてしまいました

ここで道の駅の施設についてもちょっと紹介しておきましょう。

こちら左手側はトイレ棟
Photo_6554194_dji_594_jpg_6528372_0_2021
まだ新しいので綺麗で快適!

こちらは蓼科アイスのお店。
Photo_6554197_dji_597_jpg_6401952_0_2021
昭和の時代から著名な文化人に愛されたお店「蓼科アイス」の復刻店だそうで、
古い写真を見るとその雰囲気をそのまま継いでいるのがわかります。

ほかにも新しい施設があったのですが、このときはシートに覆われて改装中。
でも農産物直売やテイクアウトなどの場所のようです。
トイレ棟もそうでしたが、この改装中の建物もガラス張りでお洒落です。

新しい施設だけでなく、道の駅になる前からの店舗やレストランもあります。 

道路を挟んだ向かい側には観光案内所があります。
Photo_6554205_dji_605_jpg_6027174_0_2021
標高1230メートルとの表示がありました。
朝晩はかなり冷えましたが、この寒暖差のお陰で紅葉が綺麗なんですね。

 
以上、道の駅を紹介したところで一旦締めようと思います。
このあと
隣接する彫刻公園を散策したので、そちらに続きます。

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

紅葉の旅 まずはシールピと

11月上旬、紅葉を楽しみたいと思って出かけました

旅をしながらシールピと一緒にいろいろなことを経験し、楽しみ、
お互いの信頼関係がより深まったらいいなという思いもあってのお出かけ。
実は今までルピカとはあまり旅ができてないんですよね。
ルピカが来た年はHiro坊は仕事を変わったばかりで長い休みをとらなかったし、
その後はコロナで今に至っているもので
代々我が家の子達は旅によって家族として深まってきていたんです。
だから旅は大事!ルピカともまだまだこれから!・・・ですよね

 
今回も長野方面。八ヶ岳も前回より色づいていました。
P1091336_ss

紅葉も楽しむけど、まずはシールピにもたくさん楽しんでもらいます。
シトラスには口に優しいボール。
P1091346_ss
シーちゃん、ボールを股の間に挟んでるの?

って、いやいや要はこういうことですよ~
P1091347_ss
いちばんの得意技スカッ跳び!
8年間ずっとこんな感じでやっております
でもシトラスはいつもとっても楽しそう!そして私達も楽しくていつも大笑い!
下手っぴなことに何も悩みもありませ~ん!むしろ誇り?

一方ルピカとはまだまだコミュニケーションが必要。
P1091447_ss
練習しながら休みながら、ルピカとの仲を深めようと頑張ってます。

そんな様子をジッと見ているシトラスの後ろ姿がまた可愛い
P1091455_ss

そしてコミュニケーションの成果か、戻ってきたルピカがまたいい顔
P1091350_ss
立ち耳をねかせちゃってずっと嬉しそうだったんですよ。
「楽しかったよ~」と私にくっついてきてくれたルピカ。可愛いかった

P1091357_ss_01
運動するには暑すぎず寒すぎずの気持ちいい季節。

P1091385_ss
P1091393_ss
青空と紅葉の美しい絵が描けることでしょうね。

大好きなエナガも近くの木に遊びに来てくれました。
P1091369_ss
ジッとしててくれないから写真撮るのはとても難しい!
P1091381_ss
しかもいつも高い枝にいるから、こうしたお尻写真が多かったりして

 
途中で昼食へ
気持ちのいいお天気だったのでテラス席でいただきました。
P1091407_ss
フレッシュ野菜サラダ。ドレッシングがまた美味しいのです。
P1091412_ss
Hiro坊は山賊焼き定食、私はハヤシライス。ご馳走様でした

そうそう、テラス席はとても気持ちよかったんだけど、
食事が終わった頃、蜂(小さめスズメバチ)が飛んできてちょっとパタパタ
それに店員さんが気づいて店内に案内してくれました。
秋はハチが神経過敏で活発に活動する危ない時期なんですね。
でもお陰さまで、食後のコーヒーは中でゆっくりいただくことができました

 
そしてまた戻ってちょっと走って。
P1091424_ss P1091429_ss
記念撮影はいつものことながら・・・
シーちゃんったら可愛いんだけどね。でもいつもこれじゃダメでしょう

シールピにとっても私達にとってもいい練習ができました

 
このあと道の駅ビーナスライン蓼科湖へ。
道の駅としてオ-プンしたのは昨年7月の新しい道の駅。
P1091460_ss P1091475_ss
着いた時には暗くなってたけど、夜景もきれい!
明るくなってからが期待できそうです

この晩はここで車泊することに決めて、一旦下りて茅野で食事し、また戻りました。
夜空もまたとてもきれいでした
星がものすごくたくさん見えたし、眺めていたら流れ星も
ひとつめは私だけ気づいて、ふたつめはHiro坊と同時に「流れた!」と。

翌朝どんな景色が広がるのか楽しみに思いながら休みました

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

八千穂高原へドライブ

10月下旬、山梨から長野方面をドライブしてきました。
といっても、我が家からは中央道に乗るのが楽なので、
今回に限らず、お出かけ先としては圧倒的にそのあたりが多いのですが

中央道から見た八ヶ岳
P1080923_ss
左端に見えるのはアルピコ交通のバス。長野県の鉄道バス会社です。
デザインが綺麗で私は好きなんですよ~。
たまたま撮った1枚に写ってたなんてなんだか嬉しい

 
今回は八千穂高原の方へ行ってみようということで、
須玉ICで下りるつもりが過ぎてしまい、小淵沢ICで下りました。
でもそのお陰で寄れたところもあって、失敗も悪くなかったかな

こちらもそのひとつ、まきば公園
P1080925_ss P1080928_ss
山がきれいだなと思いながら撮っていたら、何かいるのに気づきました。
いい環境で幸った牛さん達から美味しいミルクができるのでしょうね。
P1080931_ss
反対側は遠くまで見渡せる気持ちのいいところです。

 
そこからすぐ先には東沢大橋
P1080934_ss
展望駐車場もあるので、そこに停めて写真を撮りました。
P1080947_ss
紅葉には早かったけど、それだけに橋の赤が鮮やかに目立ちます!

 
そこから近かったので清泉寮にも寄りました。
P1080965_ss
「清里開拓の父」ポール・ラッシュ博士(写真右の像)によって設立された
宿泊研修施設で、言わずと知れた有名観光地。

そしてここに来たらやっぱりこれ!
P1080954_ss
すみませ~ん!溶ける前にてっぺんを食べてしまいました
もちろん本当はちゃんと綺麗な形です。
ここでソフトクリームを食べるのは30年ぶりくらいかな。
まだ結婚する前にHiro坊と来たんだったなぁ。
ちょっとジェラートっぽい感じのソフトクリームは私の好み。
濃いけど爽やかでとても美味しかったです

植え込みには可愛い花も咲いていました。名前は・・・?
P1080969_ss P1080970_ss

 
そこからしばらくはシールピもハウスから出して一緒に移動。
P1080988_ss
あ、といっても、この写真は駐車場で停まっているときです。
移動中はシールピもこんなふうに前に出てきたりはしませんし。

 
そこからJR小海線と並行するようなルートで上りながら八千穂高原へ。

こちらは管理釣り場となっている八千穂レイク
P1081048_ss
我が家も一度ここで釣りしたことあります。
期間外で釣りはできませんが、気持ちのいいところです。

湖畔を歩き、その周囲も散策しました。
P1080999_ss

ミズナラの木が5本、それで5人衆。写真左の奥3本がそのうちの3人衆。
P1081003_ss P1081007_ss

紅葉も進んできています。右はズミ(実が黄色い種でキミズミというのかな)
P1081002_ss P1081015_ss

そして車道を挟んだ向こう側(右側)は白樺林。
P1081067_ss  

八千穂高原の白樺林は「日本一美しい白樺群生地」ともいわれています。
P1081031_ss P1081039_ss
実際本当に美しいんです
白樺って、白いといっても多少くすんでいたりするものも多いと思うのですが、
ここの白樺はほぼすべてが真っ白! 美しい白なんです。
この日は青空も相まって見上げる景色は本当に美しく、心もスッキリ!
また違う季節にも立ち寄りたいものです。新緑の季節なんかいいかな 

 
その後山道を走っていたら鹿さんに出逢いました。
P1081082_ss
親子かな?先に気づいたお母さん鹿(多分)がこっちを見ています。
と思ったら、お母さん鹿は踵を返して奥の方へ・・・
P1081084_ss
でも若鹿のほうは暫くこちらをじーっと見ていました。
まだお母さんより警戒心が少ないのかな?
山道で鹿に出逢うことは珍しくはないのですが、みんながこんなにゆっくり
写真を撮らせてくれるわけではないので、その意味でこの子は可愛かったです

 
そのあと走って山道を下り、暗くなる前にシールピもちょっと運動。
久しぶりにいわゆるドライブを楽しんだ一日でした

| | コメント (0)

2021年10月29日 (金)

お出かけは短め

今年は地元自治会のお当番で、なにか用事が入ることもあり得るので、
あまり留守にしないようにしています。
お出かけも近場で1~2日。
でもそれはそれでまた楽しいものです。
近場でも知らないところがいっぱいだなぁとあらためて感じています。

 
このときもお馴染みのところへ。
P1080701_ss P1080718_ss 
ちょっと寒いところは紅葉が進んでいます

この日に出逢ったボーダーのジン君とアル君。
P1080714_ss P1080716_ss
ジン君はまだ1歳の元気な男の子。

こちらはマールのラブ君。
前回会ったときはまだ小さかったのにすっかり大きくなっていました。
P1080732_ss P1080741_01_ss
奥様にも入ってもらって、シールピとも一緒に1枚。
またここでそのうちお会いできるかな?

P1080742_ss
空から一筋の光・・・一筋じゃないけど光のカーテンのようでした。

 
この晩は雨が降りましたが、翌日は朝から晴れ
談合坂SAで朝のお散歩。

珍しくふたり揃って可愛く撮れた!
P1080748_ss
カメラ目線の可愛いルピカの写真を撮るのは結構難しいので、
「せっかくの機会を逃さないように!」とたくさん撮っちゃった

ずっと注目しててくれたけど、そのうち何かが気になったようで
P1080754_ss P1080755_ss
上を見上げてキョロキョロ。
P1080757_ss P1080756_ss
日差しが眩しそうで目をショボショボ。

シトラスはよく注目してくれるしいい笑顔もくれます
P1080770_ss
ただあまり長く待たせてると寄って来ちゃったりするんですよねぇ
そのへんルピカのほうがちゃんとしています。
シトラスは一時期ひとりぼっちを経験して以降ちょっと分離不安気味。
それでも待てはちゃんとできないといけないですね

岩の上でも枚。前回メッツァヴィレッジで撮った時より上手に並んでます
P1080801_ss P1080790_ss
右はルピカのぶ~顔!ぷぷっ!ぶっちゃいくだね~
でも可愛い写真も撮らせてくれたから、この顔もまた撮れてよかったわ~。

 
このあとは遠回りというか寄り道しながら帰ります。

この日はルピカへのちょっと新しい試み。
通常、移動中のシールピはハウスに入っているのですが、
ちょっと車のベッドの上に出して一緒に過ごしてみました。
P1080806_ss
ルピカはとにかくビビリで怖いものいっぱい、いつも警戒モードで、
すぐにハウスに逃げ込もうとします。
少し違う環境で、違う光景を見て、いろいろなことに慣れていって
もらえたら何か変わってくるかなと期待して・・・

最初は落ち着かず、ハウスに入りたい!という感じで困った顔(写真上)
でしたが、そのうち諦めて伏せて少し楽な体勢に・・・
P1080807_ss
ずっと緊張してるよりはいい傾向かな。

この時間がただただ苦痛だと可哀そうなので、
大好きなペットボトルで遊んであげたりもして・・・
P1080808_ss
どんなときも私達と一緒なら怖くないし、楽しいことがあると思って、
ゆったりした気持ちでいてもらいたいんですよね。
こんな時間も大切なコミュニケーションの時間。
外を見て楽しむくらいの余裕が出てくるといいかなと。
バジルがゆったりした気分で窓からの景色をすごく楽しんでいたように

といっても安全の面からこれは一般道でのんびり走れるときだけです。
高速移動時はもちろん、基本的にはこれからもハウスインです

 
寄り道は狭山湖周辺。
P1080844_ss

シールピも一緒にちょっとお散歩。
P1080847_ss P1080848_ss
草むらにトノサマバッタがたくさんいてびっくり!見たのは久しぶりだったわ。
P1080854_ss P1080853_ss
右上の実は何かしら?
で、あとから写真見て気づいたんだけど、実にカメムシが乗ってる~!

 
そしてすぐ隣の多摩湖へ。
私はすごい昔に行ったことあるんだけど、その頃はどんなだったかしら?
P1080861_ss
案内板によると、第一取水塔はルネッサンス様式で、平成21年に
「東京都選定歴史建造物」に選ばれたそうです。
とても素敵ですね

湖の向こう側は西武園ゆうえんち。
P1080864_ss
この堤防の上はきれいな遊歩道です。
遊歩道からジグザグの階段を下りると公園。
P1080870_ss P1080871_ss
公園内で出逢った方が野鳥や釣りの経験豊富な方で、我が家の釣り話も含めて
いろいろな話ができ、なかなか楽しい時間となりました

まだ明るいうちに帰宅。
多摩湖からの帰り道が思った以上に近くて、今更ながらびっくりでした

| | コメント (0)

2021年10月26日 (火)

もうひとつ寄り道

メッツァヴィレッジのあともうひとつ寄り道してきました。

日高市の「巾着田曼殊沙華公園
P1080642_ss
その名のとおり、曼殊沙華(彼岸花)の群生する公園です。

といっても10月上旬だったので彼岸花は既に終了した時期。
しかも今年はコロナ対策として、開花前に刈り込まれたとのことだったので
彼岸花には期待せず、でも今後の参考のために行ってみました。

HPなどでは例年の一面真っ赤な写真が載っていますが、その色味は無し。

それでもポツポツと健気に花を咲かせてくれていたものも
P1080614_ss 
ちなみに花が咲き終わったあとにはこんな葉っぱが出てきます。
P1080615_ss
ということで、園内はこのような葉っぱでいっぱいでした

 
そして彼岸花は咲いてなくても、ここは四季折々楽しめるとのことで、
この季節にあったのはコスモス畑。
P1080622_ss
最盛期にはちょっと早かったけど、カメラマンさん達もいっぱいいました。

 
ここにいた赤とんぼは羽に柄入り。
P1080628_ss

この野の花は・・・
P1080634_ss
調べてみたところツガネニンジンというものかと思われます。
初めて知った

あとスイフヨウ(酔芙蓉)も咲いていました。
P1080638_ss
一日のなかで花色が白~ピンク~赤へと変化するんですね。

 
周回を歩いてみました。いいお散歩です。
P1080639_ss
遊歩道沿いには桜の木。春もまたきれいなんでしょうね。

ちょっとだけ彼岸花の群生が見られました。名残という感じですが
P1080643_ss

 
この公園は面白い形をしています。
P1080671_ss
蛇行した高麗川に囲まれて、その名のとおり巾着のような形。

川の方に行ってみました。
P1080646_ss P1080647_ss
ドレミファ橋」は10年ほど前に掛けられたようですが、
もともとは橋桁がなく飛び石だけで、「ドレミファ・・・」と歌いながら
跳んで渡ったのでこの名前になったとか。 
実はHiro坊母宅の近くに「ドレミファ坂」と呼ばれるところがあるので、
ちょっと親近感を感じてしまいました

 
水が苦手なルピカは足が浸かるだけでもちょっと微妙な表情。
P1080654_ss
でもすぐに慣れてきた様子。
P1080664_ss
近所の川もたまに入ってるもんね。ディスクが落ちちゃったときとか

日差しが暑かったので気持ちよかったかな。
P1080667_ss P1080669_ss
橋に付いた足跡が可愛い って全然珍しいことじゃないんだけど

場所を変えてまた少し川に入って。
P1080677_ss P1080684_ss

緑のなかの散策も気持ちよくて楽しかったです。
P1080673_ss
この両側も彼岸花の群生で、季節には真っ赤になるのでしょうね。
またその季節に来てみたいものです。

緑と花と川があっていい公園です。楽しませていただきました

| | コメント (0)

2021年10月23日 (土)

メッツァヴィレッジへ

またまた激遅になってしまいましたが・・・
羽生大会のあと、晩は狭山PAで休み、翌日ちょっと観光してきました。

飯能にあるメッツァヴィレッジ
P1080447_ss
「メッツァ」はフィンランド語で「森」を意味し、
北欧の雰囲気を感じられる「メッツァヴィレッジ」と
ムーミンの世界が広がる「ムーミンバレーパーク」の2ゾーンがあります。
P1080440_01_ss P1080444_ss
今回はメッツァヴィレッジのみで、奥のムーミンの方には行きませんでしたが、
あちこちでその雰囲気は楽しめました。

 
エントランスから歩いて行くと木が使われた建物マーケット棟。
P1080446_ss

とりあえず花壇の前で1枚。
P1080455_01_ss

向こうには湖「宮沢湖
P1080461_ss

遠くを見渡すとこんな感じ。自然豊かです。
P1080613_ss

歩いて行くと、左手には北欧風の店舗(これはのちほど)、右手は芝生広場。
P1080465_ss
ルピカはボール遊びの子供さんに釘づけ。
手前のシトラスの表情がなんかいいわ~

 
湖沿いの道を歩きます。ワン連れの方も結構いました。
P1080473_01_ss

途中にはネット張りの遊べるエリアがあります。
P1080555_ss
ここでもルピカは子供たちの歓声と吹き出すミストに釘づけ

 
湖のカヌー乗り場。この手前にはカヌー工房もあります。
P1080476_ss

さらにその先景色が素敵です
P1080483_ss P1080480_ss
奥の方に見えるいくつかの建物はムーミンバレーパークの施設。
手前の湖に張り出しているのはムーミンパパが作ったという「水浴び小屋
奥の森の中に見えるのは「海のオーケストラ号」という施設の一部かな。
ムーミンの世界観なんですね。
やっぱり次はこの森の中に行ってみたいと思います。

 
その先がムーミンバレーパークのウェルカムゲート
P1080484_ss
主要キャラクターの描かれた4冊の本です。
P1080492_01_ss P1080493_ss
子供の頃スナフキン(写真右上)のファンだったなぁ
P1080497_01_ss P1080499_01_ss
ムーミンパパ(写真右上)は広川太一郎さんの吹き替えがユニークで好きだったし
P1080526_ss

 
この先がムーミンバレーパークなのですが、今回は入らず付近の森をちょっと散策。
P1080505_ss P1080516_ss
日差しの強い日だったので、木立の中が気持ちよかったです。

 
ひととおおり来て様子はわかったので、このあとは戻りながら楽しみます。
P1080541_ss
切り株の上に上手に並べました。日差し暑いね

歩いていると頭上に・・・向こうの森とを繋ぐジップライン
P1080533_ss P1080532_ss
ちょうど一人通過。どうやら点検員さんのようです。
下からみんなで見上げて歓声送ったらカメラ目線くれました

 
お洒落な店舗が並ぶところまで戻ってきました。
P1080565_ss

北欧雑貨がいろいろ。
P1080569_ss

綺麗なブルーの建物ノルディクスにはカフェなどがあります。
P1080567_01_ss
私達もテラス席でちょっと休憩。
P1080581_01_ss P1080571_ss
暑かったのでアイスコーヒー。
P1080585_ss
ふたりとも基本的には大人しくしていますが、このときの状況はというと・・・
最後に残った氷をもらえるかな?と期待してHro坊を見上げるシトラスと、
向かい側の芝生広場で遊ぶ子供たちがきになって立ち上がってるルピカ。
どちらも「らしい」姿でした~

 
湖をバックに1枚。
P1080592_01_ss
右端に見えるのはムーミンバレーパークの灯台。

最後にいちばん入口近くのマーケット棟へ。
P1080608_ss
ここでも順番に行ってきます。
店内を見るのも楽しいし、こうしてシールピと一緒に待ちながら
のんびりしている時間もまたいいものです。

P1080595_ss
やっと出かけられるようになり、しかも気候も良くなってきて、
久しぶりにちょっとした観光レポを書いてみました。
思い出しながら書くと、また楽しい気分が戻ってきますね
でもお陰でなんだかアップに時間がかかってしまいました

| | コメント (2)

2021年10月 6日 (水)

久しぶりに

先週末は羽生大会に行ってきました。
宣言も解除になったので心おきなく、でもいろいろ注意しながら。
久しぶりの大会はやっぱり楽しかったですね~

で、その大会のことを書きたいところではあるのですが、
その前にちょっとだけ練習に行ってきたことを書こうかと思います。

------------------------------------

感染者数も減り宣言解除が見えてきた頃、久しぶりに出かけてみました。
人の少ない平日の夕方に出て、人の少ないところへ向けて。。。

その晩は中秋の名月。
P1080161_ss P1080171_ss
お天気が微妙でしたが、雲の合間に見ることができました。

 
翌朝、とても低い位置に虹が見えました。
P1080195_ss
このあと一瞬もっと色濃く鮮やかになったのですが、あっという間に消えた!
カメラの設定いじって顔上げたらもうほぼ色がないというほど一瞬。
そんなことってある???というほど一瞬でした。

 
久しぶりの芝生広場。
P1080209_ss
久しぶりに思い切り走れるね~

まずはシトラス、ルピカの順に軽くウォーミングアップ。
P1080200_ss
そしてひと休みしたとき、何気なく見ていたら・・・

ルピちゃん、足、真っ赤じゃないの~
P1080201_ss
狼爪やっちゃったのかぁ
そう思ってもう一度上の写真見ると、右足を不自然に浮かせてるわ

今日は思い切り走ってもらおう!と思っていたのに出鼻をくじかれた。。。

でも不幸中の幸いは狼爪だったこと!
狼爪なら走るぶんにはほとんど影響ないから。
更には一見した感じからして、すっぽり抜けてくれたっぽいということ!
抜けちゃってればあとは治るだけだからね

でもいちおうお手当はしないと・・・
ということで、一旦車まで戻り、救急セット持ってきてテーピングしました。
P1080203_ss
とりあえずうまく巻けた。ホッ
ルピカはものすごく怖がりなので、こういうときパニクッてしまうんです。
このときも暴れて大変 でも一瞬のチャンスを逃さず任務完了

そしてこのあとも普通に練習できました。
P1080212_ss
ちょっとだけ血が滲んできたけど、こんなもので済んでよかった。
ルピカ自身も普通に走ってました。

 
なんか休憩中の写真ばかりだわ。
P1080234_01_ss
練習中は私も見るのに真剣だからあまり写真撮ってなかったのねぇ。

こちらは氷ボトルに近づいては見上げるシトラス。
P1080208_ss
「氷欲しいいです!氷ください!」

ルピカは休憩中も周囲の様子が気になる気になる。。。
P1080235_ss
「あっちでボール遊びしてるワンコがいます~!」

 
練習の合間には自然のお写真あれこれ。
P1080225_ss

左はノギク系で可愛い。
右はアザミ。Hiro坊母が好きな花で、見るといつもそれを思います。
P1080248_ss P1080249_ss

左はキチョウ? 右はモンキチョウのメスかな?
P1080253_ss P1080264_ss
モンキチョウは目の色が緑です。知らなかったからちょっとびっくり!

 
シトラスは口に優しいボールで体力づくり。
P1080274_ss P1080299_ss

ルピカはディスク中心。お勉強することいっぱいだから。
でもディスク中の写真はほとんど撮ってなかった
代わりにボールを抱える姿。
P1080281_ss P1080282_ss
とりあえず狼爪は気にしてない様子。痛くないのかな、よかった
左手、右手、どちらの手でもボール抱えてるけど、利き手はどっちなのかな?

 
で、このボールを抱える姿、よく似てるんですよ~。
誰にって、ジェラートに・・・
Cimg0520_ss Dsc_5028_ss
そう、だってルピカはジェラートからの縁を感じて迎えた子。
我が家に来る前、空と交信しているような様子から星のスピカと名づけられていた子。
旅立ったばかりのジェラートとお話していたのかなと思ったんだったよね。
ふたりとも細~い足で、左手で抱えたり右手で抱えたり・・・そっくりじゃん!
毛や耳など姿形は似てないけど、何かしら思いを継いでくれてるんじゃないかな

 
この日はモフモフのお友達に出逢えました。
P1080276_ss
真っ白で真ん丸ふわふわでとても可愛い子でした

木陰は暑すぎず寒すぎず。気持ちいい気候になってきました。
P1080242_ss

遠くにこんな車が走っていくのが見えました。
P1080302_ss
キリンのデザインの車!
調べてみたら電気関連工事の高所作業車とわかりました。
この会社では嘱託警察犬を育てて地域貢献していたり、
車は「幸せの黄色いきりんちゃん」と呼ばれていたりと、
人を明るくする思いにあふれる地域に根差した会社のようです。
「幸せの黄色いきりんちゃん」出逢えてラッキーでした

 
車に戻る途中にも野の草花がいっぱい。
P1080312_ss P1080318_ss
左)大きな葉っぱの陰にほおずき。右)ワレモコウ。秋ですね。

 
久しぶりに自然いっぱいのところへ出かけ、そこでゆっくりした時間を過ごし、
シールピにも思い切り運動させてあげられて、いい一日になりました。

P1080326_ssもう少ししたら、こうして出かけることにためらいを感じなくてもよくなるのかな、そうだといいなと思いながら過ごした一日でもありました。

 
その晩は車泊して、翌日はお彼岸のお墓参り。
祝日なので混雑すると思い、朝早くに入ったのは正解でした。
人が増えてきた頃にはお参りを終え、お昼過ぎには帰宅。
ほんの1日半でしたが、噛みしめるように楽しんだ久しぶりのお出かけでした

| | コメント (4)

2021年5月 6日 (木)

釣り&ドッグラン

4月中に3回ほど、管理釣場とドッグランが併設されているところへ行ってきました。
5年ほど前に東京の中にできた管理釣場。
そして隣にはドッグランなど犬と過ごせる施設があります。

シールピも遊べるし、釣りもできるという我が家にとってはありがたい施設。
一度行ってみようとういことになりました。

 
ただ最初に行ったときは準備不足。
ドッグラン利用に必要なワクチン証明書を用意していかなかった~
なのでこの日は先に別の公園へ行ってシールピお散歩。
P1068474_ss
思いがけずネモフィラ畑があって楽しめました。
ネモフィラといえばひたち海浜公園。一度行ってみたいですね。
P1068475_ss P1068479_ss
芝生広場では遠くでディスク遊びをする子達にルピカが釘付け。
ルピちゃんは見てるだけでも楽しいんだよね。

 
それから釣り場へ。なかなか気持ちいいいところです。
P1068654_ss
水は以前よく行っていた他県の管釣りのような透明度はありませんが、
東京の管釣りと考えればいろいろな意味で十分だと思います。
多分寒い時期は水ももっときれいだったんじゃないでしょうか。

ヒレや尻尾が結構きれいなレインボー。大きさもそこそこ。
P1068708_ss
釣れてすぐなのでまだ口元にフライが見えます。
P1068709_ss
魚に触れないよう注意しながら針を外し、ネットの中でゆっくり泳がせてから
リリースします。
P1068497_ss
「お魚さん、ありがとね」

アオサギも来ています。
P1068483_ss
スッとした立ち姿はなかなか美しいわ。

終了直前にもヒット!
P1068503_ss

この日は3時間コースでしたが、久しぶりの釣りは十分楽しめました。

 
次に行ったときはワクチン証明書も持参し、まずはドッグランへ。
ディスクをしたり、他のワンコさんと触れ合ったり。
P1068650_01_ss
ランでの写真は撮らなかったけど、遊んだあと花壇の前で。
シールピにも楽しんでもらえたのでよかったです。

そのあと釣り。この日は2時間半程度だったかな
P1068666_ss
この場所はフライ優先エリア。バックスペースが取れるので。

その近くには藤棚がありました。白と紫。
P1068660_ss
それにしても季節が早いですねぇ。
私の中ではフジの花は5月ってイメージなんだけど。。。

 
そして3回目は少し早めの時間から行きました。
この日は釣りよりドッグランがいちばんの目的。
再度の緊急事態宣言で他県への移動がまた難しくなり、
都立公園の駐車場閉鎖も続いていて、本当に参りまして・・・
それだけにこのような施設はありがたいのです。
P1068702_ss

下の写真、奥にドッグランとレストラン棟があります。
P1068704_ss
ここにはドッグランのほか、プールや散策コースもあります。
これからの季節はプールが一番人気になるのかしら?

施設周辺にはこんな木々も。
P1068695_ss P1068697_ss
白い小花が咲いている木はアオダモかな。
茶色の実がなっている木はラクウショウ。紅葉するけど今は新芽がきれい。

早めの時間帯に行ったので、ドッグランも最初は結構すいていて、
ディスク練習もできました。
今回もドッグランでの写真を撮ってなかったことにあとで気づきました
P1068682_ss
こちらは人間用トイレの前にあるワンコ繋留場所。
ひとりのときなどはこういうところがあると本当に助かりますね。

釣りの券でドッグラン利用もできるので(別途ワンコの入場料が必要です)
この日は1日券を買って、まずドッグランでゆっくり過ごし、
それから昼食、その後のんびりと釣りをしました。

 
釣りをしながら、池の縁に目に入ったものがありました。
よく見たら羽化して飛び立つ前のトンボ。

この手の写真は苦手な方もいるかもしれないので、小さくしておきます
でもクリックしたら大きくなりますからご注意を~
P1068714_ss P1068723_ss P1068726_ss
気づいたときはまだ羽を閉じた状態(写真左)
その40分後、羽を広げ、位置も少し上に移動しています(写真中)
更に30分後、気づいたときには抜け殻だけが残されていました(写真右)

私が見始めたときにはもう体も羽も伸びてトンボの姿になっていたので、
ここまでの間にかなり時間がかかっていたんじゃないかな。
とりあえず無事に飛びたてて何よりです
水中でヤゴのうちに魚に食べられてしまう子もいるわけだし、
羽化がうまくいかず水に落ちてしまったりする子もいるようなので。

ちなみにこれはムギワラトンボ(シオカラトンボのメス)かと思われます。
まぁオスも最初は黄色っぽいから、ちょっとわからないけど。

 
トンボの観察なんぞしながら釣ってたからか、この日の私は釣果ゼロ
いや、アタリはたくさんあったし、ちゃんと掛かって手元まであと一歩
というのも2回あったのに、結局バレてしまった~

でもHiro坊が釣ってくれたので、魚の姿は見ることができました
P1068733_ss
いつも数では絶対Hiro坊に敵わないけど、最初のヒットが私だったり、
私に意外な大物がきたりってこともあるのに、この日は撃沈!
まぁそんな日もあるよね。自然相手、生き物相手。それが釣りというものです

ベンチもあるので、ちょっと座ったりしながら楽しめます。
P1068706_ss

ドッグランでシールピと楽しみ、釣りも楽しみ、
コロナ禍において近場でリフレッシュできる場が見つかってよかったです
といっても、釣り場はGWまでで一旦終了。次の再開は秋です。

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

もう一度練習へ

前記事のお出かけの翌週、再度シールピの運動&練習に行ってきました。
4月に入って、久しぶりに大会復帰を決めエントリーもしたので。

この日は日帰り。
今年は自治会班長だから、コロナ禍だからという理由だけでなく、
お出かけは控えめになるかな。

 
爽やかなお天気に気持ちのいい環境。
P1068354_ss

投げ練をするHiro坊に注目のふたり。
P1068350_ss
休憩しながらのんびりと練習。

 
後ろの木々には何かしらの野鳥が群れで来ていました。
P1068357_ss
鳴き声・さえずりでわかる野鳥も多いのですが、これはすぐにはわからず、
写真を撮って拡大して見て、はじめてわかりました。
マヒワ。
黄色い体に黒い縞が入っています。
そして尻尾が特徴的。魚の尻尾のような形をしています。
P1068366_ss
マヒワは過去に一度だけ地元公園で見たことがあります。
今回はマヒワに出逢えただけでも、頑張って行った甲斐があったかな。

 
お昼頃にはさらに気持ちのいい青空になりました。
P1068372_ss

昼食は前からちょっと気になっていたお蕎麦屋さんに行ってみました。
P1068381_ss
お願いしたのは籠にのったお料理。
お蕎麦の小鉢がふたつ(刻み大根、てんぷら)、炊き込みご飯、
おかず盛り合わせ、もずく酢、サラダ、漬物、抹茶寒天。
いろいろあって楽しかったし、どれもみな美味しかったです~

 
食事して出てきたら、雲もたくさん出てきてた~
P1068385_ss

でも再度広場に戻ってまたほんの少し練習。
暑いくらいだった日差しが弱まって、練習にはちょうどよかったです。

 
帰り道、畑でキジを見かけました。オスは色が綺麗ですね。
P1068391_ss
前回キジを見かけたのは、たしか曽根大会の帰り道。
あのあたりは桃の産地で、桃畑にいるのを見かけたんだったっけ。

 
帰り道はまた一般道でのんびりと。

途中、農家さんの一角にこんなものを発見!
P1068392_ss
カブトムシのオブジェ。かなり大きいです。
以前、花パークフィオーレというところに同じものがあったようですが、
閉園してしまったそうで、もしかしてこれがそのものなのかしら?
どちらにしてもなぜここにあるのかしら???
なんだか気になります。
次通ったときはまたどこかに移動してたりして・・・

 
さらに寄り道して、道の駅南きよさとを通ってみると・・・
P1068396_ss
たくさんの鯉のぼりです!
P1068399_ss
近くに行ったら何列も、本当にたくさんで壮観でした。
P1068408_ss
桜と鯉のぼり。
鯉のぼりにはそれぞれ名前が書いてありました。
子供たちの名前だと思われます。
空を泳ぐ鯉のぼりのように元気に育ちますように・・・ということですね。

 
このあと高速に乗って帰路へ。
この日は本当に日帰りしました。
でも久しぶりの大会に向けて、いい練習ができました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧