可愛いわんこ

2022年3月25日 (金)

お水大好き!

シトラスはお水が大好き!
本当に日々たくさん飲むんですよ~。

遠慮なくガブガブ飲んで、思い切りこぼします。
P1023243_ss P1023233_ss
しかも飲み始めると、飲み干さないと気が済まないようで、
ふと気づくとこんなふうにこっちを見ています(写真右上)

「お水入ってないんですけど・・・

私がすぐに気づかないときでも、声を出したりはせず、
ただひたすらジーっと目で訴えてきます。

「あ、ごめんごめん、お水なかったね」
とすぐ入れてあげることもあるけど、たまには
「シーちゃん、飲みすぎだから少し我慢してなさい」というときも。

 
そして我が家の床はいつもこんな状態に(写真左)
P1102944_ss P1102949_ss
窓へと続く光る水の道
だいたいお水飲んでは窓の方へ歩いていって外を覗くんですよね。
もちろん窓にも水だの鼻の跡だのがいっぱいです

「アタシ、何か変なこと致しましたか?」という顔のシトラス(写真右)

いいえ、いいのよ、シーちゃん。
飲みすぎが病気のサインってこともあるけど、
シーちゃんの場合はがぶ飲みが元気な証拠
熱が出たりするとお水飲まなくなっちゃって心配するから、飲んでくださいな

P1103061_ss 
あとこちらはお水繋がりじゃないけど・・・
加湿器の真横のシトラス。
なんだかそこに座って、ぼーっとこちらを見てる。
頭に蒸気をいっぱいかぶってるけど、そういうことなんにも気にしないんだよね

そうそう、シトラスの左側の壁(柱のように見えます)
壁紙が剥がれてるのはルピカの仕業です
ルピカはほとんど破壊したことないのに、ここだけはやっちゃったんですよねぇ。
いつか張り直そうと思いつつはや3年半。
ということは多分まだ当分このままでしょうね

 
シトラスのちょっとダメっぽいところを紹介しましたが、
ルピカにとってはとってもいいお姉さん!
ルピカが仕掛けるといつも相手してあげています。
P1102974_ss P1102971_ss
まぁ相手しながら、いつの間にか自分のほうが本気で楽しんじゃってるけど
でもルピカはそんなシー姉さんが大好き
よくくっついて寝ています。
仲良きことはいいことです

| | コメント (0)

2022年1月31日 (月)

体調不良だったふたり

なんだかこまごまとしたことがあって日々が過ぎてしまっています。

少し前のことになりますが、シールピにとっては大切なことなので、
記録として書いておこうと思います。

 
先月、シトラスとルピカが相次いで体調を崩してしまいました。

1月19日、シトラス発熱!

朝のゴハン準備をしているのにシトラスがキッチン入口に覗きにこないから、
おかしいな、もしかして・・・と思いつつ、とりあえずごはんタイム。
食べるのにちょっと時間かかったけど完食。

でも熱を測ってみると・・・41°

やっぱりかぁ。まさに熱がある時のシーちゃんだもんね
それでもゴハン完食するなんて、すごいわシーちゃん。
まぁ発熱に慣れてるからこそともいえるから、すごいと言っていいのか微妙だけど

でもさすがに41°の熱なのでぐったり
P1102705_ss
保冷剤にタオル巻いて脇の下を少し冷やしながら、
全身は寒くないよう毛布をかけて暫く寝てもらいました。

そしてお昼頃、毛布をかぶったまま起きてきました。
P1102707_ss
朝よりは目がしっかりしたかな?
それに少しだけどお水を飲んでくれたのはいい兆候
元気なときはガブ飲みするけど、調子悪いとお水も飲まなくなるので。
熱を測ってみると少し下がって40°
よかったよかった、下がってきた!
P1102708_ss
でもまだ動きは鈍くて、お水飲むとそのまま毛布にくるまって

そして夕方、やっと元気復活!
熱も39°まで下がりました。もうほぼ平熱だね。
もちろんごはん準備していたらキッチン入口にも覗きに来ましたよ~

 
シトラスの発熱は珍しいことではありません。
病院の先生方の間では「シーちゃんの謎の発熱」として情報共有されています。
1~4歳くらいまでは結構な頻度で起こしていましたが、
その後段々と落ち着いて、年に1回程度になりました。
最初はとても心配しましたが、いろいろ検査しても病気は見つからず、
半日から1日の間には熱も下がるとわかってきました。
それからは冷やすところは冷やし、温めるところは温めながら様子をみています。
今回もほぼそのとおり治まってくれてホッとしました

熱に関して、シトラスの場合はわかっているのですぐに病院に行ったりはしませんが、
そうでない場合は病院に行くことをお勧めします。

 
 
その2日後、1月21日、今度はルピカが嘔吐と下痢

ルピカの場合も、朝ゴハンの準備をしていてなんか変だなと気づきました。
もともとシトラスのように何度もキッチンに覗きにきたりはしないのですが、
ゴハンができたとわかると普段なら自分のハウスに戻るルピカ。
ところがこの朝はクッション上で動かない。。。

それでもゴハンを出したらとりあえず食べた。
けど食べるの遅いし、ミルクを残した。。。やっぱりおかしいわ

・・・と思っていたら、数分で食べたぶんを吐いてしまった。
しかも血が混じってる

その後トイレに出すと、ウンチも数回するうち血便になってしまいました。

1ヶ月前、Hiro坊母の葬儀の頃にも同様の症状で通院していたので、
今回もすぐに病院へ。
食べたものは吐いてしまって空っぽのはずだし、水分も飲まないので、
抗生剤などの薬も含めて点滴してもらいました。

通院時はそれなりに元気でしたが、帰宅すると・・・
P1102711_ss
どろ~んとした目をして横になる。
シトラスに掛けていた毛布も、この日はルピカに

「ルピちゃん、大丈夫?早く良くなるといいね」
P1102712_ss
声をかけたら一応こっちを見てくれたけど、やっぱりどろ~ん、

そしてそのまま毛布にもぐってしまった
P1102713_ss
本当に調子悪かったんでしょうね。

その後は薬も効いてきたのか、夜には元気になってきて、
柔らかくした晩ごはんも食べ、ミルクも飲んでくれました

前回治り切ってなかったのかもしれないということもあって、
今回はお薬も少し長めで10日ほど継続。
便の状態が戻るには2~3日かかりましたが、
翌日にはパタパタ動き回るほど元気になったのでホッとしました

シトラスの熱の場合は状態がわかっているので見守っていられますが、
ルピカの胃腸の不調はまだちょっと心配が残ります。
今回のことが一過性のものであって、何か隠れた病気があったりしませんように。

 
その後ふたりとも元気です
この調子で冬を楽しく元気に過ごしていきたいものです。

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

久々の公園とルピカの警戒心

コロナ禍になってから、公園へ行く機会が激減しました。
加えて夏の暑さもあり、更に公園から遠のいてしまっていましたが、
ようやく気候的にも楽になり、先日久しぶりに行ってきました。

公園はやっぱりいいね~
P1079999_ss
走って、休んで、楽しみながら過ごす時間

 
相変わらず周囲のいろいろなものが気になるルピカ。
ディスクのときは集中してくれるようになったけど、
休憩になると、体は休めつつも常に周囲に気を配ります。
P1080003_ss
このときの視線の先はボールで遊ぶ親子。
写真ではよくわからないほど遥か先だけど、気になる。。。

「ルピちゃん、お水飲んだら?」と言っても、遠くを注視したまま動かず。
P1080004_ss
なので、腕の上にお水の器を置いてみた

・・・が、全く気する様子なし!

そしてしばらくすると、その姿勢のまま水を飲むという・・・
P1080008_ss
「ルピちゃん、なんか邪魔な感じしない?少しは気にしようよ~」

でも、ルピカにとってはそんなことどうでもいいようで、
飲みながらも視線を上げて、ターゲット観察を継続。
P1080009_ss
ルピちゃん、その集中力は一体どこからくるの?
その集中力と情熱を別のことに向けてくれたらすごいと思うんだけどなぁ。
まぁそれが個性というものなんでしょうね

 
公園でのルピカは興味あるものに集中して観察していましたが、
常に周囲に気を配っているのは、ビビリで警戒心強いからでもあります。
怖いものはたくさんあって、当然のように雷もダメ。
P1080013_ss
これは部屋で雷の音が聞こえたとき。
怖いときはとにかく自分のハウスに駆け込みます。
まだ遠い雷でシトラスが気にしてないときでも、ルピカはもう緊張状態
シトラスは本当に怖いと、私達のところに来るのですが、
ルピカは呼んでも出てこなくて、ハウスで奥まってしまいます

そういえばその昔、キャビン母さんが同じようだったっけ。
あんなに貫禄あったキャビン母さんでもダメだったんだから仕方ないかな。
ルピカは名前を呼ぶとこっちを向いてくれるだけ、キャビンより軽症かな

で、そんなときカリンはというと・・・
P1080016_ss
耳が遠くなるって案外幸せなことだったりするんですよね
晩年のバジルにも感じたことですが

 
そうそう、ルピカは先日TVで「ジュラシックパーク」を見ていたら、
急にハウスに駆け込んでしまって・・・
どうも恐竜が近づいてくるズシン、ズシンという足音が怖かったらしい
う~ん、そんなことまで怖いとは・・・

でもまぁ、そんなこともわかったうえで、いろいろなことを怖がらずに楽しめるよう
これからルピカをも盛り立てていってあげましょう

| | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

みんなで見守ってます

カリンも14歳を過ぎ、放っておくとほとんど動かず寝てばかりなので、
日に1~2回はシールピと一緒に庭に出て、少し動いてもらいます。

P1079906_ss

「カリンちゃん、おトイレ行きますよ~」と声をかけるんだけど、
耳も遠くなってるから聞こえず起きないことが多々あります。

そんなとき、シトラスがそばに来てくれて、大きな声で「ワン!」
普段はほとんど吠えないのに、このときは結構大きな声で吠えるので、
その声でカリンが飛び起きるというのが最近のパターン。
無理に起こすとご機嫌悪くなるカリンも、一発ですっきり起きてくれます

P1079905_ss
シーちゃん、いつもお手伝いありがとう


ルピカもいろいろお手伝いしてくれます。
P1079907_ss
カリンのリードを渡すと、よくお散歩させてくれます。
たまに「ルピちゃん、もうちょっとゆっくりね」ということもあるけど、
運動不足のカリンにとってはいい運動になっています。
あ、この写真はちょっと違って、リード齧っちゃってるだけだけど

3人でのんびり。
P1079908_ss
それにしてもこれ・・・シーちゃん、デカッ
遠近法とはいえ面白すぎる!
ルピカとカリンがほぼ同サイズなのに対して、ひとりだけ巨大だ~!

 
そして部屋に戻ります。
P1079909_ss
先に玄関に行って待ってるシールピ。
そこへトコトコゆっくり戻るカリン。
今のところこの階段や、玄関内の段差も上がれるので頑張ってもらっています。
せっかくできることは、なるべく長い間できるままでいてもらいたいなと 

 
部屋に入るとあちこちぶつかりながらも自分のハウスへ。
P1079910_ss
このとき先に入ったシトラスがよくこの辺に突っ立ってます。
私達を出迎えてくれてるってことはよくわかるんだけど、
通り道にいるもんだから、カリンは必ずぶつかります
そしてぶつかられても動かないシトラス。
「シーちゃん、なんでそんな大仏様みたいに突っ立ってんの~?
でも案外カリンにとってもシトラスに触れることで安心感あるかもね。

 
一方ルピカもいいお仕事してくれます。
見えないカリンは、よく変なところに入り込んでしまうこともあるので、
ルピカが面倒みてくれるんです。
P1079948_ss P1079949_ss
「こっちだよ」 「そうそう、そっちそっち~」
P1079952_ss
そしてちゃんとハウスに入るまで見届けてくれます。
ルピちゃん、ありがと すごく助かってるよ!

 
長いことHiro坊母のことを見守ってきてくれたカリンちゃんのことを
今はみんなで見守っています

| | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

お行儀良くないけど(^^;)

いつの頃からかシトラスが、キッチンのカウンター越しに料理中の様子を
うかがうようになりました。
P1068769_01_ss_20210828012101
以前はキッチン入口のところに来ていたのが、最近はそこだけでなく、
立ち上がってカウンター越しに見上げるように。

いつでもというわけではなく、何かもらえるかな~と思ったとき。
基本的にはお野菜を切ってるときですかねぇ。
いや、冷蔵庫から取り出しただけでも、いつの間にか来ていたりするから、
やっぱりワンコの鼻ってすごいなぁと思います。

 
最初はシトラスだけだったのに、最近はルピカも真似っこします。
P1079867_01_ss
ちっちゃい!

どちらかが来てると、もうひとりもやってくる。
あまりお行儀いいとはいえないけど、後ろ姿が可愛くてつい写真を。
P1079870_01_ss
シトラス姉さんと並ぶと小ささが際立つルピカ。
シトラスより前に立ってるのにちっちゃい! でもそれがまた可愛い~

だからつい・・・となってしまうダメな飼い主
P1079869_01_ss
このときはHiro坊からレタスひとかけ。
そしてほんの一口でも満足して引っ込むふたり。これまた可愛い

実際のところ、立ち続けるのは足腰に負担かかって良くないだろうから、
早めにちょこっとあげてお座りいただきます

基本的に先にやってくるのはシトラス。
今いちばん好きなのは大根かな。
そして最近はレタスも好きになっちゃったね。
ルピカはいつも一緒におこぼれにあずかります

 
私達も昔はこんなに甘々じゃなかったんだけどなぁ。
キャビンやバジオリなんてたまにオヤツもらえる程度だったはず。
でも段々と年配ちゃんにはつい甘くなっちゃって
そして一緒にいるからもらえちゃう下の子達・・・お得だねぇ。
P1068770_ss_20210828012101
シー姉さんの粘りのお陰でいつも得してるルピちゃん、いいね~。

 
そんなひとかけのためにパタパタと楽しんでるシールピには関係なく、
ほぼ一日じゅう爆睡状態のカリンさん。
P1079846_ss
のびのび~。この垂れ下がったスタイルが夏の定番
決してドッグベッドが小さいわけではありません。
冬はこの中で小さく丸まってちょうどいい大きさなんですよ。

爆睡 ちょっとやそっとのことでは起きません
まぁカリンはHiro坊母のもとでずっと頑張ってきてくれたので、
あとはゴハン食べて好きに寝て、シールピと一緒に庭に出て気分転換して、
のんびり暮らしていってもらえばいいかなと思っています。

| | コメント (2)

2021年7月 5日 (月)

ルピカとカリンのお誕生日♪

とても遅くなりましたが・・・
JCの翌日、6月7日はルピカのお誕生日
3歳になりました。
P1068971_ss
まだまだ言葉が通じないところがいっぱいあって、
「ルピちゃん、人の話聞いてる?」ということがしょっちゅう
それでもずいぶん変わってきてくれています。
特に最近はそう感じられることが本当に多くなってて嬉しい限り

最初の頃はなかなか目も合わせてくれないし、名前呼んでも来ないし、
好きな遊びでもすぐ飽きるし、音には異常にビビリだし・・・
もちろん持って生まれた性格だから、全てがそう簡単には変わらないけど、
今どんどんいい方向に変わってきてくれているのを感じます。
3歳にしてやっと気持ちが通じ合えるようになってきたなぁと
P1068884_ss

ルピちゃん、今ルピちゃんと一緒にいろんなことするのがとても楽しいよ。
これからも一緒にできること、楽しいこと見つけて頑張っていこうね

 
こちらは公園に行ったとき。
走ってハァハァしているので携帯扇風機を回してあげました。
P1068976_ss
ビビりなルピカ。
「そ、それは何ですか?」と腰がひけてる。

でも慣れたら「なんとなく気持ちいいかも・・」とわかってくれたっぽい。
P1068982_ss

ただ耳に風が当たるのはちょっと嫌みたい
P1068978_ss

家ではカリンの面倒もみてくれます。
P1068997_ss
シトラスがソーシャルディスタンスを保ちつつ見守るのに対して、
ルピカは遠慮がなくて距離近め
カリンの面倒をみてるようで、実は自分がいろいろ楽しんでたりもする。
でも仲良くしてくれてるのは確かで、この2ショットも可愛い

 
そしてカリンのお誕生日も近くて7月5日。まさに今日です
P1068987_ss
14歳になりました。
Hiro坊母宅から我が家に来てもうすぐ2年。
普段のお散歩は一緒には行かないけど、庭に出るときは一緒。
シールピに気にかけてもらっているわけです。

長い間Hiro坊母のことを支えてきてくれたカリン。
残念ながら大好きなHiro坊母にはもう会えないかもしれないけど、
頑張ってきたぶん、あとは何も心配しないでいてもらいたい。。。
我が家での生活にはもうすっかり慣れてくれているので、
ゆっくり静かに暮らしていってもらえればと思います

 
最後にあらためて・・・
ルピちゃん、3歳のお誕生日おめでとう
カリンちゃん、14歳おめでとう
これからもみんなで楽しく暮らしていこうね

| | コメント (2)

2021年5月25日 (火)

シトラスのお誕生日♪

5月20日はシトラスのお誕生日
8歳になりました。

P1068963_ss
真っ黒ツヤツヤな毛で、顔も黒っぽいイメージだったシトラスも
いつの間にかかなり白髪が出てきています。
ルピカの面倒みるので苦労が多いからかしら?
年とった感はあるけど、白っぽく柔らかな感じになるのもまたいいものです

 
顔の白髪だけじゃなく、いろいろなことで年を感じるというか、
シーちゃんったらいつの間にこんなに落ち着いた大人になってたっけ?
と思うことがますます増えました。
P1068993_ss
目の不自由なカリンおばあちゃんと、いろんな意味でしょうもない妹のことを
いつも優しく見守り気遣ってくれています。
だから私もいろいろシーちゃんにお任せしちゃって・・・
ありがとね、シーちゃん!感謝してるよ~ 

 
耳を下げてまあるい頭の穏やかな顔。
P1068956_ss
病院では「シトラスちゃんはおっとりしてるもんね」と言われるし、
最近では「癒し」という言葉が似合うような存在になってきています

 
それでもスイッチが入ったときはあっという間にテンションアップ
元気に走って楽しく跳んで、こちらを見上げる瞳はキラキラ
シーちゃん、頑張ってるね。
まだまだ一緒にいろいろなこと楽しんでいけそうね。
でも長く続けていくためにも決して無理することなく・・・だね。

 
シーちゃん、あらためて、お誕生日おめでとう
そしていつもいつも可愛い笑顔と楽しい時間をありがとう
これからも一緒に楽しい時間を過ごしていこうね。よろしく~

| | コメント (2)

2021年5月19日 (水)

ナルちゃん。。。

5月半ば、ナルビック君が虹の橋を渡りました。

シトラスと同胎のナルちゃん・・・
Dsc_2761_01_ss
4ヶ月頃、それぞれのお家に行ってから久しぶりの再会だったけど、
会った瞬間から大喜びで遊んでたね。

6兄弟姉妹のなかでもナルちゃんとシトラスは似ているほうだった。
でもさすが男の子!
いつの間にかナルちゃんはとても大きく立派なイケメンになって、
シトラスがすごく小さく見えるように・・・

姿かたちだけでなく、やることもそっくりで、
お話していて「そうそう、同じ!」ということがいっぱいだった。

ディスク大会で会えたときも一緒に笑ったっけ。
Dscn2262_02_ss
兄弟姉妹みんな揃って得意技はスカッ跳び!
だからそれが出るたびに嬉しくなっちゃって大笑い。

親戚さん大集合のキャンプも楽しかったね。
Dscn3982_01_ss
いつもご家族みんなでアクティブにいろいろ楽しんで・・・

「ナルちゃんひとりの写真って少ないの。いつもアオと一緒なの」
とジャスママさん。

ナルちゃん、愛されてたね。幸せだったね。
ご家族みんなにとても愛され、たくさんの思い出を作ってもらって、
ナルちゃんもたくさんの思い出をご家族にプレゼントして。

ナルちゃんは今もきっとすぐ近くでご家族のことを見守っていることでしょうね。

私達もいろいろな思い出をいただきました。ありがとうね!

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

シトラスの誤飲騒ぎ

ちょっと前後して7月末のことですが、シトラスの誤飲騒ぎがありました。
先に言っておきますと、「騒ぎ」で済みましたので、ご心配なく~
Dsc_0958_ss

その日、私がパソコンに向かっていたら、後方でカシャカシャッという音。

Hiro坊もいたので、「あれ、Hiro坊が氷でもあげたのかな?」
一瞬そう思って振り返ったけど、そんな様子はなく、
でも音のした辺りでシトラスが床に伏せて何か臭いを嗅いでる・・・

じゃあ何の音?
よく見るとなんか茶色っぽい小さなものが落ちてるような・・・

「シーちゃん、何食べた?今なんか食べたでしょー

私の様子に「やばい!」と思ったのか、慌ててハウスに逃げ込んだシトラス。
それを引っ張り出して口を開け、指を突っ込んで「シーちゃん、出して~
Hiro坊も飛んできて一緒にやってみたけど、
もう飲み込んでしまったのか、何も出てきませんでした

 
でも一体何を・・・???

そのときになって初めて・・・あれ、Hiro坊も様子がおかしい?
なんだか顔やTシャツが濡れてる?

実はHiro坊、自分の机で手作りナイフを研いでいたそうなのですが、
液体研磨剤のプラスチック容器が劣化していて、突然破損したとのこと。
そして液体が飛び散り、メガネやTシャツにかかってしまい、オタオタ・・・

その液体と破損したプラスチック片がシトラスのほうにも飛んでしまい、
シトラスが口にしてしまったらしい
研磨剤は油だから、食べられそうな臭いがあったのかなぁ

 
いずれにしても、プラスチック片はまずい!絶対まずいでしょう!
小さければウンチで出てくれるだろうけど、
大きさによっては食道や胃や腸を傷つけるかも・・・

いちおう破片を拾い集めて再生してみたのがこちら。
(油まみれでビニール袋に入れてあるので、ちょっと見にくいけど)
P1033888_01_ss    
ほぼ再生できたけど、2~3センチ角くらいの穴が塞がらない。
いちばん微妙な大きさ

 
まずは病院へ行こう
検査してもらったら、何かわかるかもしれないし、相談もできる。

で、かかりつけの病院に電話した。。。けど留守電になった???
病院は24時間対応してくれる安心の病院。。。なのに留守電?

そういえば・・・と思い出したのが、先日行ったときの院内の張り紙。
 「院内一斉清掃および研修会で午後から時間外を休診します」
もしかして今日がその日?年に1回あるかないかなのに?
シーちゃんったら、なんでまたよりによってこんな日に

 
翌日まで待つか考えたけど、別の夜間病院を当たってみることにしました。
そして行ってみたのが、TRVA夜間救急動物医療センター。
周辺の動物病院が発起人となり、夜間救急をはじめとする動物病院のサポートや
環境向上を目指して開設されたという医療機関。
その心意気が頼もしい感じがして、少し遠いけど行ってみることにしました。

 
診療開始は20時なので、その前に出発し、途中で連絡して状況説明。
到着後はシトラスとHiro坊だけで診療へ。コロナの関係で最少人数です。
付き添いのルピカと私は車で待機。

そして約1時間後、ふたりが戻ってきました。
結論からいうと、排泄で出る可能性が高いので様子をみることになりました。

エコー検査で十二指腸のほうまで診たけど問題は見つからなかったし、
無理に吐かせることもできるけど、出るかわからないもののために、
逆に内臓を傷つける等のリスクを考えるとお奨めしないとのこと。
また、持参したプラ容器と破損箇所、シトラスの体の大きさからして
おそらく問題ないと思われるということ。

しっかりした女医先生が「私の経験則ですが、99%大丈夫だと思います」
と言ってくださったそうなので、あまり心配せず様子を見ることに。
解決したわけじゃないけど、とりあえずホッとしました

バタバタしたけど、心配な夜を過ごすより夜間救急に行ってよかったです。
お世話になった先生、ありがとうございました

 

そして翌日、かかりつけ病院へ。
TRVA夜間救急センターはかかりつけ病院への診療報告も送ってくれます。
常連さんが他の夜間救急へ行かなければならなかったという、
あまりの残念な偶然に先生もびっくり&申し訳ないという様子でした

こちらではX線を撮ってみたけど、やはり何も写らず。
結局、出るかどうか確認しながら様子見という同じ方針をとることに。

待合室ではバーニーズ君がシトラスと遊びたそうにしていたけど、
最近のシトラスは以前より素っ気ないことが多いんですよね。
Dsc_0964_ss Dsc_0966_ss
それより「アタシ、何か大変なことしましたかねぇ?」というような
うひょった表情で私達にくっついていました。

 
ということで、あとはひたすらウンチ確認です
ついうっかりいつものようにトイレに流してしまわないように注意
そして持ち帰ったら、トイレシートを敷いて確認
小さい破片も見逃さないように、ならして捏ねるような感じで・・・
浴室でやってたから、毎回そのあたり一帯はかなりのニオイに
でも出てさえくれればそんなことは苦にならないのです。

 
なのに、なかなか出てこない
毎回期待をこめて探すも見当たらない。もう出てもいいはずなのに…

さすがに不安になってきた3日目の晩、
シールピのゴハンの支度をする私のところに、Hiro坊が笑いながらやってきた。
「シーちゃんの、出てくるわけないよ~

そう言って目の前に差し出したのは・・・
P1033891_ss 
「それだ~!どしたの?出たの?・・・じゃないか、どこにあったの?」
「ハウスの中。すのこの下にありました~

よかった!本当によかった~

 
でもということはつまり・・・飲み込んでなかったんじゃん!

あのときシトラスはハウスに逃げ込んだんだった。
私は飲み込んだとばかり思ってたし、それなりの大きさのものが
すのこの隙間から下に落ちてるとは思いもしなかった。

心配して夜間救急に行って、ウンチのたびに出るはずのないものを求めて
分析確認してたこの3日間は一体何だったのかしら?

でも、ホッとしたところであらためて考えると、結構危なかった
ハウスに落ちてたということは、一度は口に咥え運んだということ。
それに見つかった破片はそれなりの大きさで、とても尖ってるから、
もし飲み込んでたら、内臓を傷つける恐れもあったかもしれない。

でもあのときの私の騒ぎように、ビビッたシトラスが落としてくれた。
つまり私の慌てた行動にも意味があったってことね
ウンチの分析確認だって笑い話にできるし、終わりよければすべて良し!
とにかくよかった~

 
あらためて容器と破片の写真を。
P1033886_ss
比較のために500円玉を並べてみました。
よかった。。。食べてなくて

ということで、想定外の形で誤飲騒ぎ終了
激しい動きで内臓傷つけたらと心配して控えめにしていた運動も解禁

シーちゃん、もう心配かけないでくださいよ~!
変なものは臭い嗅いだらわかるでしょう。絶対口にしないでね。
いい年したオトナなんだから、頼みますよ~

| | コメント (4)

2020年8月 9日 (日)

たまには?シャンプー♪

この間シャンプーしたとき、久しぶりに写真を撮ってみました。

Hiro坊がシャンプー係、私が拭いてドライヤーする係。
シャンプーは腰が痛くなるから大変だし、拭いてドライヤーするのもまた大変
所かまわずブルブルするからそこらじゅうビシャビシャになるし、毛だらけになる。

ということで、浴室から出る前にタオル地の服を着せます。
P1023247_ss
これ着せるとブルブルによる水滴飛散はかなり抑えられます
お尻や尻尾の部分は防げないけど、それでも全然違う。
顔周りや足などを拭いてあげているうちに、服が体の水分を吸い取ってくれて、
その後のドライヤーもかなり楽になります。

我が家初の短毛ルピカは着なくてもいいようなものだけど・・・
P1023250_ss  
いちおう着せてあげます。
だってなんでもシー姉さんと一緒のほうが嬉しいだろうから
まぁ実際ブルブルしないわけじゃないし、全く飛ばないわけじゃないから、
着せるに越したことはないのです。

短毛はシャンプーもドライヤーも楽チン!
シャンプーはすぐに泡立つし、ドライヤーは適当でもいいかな~って感じ

実際ルピカはシャンプーに関しては手がかからないいい子です。
その昔、シトラスはシャンプー嫌で、すぐ立ち上がっちゃってたっけ。
浴室の扉には熊の咆哮のようなシルエットが映って、笑えたんだよねぇ。

 熊の咆哮シトラス http://basil.olive-town.com/2014/04/post-7244.html

でもシトラスも今はそんなことないから、大人になったのね

 
洗ってふわふわ~。
P1023257_ss
あぁいえ、ふわふわになったのはシトラスのみ。
ルピカは1時間後にはほとんど洗ったんだかどうだかわからない感じに戻ってる。
でもやっぱり輝きが違うね。ツヤツヤピカピカになりました

 
カリンもシャンプー。
カリンも・・・というより、カリンこそいちばんシャンプーが必要な子。
妙な体臭があって、すぐ臭くなってしまうのです。
歴代ボーダーでは臭ったことないようなにおい・・・
抱っこすると手に臭いが残ってしまうほど。
P1023263_ss
小さいし毛も薄いからシャンプーもドライヤーも楽ではあるんだけど、
嫌なときはちょっと凶暴性を発揮するから注意が必要。
でも数年前に歯周病で結構歯を抜いちゃってるから、大事に至ることはないだろうけど。

とにかく綺麗になって、シャンプーの香りになりました。
とりあえず数日はこの香りがもってくれるかな。
P1023265_ss
更に毛玉も取って足の毛も少し切ってきれいになりました。
全部終わって解放してあげたら即大好きなベッドへ・・・そしてうつらうつら
カリンちゃん、お疲れさまでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧